Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
特集!あの人の本棚
305.

本田晃一   (事業家)


日本一の大投資家・竹田和平さんの後継者になれたワケ【インタビュー(2)】

本田晃一
世の中には、人との出会いをチャンスに変えられる人と、変えられない人がいます。その差は一体何なのか――。

そこで今回は、日本一の個人投資家・竹田和平氏はじめ、数々の成功者との出会いから人生を好転させてきた本田晃一さんにインタビューを企画! 仕事も人間関係もなぜかうまくいく人の秘訣について、3回にわたってお話を伺いました。
日本一の大投資家・竹田和平さんの後継者になれたワケ【インタビュー(2)】

第1回目のインタビュー:仕事も人間関係もなぜかうまくいく人の秘訣

日本一の大投資家・竹田和平さんとマブダチになる作戦

―― 本田さんは、日本一の大投資家、竹田和平さんから後継者の打診を受けたことがあるそうですが。そもそも、お二人はどのように出会われたのでしょうか?

本田晃一(以下、本田) 竹田和平さんがセミナーをすると聞いて、「儲かる株の銘柄を教えてもらえるだろう」という下心から参加しました(笑)。

でも和平さんの話は、徳の話ばっかりで……。「大事なのは分かるけど、早く儲かる銘柄の話してよ」って思いながら聞いていたら、将来は徳を学べる学校を作りたいって話をされたんです。

緑の綺麗なところで、みんなでバーベキューをしながら、徳の話を語り合えるような、そんな学校を作りたいって。そのためにわしは、資産100億を使いたいって。

僕も同じような夢を持っていたし、その夢に資産100億円使うって聞いて「これは、和平さんのマブダチにならなければ」と思って、マブダチ作戦を考えたワケです。

―― 和平さんとマブダチ作戦(笑)! 一体どんな作戦だったのでしょうか?

本田 リアルの学校を作る前に、まずはネット上で徳を学ぶ学校を作りたいとおっしゃっていたので、僕のメルマガで「和平さんから直接徳を学べるよ」と告知したら、200人以上の方が申し込んでくれました。

―― 200人以上も!? 本田さんのメルマガは、当時から人気があったんですね。

本田 その頃はまだブログやメルマガをやっている人が少なくて、超ブルーオーシャンだったんですよ。

それに書く内容も、成功している社長さんから教えてもらったことを書いていたので、普段会えないような大御所のメソッドを学べるとあって、どんどん読者が増えていきました。だからメルマガを始めてすぐに、読者は1000人を超えていたんです。

―― 和平さんも、そんなにたくさんの方に告知してもらえて嬉しかったでしょうね。

本田 和平さんもすごく喜んでくれて、大きな金メダルを送ってきてくれました。

「これ全部純金なんだ!一体いくらするんだろう?」と思って、実家のキッチンにある計量器でメダルの重さを測って、その日の相場を調べたら30万円でした(笑)。

正直、「やべー、お返しどうしよう」と思いました。
でもよく考えたら、日本一の投資家である和平さんは、何でも買えちゃう人じゃないですか。それに、和平さんがこれをくれたのは、単純に僕に喜んでほしいからだって気づいたんです。

そこで5日間で友達を30人呼んで、「お前たちな、これが日本一の投資家がくれた金メダルだ! 純金なんて持ったことがないだろう。これを持ったら絶対運気が上がるぞ!」って言ったら、みんな「マジで!?」って喜んで。

金メダルを持たせたら、みんなニッコニコになるから、それを写真に撮って30人分の笑顔を和平さんに送ったんです。そしたら和平さんから……

「今まで色んな人に金をプレゼントしたけれど、あなたのように喜んでくれた人はいませんでした。長年探し求めた後継者に違いありません」って連絡がきて。

そこからのご縁で、気が付いたら500泊以上寝食をともにして、色んな帝王学を教わりました。

和平さんから学んだことをまとめたのが、『日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと』という本です。

日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと

『日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと』 本田 晃一

和平さんのところには、上場企業の社長さんがしょっちゅう来るわけですよ。和平さんは、彼らを励ましたりアドバイスをする仕事をしているので、上場企業の社長にする大投資家のコーチングを目の前でたくさん見せていただけたことは、僕にとってものすごくいい経験でしたね。

相手が求めていることで、自分が喜んで提供できることをする

―― メルマガで和平さんの学校の告知をしたり、金メダルのお礼のくだりなどのお話を聞いていると、本田さんはどうやったら相手が喜ぶかをしっかり考えて行動されていますよね。

