Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
特集!あの人の本棚
254.

秋山進 × 田代英治 × 齊藤孝浩   (インディペンデント・コントラクター(IC=独立業務請負人)座談会)


「腕に自信あり!」のビジネスパーソンが、独立して「ドクターX」大門未知子ばりに勝ち続ける秘密とは (座談会)

秋山進 × 田代英治 × 齊藤孝浩
政府の働き方改革で、企業のあり方にも個人の働き方にも変革がもとめられている。その中で、注目したい働き方がある。それは、「私、失敗しないので」の決め台詞が大ヒットした人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の大門医師的働き方だ。

こう書くと、少々荒唐無稽な感じもするが、どこの病院にも所属せず、自らの高いスキルをひっさげ、各病院を渡り歩く大門医師のような働き方が、実はビジネス界にもある。

日本ではまだなじみが薄いが、アメリカでは「インディペンデント・コントラクター(IC=独立業務請負人)と呼ばれている。高度な専門知識やスキルを生かし、複数の企業と業務単位の請負契約を結んで仕事を行う、いわば専門性の高いフリーランスのビジネスパーソンだ。会社形態を採用していても、基本的には人を雇わず、自らも雇われない。

企業にとっては、必要なスキルを必要なときに活用でき、大手のコンサルティング会社よりコストを抑えられるなどのメリットがある。個人にとっては、得意で好きな仕事で会社員時代より高額の報酬を得られる可能性があり、またワークライフバランスをとりやすい。しかし一方で、高いクオリティを保ち、顧客に飽きられない仕事を提供し続けることは簡単なことではない。

本稿では、NPO法人「インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)」の創始者の秋山進氏、インディペンデント・コントラクターとして成功し、同協会の歴代理事長をつとめる田代英治氏と齊藤孝浩氏の三名に、どのように独立し、いかにビジネスの柱を打ち立ててきたか、また陳腐化しないためにどんなことを心掛けているかなどについて、語っていただいた。

すでに独立している人はもちろん、独立を考えている人、スキルを活かした新しい働き方を模索している人には、ぜひ参考にしていただきたい。

(司会進行:小林利恵子 (株)オプンラボ代表取締役・IC協会常務理事)
「腕に自信あり!」のビジネスパーソンが、独立して「ドクターX」大門未知子ばりに勝ち続ける秘密とは (座談会)

左:田代英治氏、右:秋山進氏
撮影:「麹町アカデミア・遊学堂」 会場:ビジネスエアポート東京


リクルートで事業企画からリスクマネジメントのプロへ

―― まず、独立するまでの経緯と、独立後の仕事についてご紹介ください。

秋山進(以下、秋山) 私は大学を卒業後、リクルートに入社し、1987年から1998年までの11年間、事業企画にたずさわりました。独立後も企業の社長の補佐をしたり、経営企画や事業企画をつくるなど、リクルート時代と同じような仕事を続けてやらせていただいています。

このほかにもう一つ事業の柱があり、それが、コンプライアンスやリスクマネジメントの仕事です。こちらについては、もともとこんな仕事をやろうと思っていたわけではなく、まったくの偶然でした。

経営企画の仕事をしていたとき、知り合いの編集者から対談本の話がありまして、弁護士で企業経営法務の専門家である中島茂先生に、私が質問をし、世の中の人がコンプライアンスや企業法務のことをわかるような本をつくりたいという話でした。

二つ返事で引き受けたものの、考えてみたら、的を射ながら、誰もが知りたい内容をわかりやすく質問するというのは、えらい大変です。法律のことを猛勉強して、『社長! それは「法律」問題です―知らないではすまないビジネスのルール』という対談本を2002年に上梓しました。

この本がベストセラーになりまして、企業のコンプライアンスやリスクマネジメントの仕事のご依頼をいただくようになり、カネボウ化粧品の再建の際には、チーフ・コンプライアンス・オフィサーおよびチーフ・リスク・オフィサーとして、同社のコンプライアンスとリスクマネジメントの体制づくりと運用を行いました。

リスクマネジメントの仕事は大変難しく、いまだに「こうすれば正解」という答えがみつかっていません。おかげでずっと楽しんやっています。

大手海運会社で社労士取得し、人事労務顧問に

田代英治(以下、田代) 私のキャリアストーリーは、いたってシンプルです。もとは、大手海運会社におりました。入社したのは1985年です。当時は、ゆくゆくは海外駐在になり、海運の仕事をやりとげたいと夢を描いていました。

でも、日本の会社ではいろいろな部署に異動しなければいけません。最初、営業に入り、1993年には人事部に異動になって、キャリアが大きくかわりました。はじめのうちは嫌でしかたなかったのですが、やっているうちに楽しくなってきて、社会保険労務士の資格もとりました。

