Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
特集!あの人の本棚
311.

若林杏樹×大河内薫   (漫画家×税理士)


税金の知識はライフスキル、漫画で知識を身につけて損しない人生を!

若林杏樹×大河内薫
フリーランス最大の障壁といえば、税金対策&確定申告ですよね。3月になると領収書とにらめっこしている方も多いのではないでしょうか?

これまでにも多くの税金対策&確定申告の書籍が発売されていますが、ぶっちゃけ難しくてよくわかんないという声もちらほら…。そんな税金迷子の方に朗報です! 漫画家&税理士がタッグを組み、初心者でもわかる&フリーランスのための税金本『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』(SANCTUARY BOOKS)が最近、発売されました。

11月8日に発売された初版約1万冊に加えて、早くも5000部の重版が決まった今回の著書。今回は著者のお二人(若林杏樹さん、大河内薫さん)に、発売に至る経緯や執筆中のエピソードを余すことなく語っていただきました。
税金の知識はライフスキル、漫画で知識を身につけて損しない人生を!
(左から著者 漫画家の若林杏樹さん、税理士の大河内薫さん)

"伝説のイベント"が出版のきっかけ

― 税金対策の本はたくさん出版されてますが、なぜ今回、出版に至ったんですか?

大河内薫(以下、大河内)もともと、僕が今年の2月にサンクチュアリ出版で伝説的なイベントをしたんです。仮想通貨と税金の義務教育というイベントをやって、その集客がめちゃくちゃよくて。この1年で2週連続サンクチュアリでイベントをした人っていないのに、それでもやらせてもらえて2週連続満席だったんですね。

その時に杏樹さんがきてくれて、セミナーの実況レポ漫画をTwitterにガンガンガンガンあげてくれたんです。そしたら、サンクチュアリでイベントをした大河内さんって人、会場がお客さんですごい埋まってたよね!この人のお金の本出したいよね!って言ってくれる編集者さんが現れて。

で、サンクチュアリさんから出版の話があった時に、既存の税金本ってめちゃくちゃわかりづらいですよね、っていう話になったんです。だから、極限までハードルを下げた初心者が読む用の本を出そう!ってなりました。

(PR用のために表紙がプリントされたTシャツを着るお二人)

大河内 僕に話が来て、その時に挿絵や表紙をお願いしたくて杏樹さんを推したらサンクチュアリさんも知ってたし、あの時の実況レポ漫画これですって言ったら、おお!って驚いてくれて。だから、杏樹さんがどこの馬の骨ともわからないような者だったら僕が推薦しても絶対通らなかった。向こうが漫画家を連れて来ていたと思うんですが、そこは非常によかったですね。杏樹さんがイベントに来ててラッキーだし、僕もそこでイベントできてラッキー。

― やはり発信ですね。

大河内 発信ですよ、発信がすべてですね。

で、当初は杏樹先生に挿絵や表紙だけをお願いする予定だったんですけど、話が進んでいくうちに漫画の方がおもしろいよねっていう流れになって。サンクチュアリさんも賛成してくれて、最終的には若林杏樹を全面に押し出す企画、つまりオール漫画の企画になったという経緯があります。

『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』大河内 薫, 若林 杏樹

― 杏樹さんと組もうと思ったのは?

大河内 本を出すなら、本の表紙やデザイン、挿絵を杏樹さんにやってもらいたいとずっと思っていて。話が来たので、本の内容を詳しく聞く前に「頼むことになると思います」って言う風に伝えてました。

― そうなんですね。そもそも、お2人の出会いは?

大河内 ツイッターランドですね。日本にあるんですよ、ツイッターランドっていうのが(笑)。

若林杏樹(以下、杏樹) 実は、友人と立ち上げた伝説のウェブサイトがあるんですけど、その企画の一つに下ネタが混じっても取材させてくれる社長とかいたら面白いよねって話になったんです。ちょうど大河内さんが税理士社長だったから、こういう人を下ネタのウェブサイトに載せたら面白いだろうなと思ってDMしたのが最初のきっかけ。結局そのサイトは1ヶ月で閉鎖したんですけど。

大河内 僕がその伝説のサイトに非常に感銘を受けまして。いつかお会いしてみたいなってリプを送ったら反応してくれて…っていうのが一番最初かな。

― その出会いから書籍出版までいくのってすごいですね。

大河内 ね、びっくりですよね。それ1年半前ですから。

漫画を描くには、まずは自分が理解してから

― 税金という難しい分野を漫画に落とし込む苦労ってありました?