本田 そうですね。僕は相手が喜んでくれて、且つ自分の負担にならないこと、自分が喜んで提供できるものは何だろうって常に考えてます。

それができると、可愛がられるだけじゃなく、重宝されるし、しかもリスペクトもしてもらえるんですよね。

また、世の中には「あなたのメソッドを教えてください」と相手に求める人はいっぱいいるけど、「あなたに僕のスキルを提供したいです」という人は100人中1人ぐらいしかいないので目立つんです。

秀吉だって、織田信長の草履を温めたことがキッカケで出世したじゃないですか。でもどんな人だって、草履温める以上の技術は持っているから、何かしら提供できるはずなんですよね。

どんなすごい人もパーフェクトではないので、ここはできませんって部分は絶対ある。そこに「それ、僕できます!」ってハマると強いと思います。

(次回のインタビューでは、『スゴイ人と仲良くなって引き上げてもらう方法』についてお話いただきました)


9/20発売!本田晃一さんの新刊
(お近くのコンビニでもお求めいただけます)

大好きなことでお金を引き寄せる!すごい習慣

『大好きなことでお金を引き寄せる!すごい習慣』 本田 晃一
インタビューの一覧

コメント

コメントを書く・見る 0

プロフィール

本田晃一
本田晃一
事業家

1973年1月生まれ。1996年にオーストラリア大陸を自転車で横断。バックパッカースタイルで世界を回る。その時、オーストラリアで多くの人がインターネットにふれていることに刺激を受ける。

帰国後、父のゴルフ会員権売買業を手伝う。ゴルフ会員権を購入するお客様は、経済的に豊かだけでなく、生き方も豊かな方が多く、お客様のアドバイスをベースに、2年かけてホームページを立ち上げ、年商は10億円超を記録。

2007年、日本一の個人投資家・竹田和平氏から後継者として打診を受け、和平哲学の素晴らしさに感銘を受け、気づけば500泊寝食をともにし、多くの帝王学を学ぶ。

2010年の結婚を機に、家族関係や人間関係など、より幸せに生きるヒントを達人たちから学び、そこで得たヒントもまとめ「世界一ゆる~い幸せの帝王学」としてブログなどで配信中。

◎公式メディア
http://hondakochan.com/

◎アメブロ
https://ameblo.jp/hondakochan

◎Facebook
https://www.facebook.com/hondakochan

◎Twitter
hondakochan

◎Line@
koichi

ライターについて

Writer 13
鮫川佳那子(さめこ)

NY在住ライター/ニューヨーク女子部♡主催。青山学院大学フランス文学科卒業後、サイバーエージェントに入社し広告制作・メディア編集・イベント企画運営に携わる。2015年より夫の海外転勤で渡米し、現在はニューヨークの新聞をはじめ様々な媒体でコラムや、海外で活躍する日本人のインタビュー記事を執筆。またNY在住の20~30代女性が約600名所属するコミュニティ「ニューヨーク女子部♡」を主催し、イベント企画運営も行っている。

プロフィール

本田晃一
事業家

1973年1月生まれ。1996年にオーストラリア大陸を自転車で横断。バックパッカースタイルで世界を回る。その時、オーストラリアで多くの人がインターネットにふれていることに刺激を受ける。

帰国後、父のゴルフ会員権売買業を手伝う。ゴルフ会員権を購入するお客様は、経済的に豊かだけでなく、生き方も豊かな方が多く、お客様のアドバイスをベースに、2年かけてホームページを立ち上げ、年商は10億円超を記録。

2007年、日本一の個人投資家・竹田和平氏から後継者として打診を受け、和平哲学の素晴らしさに感銘を受け、気づけば500泊寝食をともにし、多くの帝王学を学ぶ。

2010年の結婚を機に、家族関係や人間関係など、より幸せに生きるヒントを達人たちから学び、そこで得たヒントもまとめ「世界一ゆる~い幸せの帝王学」としてブログなどで配信中。

◎公式メディア
http://hondakochan.com/

◎アメブロ
https://ameblo.jp/hondakochan

◎Facebook
https://www.facebook.com/hondakochan

◎Twitter
hondakochan

◎Line@
koichi

本田晃一 さんの本棚

仕事も人間関係もなぜかうまくいく人の秘訣

仕事も人間関係もなぜかうまくいく人の秘訣

本田晃一
本田晃一

注目記事

月間ランキング