ただ、2000年を過ぎたころから、このまま、会社に言われて異動を続ける会社員人生でいいのだろうかと考えるようになりました。思い切って、上司に独立の相談をしたところ、「してもいいけど、うちの会社の面倒もみてくれよ」と言っていただいて、2005年に独立したあとも、業務委託契約という形でつながることができました。

当時はもとの会社以外にクライアントはありませんでしたから、非常にありがたかったです。あれから12年たち、この会社の仕事は、売り上げの1割くらいになっていますが、ずっと業務委託契約は続いています。

現在、事業の一番大きな柱は、人事労務顧問で、2番目は、人事制度や教育体系の見直しなどの人事コンサルティングです。その他に、研修講師として社員のトレーニングやセミナーをしたりしています。

また、2016年に少し大きな変化がありました。これまでずっと、社員を雇わず、一人でやってきたのですが、ひょんなことから、もとクライアント先の人事部長さんに、私の会社で働いていただくことになったんです。

この方がすごい方で、今は会社にかなり貢献していただいています。でも、もともと、人をたくさん雇って会社を大きくしようというつもりはありません。基本的には一人でやりながら、今後は多少、自分の助けになる人を雇ってもいいかなという風に考えています。

アパレル業界で武者修行からファッション流通の経営企画コンサルへ

齊藤孝浩(以下、齊藤) 私は、ファッション流通のコンサルタントをしています。お二人とは違って、独立するまでの16年間に、4つの会社で働いてきました。最初は総合商社に入社し、アパレル部門に配属されたことで、ファッション業界とのつきあいが始まりました。

この会社には10年間在籍しました。その間、2年ほどはヨーロッパのブランドの日本法人を立ちあげるプロジェクトがあり、そちらに出向して立ち上げの仕事をしたこともあります。その後、同じ部署に戻ったのですが、アメリカで働きたくて、退職しました。

それで、1年間ほど、カリフォルニア州サンディエゴで、ファッショングッズの仕入れにくる世界中のバイヤーをトレードショーでアテンドし、買い付けた商品をまとめて出荷するという仕事をしていました。アメリカ人オーナーの会社で、日本人は私一人という環境でした。

そのとき知り合った日本の中堅アパレルチェーンのオーナーさんから声をかけていただき、帰国後はそこで5年ほど小売りチェーンの仕事をやらせていただきました。ここでは、バイヤーから経営企画室長まで経験しました。

というように、同じアパレル業界なんですが、産業の川上から川下まで経験しています。仕事をする上で、原体験というのはすごく大事だと思っています。つまり、モチベーションとなるいろいろな経験を重ねるということです。僕の場合、事業の立ち上げの経験や、過剰在庫に非常に苦労し、怒られながら、乗り越えてきたという経験があります。

こうした原体験をもとに、2004年に会社を立ち上げました。主な業務は、新興のアパレル企業の経営企画支援、在庫コントロールのプラットフォーム制作のほか、人材育成をテーマにした仕事もしています。

独立して2年目に、営業活動の一環として、ブログを始めました。注目されるテーマは、だいたい3年ごとにかわっていくので、「次にこれが来るな」というテーマを見つけて研究するんです。そして、それに関連したキーワードに特化してブログ記事を書くということをずっと心掛けています。

そうすると、そのテーマが注目されるころには専門家になっていて、メディアから取材がきたり、講演や原稿依頼が入ります。それらを受けていくと、「あの人は××の専門家だ」と注目され、あとから仕事がついてくるということがよくありました。

例えば、ファストファッションを中心に、成功企業の事業モデルのベンチマークもしていました。これを『ユニクロ対ZARA』という本にまとめ、出版したところ、ありがたいことにベストセラーになり、大手企業からの案件がよく来るようになりました。この本は中国で翻訳本が出版され、中国からの研修案件も始まっています。

インディペンデント・コントラクターという働き方

―― みなさんは、インディペンデント・コントラクターとしてご活躍されてきました。いわゆる「フリーランス」とはどのように異なるのでしょうか。

秋山 フリーの働き方は、総称して「フリーランス」と言われていますが、いろいろな形態があります。わかりやすくするために、下図のように5つ分類しました。縦軸はお客様との接点の幅、横軸はクライアントとの力関係です。

ダイヤモンドオンライン 組織の病気 秋山進 から引用

一番イメージしやすいのは左下の「フリーランス的」でしょう。「こんな記事を書いて欲しい」という依頼があり、それにライターさんが書いて提出するという「点」でつながる働き方です。