(書籍の一部)

杏樹 まず、ミーティングの段階で私が確定申告が実はできていなかったってことが発覚して。一応、フリーランス3年目で3回確定申告してるはずなんですけど、1回しかちゃんとできてなくて…

大河内 1回も100点がない状況でしたね。

― そうすると、読者層と杏樹さんの知識レベルがほぼ等しい状態だったと?

杏樹 そう…いやそれ以下でしたね。基本的に漫画でわかる系の本って好きなんですけど、結局最後の方無理やり漫画にしている部分が多いんですよ。でもそれって、漫画家が理解できていない部分をそれでも編集者が頑張って漫画にさせて、世の中に出してるんです。ただ、そういうのは嫌だなって思って。こういう話を頂いたからには、わかんないところは大河内さんに聞けるだけ聞きまくって理解してから描きたかった。その理解するプロセスが大変でしたね。

(Tシャツの背面はQRコード。お二人の促販にかける思いが伝わってきます!)

― スケジュールはいかがでした?どうしてもキツそうなイメージがあるんですが…

杏樹 最初の方はゆるやかにスタートして2ヶ月で20ページくらい書いたんです。それは話も作って本描きまで。ゆるやかなスタートだったんですけど、そのあとに締め切りが近いぞというのがわかって。

大河内 裏締め切りがなかったんだよね。

杏樹 4日で50ページ分のネーム(物語の展開、コマ割りなど)作って、OKをもらう間に原稿を描きはじめて、11日で100ページを描きました…!

24時間、稼働し続ける原稿

杏樹 ひとつ良かったのは、生活リズムがアシスタントとずれていたこと。アシスタントが夜型なんですよ。私、今回は徹夜はしないように!と思ってやったんです。前回、違う本を担当した時に、最後の方寝なかったら大変すぎて、その時に10円ハゲができて…

大河内 あー…ハゲてたね!円形脱毛症が!って言ってたよね。

杏樹 それもあって今回はちゃんと寝て、クオリティも高くやろうと自分の中で決めてました。夜2時ごろ寝て9時に起きる。だから6〜7時間は寝れてましたね。その間に夜型のアシスタントがうまく原稿を仕上げてくれていたので、ちょうど24時間原稿が動けてた感じでした。原稿はクラウドで共有しているのでどこにいても同じ原稿をみんなで描ける。 あ!あと一番苦労したのは大河内さんのこの髪型ですね!あとがきにも書いたんですよ!

大河内 この髪型さえなければ…ってずっと言われてました。

(独特な髪型の大河内先生)

― 漫画の原稿に話になりましたが、あんじゅ先生はいわゆる一般的な漫画家のイメージとは違いますよね?漫画家って雑誌に連載をもっていたり、単行本で発売するのが夢だったりしますが…

杏樹 私もそれが不思議で…持ち込み(出版社に企画を持ち込みストーリーから構成して漫画を描くこと)も、もちろん今もしたいんですけど、持ち込みするほどの画力がないのと、自分で話を作る空想の能力っていうのが低いことが自分でもわかっていて。だから、青年誌とか少年誌とか、少女漫画では絶対戦えないんだろうなって思っていて。

漫画は絵で叶う大喜利

杏樹 一番最初、仕事でブログの記事をひたすらイラスト・4コマにするっていうお仕事をやったんです。それだとスラスラ結構おもしろく書けたんですよね。だから、文章が元にあったり、体験したことをおもしろおかしく漫画にするっていう方が得意だなっていうのは徐々にわかってきました。それを発信し続けたら、今の状態になったっていう感じですね。

私にとって漫画は大喜利みたいな感じかな。これについておもしろおかしく絵にしなさい、漫画にしなさいみたいな感じ。

― なるほど。改めて、今回の書籍はどんなに人に読んで欲しいですか?