これに対し、もう少し多面的に、顧客との関係が生まれる働き方が左上の「派遣的」です。この際に、顧客から見て、その人でなければないという強い期待感があれば、表の右側に移動しますが、人手ニーズのようなものであれば左側にシフトし、単価も低いものになりがちです。

次に右側を見ると、例えば「コストダウンのプロで、クライアントのコストを3カ月で10%ダウンする」といった働き方を「コンサルタント的」と称しています。また、特定のテーマに限らず、経営者や人事部長などの相談役を務めるという働き方が、右上の「顧問的」です。

さらに、中央の「請負的」というのは、「人事部長の代行をする」「採用課長をやる」というように、社内のあるファンクションの一部を、社員に代わって請け負うという働き方です。

一般に「フリー」といった場合、だいたいこの5つのいずれかの働き方だけをしているか、顧問が何割、コンサルが何割というように、複合的な形で働いているのではないでしょうか。このうち、一般的には、インディペンデント・コントラクターというのは、社員を雇わず、「顧問的」「コンサル的」あるいは「請負的」な仕事をしている人という考えです。

時代遅れにならないための仕事の受け方

―― お三方はそれぞれ、どういう割合で仕事をしていますか

秋山 私は請負をたくさんしようと、すごく意識しています。社名には、「コンサルティング」とつけていますが、実はコンサルが嫌いなんです(笑)。人に言ってやってもらうより、自分が中に巻き込まれてやっていくほうが楽しいですから。

それに、顧問やコンサルのほうが時間あたりの単価はよいのですが、力は落ちがちです。なぜかというと、その領域ですでに実績があるので、頼まれることが多いからです。そればかりやっていると、脳みそに汗をかくような仕事をする機会が減って、気が付くと時代遅れになっています。

ですから私は、力のある会社の中に入り、業務の一部を代行するような請負の仕事の割合を、あえて高めるようにしています。

齊藤 僕はコンサルが主な業務です。いろいろ調べて、レポーティングしてアドバイスするというパターンと、定例ミーティングに入って一緒に数字を分析したり、プランをたてたりするというパターンがありますが、実行はしません。

でも、秋山さんもおっしゃっているように、ある程度、実務で手も動かさないと時代から取り残されてしまいます。それで、経営企画業務の代行を請負い、会社のデータを全て自分で精査し、予算を組むところまでやっています。そうすることで、業界で日々、何が起こっているかが非常によくわかります。ただ、仕事のボリュームが大きいので、そう何社もできません。

田代 私は顧問6割、コンサル4割なので、秋山さんの話を聞いて、やばいなと思いました(笑)。けれど、私のやっているコンサルというのは、お客様の中にかなり入りこんできめ細かく対応しています。ひょっとしたら請負じゃないかなと、今、思ったりもしました(笑)。

もともと顧問が一番多く、人事部長の右腕みたいな感じで、いろいろな相談を受ける仕事をしています。顧問は、定期的に顧問料を頂戴できるので、安心して仕事を続けられるという面があり、ありがたいです。でも、やはり私も、請負的なコンサルの仕事の比率を、意識的に4割くらいに上げています。

遊学堂の一覧 インタビューの一覧

コメント

コメントを書く・見る 0

プロフィール

Photo3
秋山 進
プリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社 代表取締役

リクルート入社後、事業企画に携わる。独立後、経営・組織コンサルタントとして、各種業界のトップ企業などのCEO補佐、事業構造改革などの業務に従事。現在は、経営リスク診断をベースに、組織設計、事業継続計画、コンプライアンス、サーベイ開発、エグゼクティブコーチング、人材育成などを提供するプリンシプル・コンサルティング・グループの代表を務める。主な著書は『社長が将来役員にしたい人 ビジネスセンスを磨く25の習慣』 、『「会社の悪口」は8割正しい コンサルタントが教えるダメな会社の困った病(SB新書)』、『「一体感」が会社を潰す~異質と一流を排除する〈子ども病〉の正体 (PHPビジネス新書)』など多数。 
http://www.principlegr.com/

Photo4 a
田代 英治
株式会社田代コンサルティング 代表取締役

1985年川崎汽船株式会社入社。入社後営業部配属。1993年に人事部へ異動。同部人事課において人事制度改革・教育体系の抜本的改革を推進。2005年同社を退職し、2006年株式会社田代コンサルティングを設立。人事労務分野に強く、独立後も引き続き川崎汽船株式会社の人事部の業務を請け負いつつ、各社の人事制度の構築・運用をはじめとして人材教育にも積極的に取り組んでいる。豊富な実務経験に基づき、講演、執筆活動の依頼も多く、日々東奔西走の毎日を送っている。主な著者に『【経営者新書】人事・総務・経理マンの年収を3倍にする独立術(幻冬舎)』、『人事部ガイド~はじめてでも分かる人事の取説(労働開発研究会)』。
http://www.tashiro-sr.com/

Photo5
齊藤 孝浩
ディマンドワークス 代表

ファッション専門店の店頭在庫最適化コンサルタント。総合商社、欧州ブランド輸入卸、アパレル専門店にてグローバルなアパレル商品調達からローカルのチェーンストア運営まで実務経験し、在職中に在庫過多で苦労した実体験をもとにファッション専門店の在庫最適化のための独自ノウハウを体系化。ワンブランドで年商100億円を突破するためのしくみづくりと人財育成支援をテーマにファッション専門店の店頭在庫最適化や人材育成の支援に携わる。また、国内外のファッション流通を取り巻く環境を研究する業界ウォッチャーとして日経ビジネス、週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済、日経MJ、ファッション販売、繊研新聞、WWDジャパンなどに多数の執筆やコメントを寄せ、明治大学や青山学院大学のファッションビジネス論にも登壇する。主な著書に、『ユニクロ対ZARA(日本経済新聞出版社)』、『人気店はバーゲンセールに頼らない~勝ち組ファッション企業の新常識(中央公論新社)』。
http://www.dwks.jp/

ライターについて

Honto logo 2
hontoビジネス書分析チーム

本と電子書籍のハイブリッド書店「honto」による、注目の書籍を見つけるための分析チーム。ビジネスパーソン向けの注目書籍を見つける本チームは、ビジネス書にとどまらず、社会課題、自然科学、人文科学、教養、スポーツ・芸術などの分野から、注目の書籍をご紹介します。

丸善・ジュンク堂も同グループであるため、この2書店の売れ筋(ランキング)から注目の書籍を見つけることも。小説などフィクションよりもノンフィクションを好むメンバーが揃っています。

プロフィール

秋山 進
プリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社 代表取締役

リクルート入社後、事業企画に携わる。独立後、経営・組織コンサルタントとして、各種業界のトップ企業などのCEO補佐、事業構造改革などの業務に従事。現在は、経営リスク診断をベースに、組織設計、事業継続計画、コンプライアンス、サーベイ開発、エグゼクティブコーチング、人材育成などを提供するプリンシプル・コンサルティング・グループの代表を務める。主な著書は『社長が将来役員にしたい人 ビジネスセンスを磨く25の習慣』 、『「会社の悪口」は8割正しい コンサルタントが教えるダメな会社の困った病(SB新書)』、『「一体感」が会社を潰す~異質と一流を排除する〈子ども病〉の正体 (PHPビジネス新書)』など多数。 
http://www.principlegr.com/

田代 英治
株式会社田代コンサルティング 代表取締役

1985年川崎汽船株式会社入社。入社後営業部配属。1993年に人事部へ異動。同部人事課において人事制度改革・教育体系の抜本的改革を推進。2005年同社を退職し、2006年株式会社田代コンサルティングを設立。人事労務分野に強く、独立後も引き続き川崎汽船株式会社の人事部の業務を請け負いつつ、各社の人事制度の構築・運用をはじめとして人材教育にも積極的に取り組んでいる。豊富な実務経験に基づき、講演、執筆活動の依頼も多く、日々東奔西走の毎日を送っている。主な著者に『【経営者新書】人事・総務・経理マンの年収を3倍にする独立術(幻冬舎)』、『人事部ガイド~はじめてでも分かる人事の取説(労働開発研究会)』。
http://www.tashiro-sr.com/

齊藤 孝浩
ディマンドワークス 代表

ファッション専門店の店頭在庫最適化コンサルタント。総合商社、欧州ブランド輸入卸、アパレル専門店にてグローバルなアパレル商品調達からローカルのチェーンストア運営まで実務経験し、在職中に在庫過多で苦労した実体験をもとにファッション専門店の在庫最適化のための独自ノウハウを体系化。ワンブランドで年商100億円を突破するためのしくみづくりと人財育成支援をテーマにファッション専門店の店頭在庫最適化や人材育成の支援に携わる。また、国内外のファッション流通を取り巻く環境を研究する業界ウォッチャーとして日経ビジネス、週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済、日経MJ、ファッション販売、繊研新聞、WWDジャパンなどに多数の執筆やコメントを寄せ、明治大学や青山学院大学のファッションビジネス論にも登壇する。主な著書に、『ユニクロ対ZARA(日本経済新聞出版社)』、『人気店はバーゲンセールに頼らない~勝ち組ファッション企業の新常識(中央公論新社)』。
http://www.dwks.jp/

秋山進 × 田代英治 × 齊藤孝浩 さんの本棚

注目記事

月間ランキング