大河内 一般人もフリーランスも税金の知識レベルはあんまり変わらなくて、みんなが思っている以上に低い。あんじゅ先生も確定申告を3回中2回ミスってるけど、レベルとしてはたぶん読者と同じようなもの。だから、この本はめちゃくちゃ低いレベルというか、初歩の初歩から書いています。

なので、フリーランスに向けてますけど、サラリーマン、副業してる人、ブログでお小遣い稼ぎをしている主婦、あとは社会人になる前の学生、そういう人に届くといいなと思いますね。税金については網羅されているのでフリーランスはもちろんなんですけど、税金って結局よくわかんないなっていう人、全員に読んで欲しい。

『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』大河内 薫, 若林 杏樹

― 最後に一言、お願いします!

杏樹 フリーランスや副業してる人とか、そういう人に向けた本なんですけど、学生さんにも届いて欲しい。そのために、ギャグ感強めな感じというか、落としに落とした漫画にしました。税金ってすべての人に関わることなので、読み物としておもしろいと思ってくれると嬉しいです。

大河内 フリーランスには勝手に届きますけど、学校の図書館とか、指導者とか親には届いて欲しいですね。漫画として読めるので、まずは親御さんとか指導者さんにがこれで学んで頂いて、それを子供とか学生さんとかに時期がきたら薦めて欲しい。中学生くらいからなら読めると思うので。

― 税金って生きていく上で必要な知識なのに、なかなか習う機会がないですもんね。

大河内 そう、学校では教えてもらえないので、社会に出る前にこの本を知って欲しいですね。そうすると社会に出た時に周りの大人たちよりも税金の知識が高い状態になれますよね。ほとんど人が0に近い状態なので。

親になった時に、子供に聞かれて答えられないのって嫌じゃないですか。だから、一緒に親子で学んだりして欲しいなと思いますね。

SNSで発信し続けるとチャンスがやってくる。 SNSで出会った人と仕事をする。

今じゃ当たり前のことではありませんが、それでも書籍という一つのプロダクトを生むのは簡単なことではありません。2人のスキルと才能が存分につまった1冊、ぜひ手にとってみてください。

おすすめの一覧 インタビューの一覧

コメント

コメントを書く・見る 0

プロフィール

46652186 312441436022642 4826533820310224896 n
若林杏樹
漫画家

新卒で私立大学職員として入職。超ホワイトな職場で5年間働くも、長年の夢を叶えるために脱サラし、フリーの漫画家に。
全くの無名、ツテなしから、SNSを営業ツールとして駆使し、天才美少女漫画家として幅広く活躍中。
趣味は麻雀。
ニックネームはあんじゅ先生。

46513110 743622756001380 7755657157759991808 n
大河内薫
税理士

株式会社ArtBiz代表取締役。
日本大学芸術学部卒。最新メディアサービスやSNSでの発信を得意とし、アフィリエイター、ブロガー、WEBマーケターなどのクライアントが多い。
また、日本では稀な芸術学部出身の税理士として、クリエイターや芸術・芸能系のクライアントに特化・支援。
スーツを着ないのがモットーで、「お堅い」などの税理士のイメージ打破を目指す。自称「日本一クリエイターに優しい税理士」

ライターについて

46507492 410370019500735 6718663211383521280 n
ナースあさみ

看護師9年目のこじらせアラサー。家事代行でご飯作ったり、文章書いたり、コミュニティ管理を仕事にしています。好きなことより好きな人とがモットー。医療や暮らしの視点から、より自分らしく生きるには、をいつも考えています。

プロフィール

若林杏樹
漫画家

新卒で私立大学職員として入職。超ホワイトな職場で5年間働くも、長年の夢を叶えるために脱サラし、フリーの漫画家に。
全くの無名、ツテなしから、SNSを営業ツールとして駆使し、天才美少女漫画家として幅広く活躍中。
趣味は麻雀。
ニックネームはあんじゅ先生。

大河内薫
税理士

株式会社ArtBiz代表取締役。
日本大学芸術学部卒。最新メディアサービスやSNSでの発信を得意とし、アフィリエイター、ブロガー、WEBマーケターなどのクライアントが多い。
また、日本では稀な芸術学部出身の税理士として、クリエイターや芸術・芸能系のクライアントに特化・支援。
スーツを着ないのがモットーで、「お堅い」などの税理士のイメージ打破を目指す。自称「日本一クリエイターに優しい税理士」

注目記事

月間ランキング