Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
特集!あの人の本棚
62.

広瀬彩海   (こぶしファクトリー)


16歳・読書愛とハロプロ愛 (広瀬彩海インタビュー前編)

広瀬彩海
さまざまなプロフェッショナルの考え方・つくられ方を、その人の読書遍歴や本に対する考え方などからひもといていくインタビュー。今回はアイドル・グループ、こぶしファクトリーのリーダーでもある広瀬彩海さんにご登場いただきました。広瀬さんはホンシェルジュ連載企画「本とアイドル」執筆陣の1人として、新たに加わっていただくことになりましたので、そちらも併せてチェックしてみてください。
16歳・読書愛とハロプロ愛 (広瀬彩海インタビュー前編)

読み終わって、後悔するような本が好きです

―― ブログには、読書ならハロー!プロジェクト(以下ハロプロ)で一番好き、または日本のアイドルの中で一番好きだと自負できるという内容のことを書いてましたけど、去年は年間で64冊読破したんですよね。

広瀬彩海(以下、広瀬) こぶしファクトリーの皆といるときや、友だちと一緒にいるときは控えるようにしているんですけど、読み始めたら止まらないタイプなんです。話しかけられてもぜんぜん気づかない。だから、1人で電車に乗っているときに読むことが多いかもしれない。イヤホンを耳栓代わりにして、とにかく集中して読んじゃうので、電車を乗り過ごしたことは何度もあります(笑)。

―― お母さんが幼稚園に入る前に絵本を読み聞かせしてくれたことが大きかったとか。

広瀬 絵本の読み聞かせをしてもらうのが大好きで、「この字は何て読むの?」って質問をよくしていたみたいです。その流れで、幼稚園に入る頃にはカタカナとひらがなは読み書きできるようになりましたし、自分の名前は漢字で書けるようになりました。幼稚園のときはまだ絵本でしたけど、小学校1年のとき、おばあちゃんに『ふたごの魔法つかい』って児童書を買ってもらって。それがすごく面白くて、そこから読書にハマっていきました。双子の魔法使いが公園の木の中にいるというお話で。

―― 面白そうですね。

広瀬 小学校2年のとき、お母さんに『走れメロス』を買ってもらったんですけど、小学校高学年向けの本だったので、わからない漢字がたくさんあったんですよ。でも、お母さんに教えてもらいながら読み終えました。だから私、漢字の授業では苦労したことがあまりなかったです。その後は太宰治さん、夏目漱石さんの著作も読み始めるようになって。ただ、小学校3年くらいまでは、クラスに置いてあった怖い話のシリーズ本や、「かいけつゾロリ」のシリーズ本が一番好きでしたけど(笑)。

―― (笑)。弁論大会に出たこともあるんですよね。

広瀬 それは中学校のときの催しなんですけど、クラスから一人ずつ選抜された子が弁論を発表して、生徒と先生の投票でもって学年で一番を決めるんです。一番だった子は文化祭で発表することになってるんですけど、私は3年連続で学年代表に選ばれました。で、中学3年のときには他の学校を何校か交えた文化祭があって、それに参加して優秀賞をもらったんです。

―― あとは詩の鑑賞文が、市の文集に掲載されたとか。

広瀬 中学2年のとき国語の授業で、課題の詩を読んで、それがどういうことを伝えようとしている作品なのか鑑賞文を書くっていうのがあって、それがすごく楽しかったんです。私は一つの詩につき、5個くらいの解釈を書いて10ページくらいにまとめて提出したんですけど、先生に「読むのが大変だ」って言われるくらいで(笑)。でも、その中から一つを先生が市のコンクールに出したら、文集に載せていただけることになりました。

―― いろいろデータを見ていると、読書を通して培われたエリートといっても過言ではないと思うんですけど、作家さんとか、本にまつわるお仕事とかではなく、広瀬さんはアイドルの道を選んだわけですよね。ポーチの中にリップが21本入っているとブログに書いていましたし、読書だけというよりは、女の子ならではの「魅せる」っていうことも大好きなわけで。

広瀬 私は読書を通して自分の中で想像を膨らませていくのが好きなんですけど、周りにいる友だちは皆でワイワイやるのが大好きな子が多いんです。実際、そういう子たちと仲良しだし。だから、(読書は)意外な趣味だねってよく言われます。

―― お父さんやお母さんは本が好きなんですか?

広瀬 いえ、父と母はノンフイクションやエッセイの本くらいしか読まないですね。妹もそうなんですけど、私以外は読書に興味がないみたいです。同じ家族なのかって疑われるくらい違います(笑)。でも、おばあちゃんは本が好きみたいで、よく貸し借りしてますね。

―― では、今回お持ちいただいた本について聞かせてください。1年以内に読んだ本の中から何冊かピックアップしてきていただいたんですよね。

広瀬 はい。『殺人鬼フジコの衝動』は、ハロー!プロジェクトの先輩でもあり、元モーニング娘。の新垣里沙さんが主演を務める舞台の原作で、本の帯に「後味が悪い」って書いてあるんですけど……。

―― 読んで後悔と書いてあります。

広瀬 そうなんですよ。読み終わって後悔するようなものが好きなんです。

―― 後悔しました?

広瀬 ちょっとしました(笑)。とにかく生々しくて。でも、すごく面白かったです。『白ゆき姫殺人事件』は、ハロプロ研修生に橋本渚ちゃんって子がいるんですけど、その子に薦めてもらって読んだ本です。とにかく結末にビックリして、最後の数ページまで「絶対にこの人が犯人だ!」って確信を持って読んでいたら、まさかの大どんでん返しみたいな。湊さんの本はもともと好きなんですけど、言葉のチョイスが好きです。残虐なことを書いているのに、優しく話しかけてくるような親密さがあって。そのギャップが激しくて面白いなと思います。あと、湊さんの『Nのために』もそうなんですけど、語り手がよく変わるんです。あるときは主人公だったり、あるときは友人だったり。同じ物語を違う視点から描くことが多い。『白ゆき姫殺人事件』にもブログのテキストが載っていたりするんですけど、ほかの作品でも手紙の書面や電話での会話の様子が物語の中に出てきたりして、そういうスタイルで表現していくのが面白いと思いました。

―― 『ユリゴコロ』は?

広瀬 この本の主人公は、お母さんを事故で亡くして、お父さんは末期ガンで余命宣告されている。しかも婚約者が失踪してしまう。すごく不幸なことが続くんですけど、とあるノートが一家で見つかって……というストーリー。そのノートを書いた人は誰なんだろうって主人公がもがいていく様が描かれていて、結末がすっきりしないところもあるんですけど、どこか心があったかくなるというか、その温かみがいいなと思いました。

(後編に続く)

Photographs by Takumi Sugie

こぶしファクトリー広瀬彩海が選ぶオススメの本 Vol.1

殺人鬼フジコの衝動 真梨幸子 白ゆき姫殺人事件 湊かなえ ユリゴコロ 沼田まほかる
本とアイドルの一覧 インタビューの一覧

プロフィール

広瀬彩海
広瀬彩海
こぶしファクトリー

1999年8月4日生まれ。神奈川県出身。2015年1月2日、こぶしファクトリー結成。その後、リーダーに任命され、9月にはメジャーデビューシングル「ドスコイ!ケンキョにダイタン/ラーメン大好き小泉さんの唄/念には念(念入り Ver.)」を発売。11月からは『こぶしファクトリー ライブツアー2015 ~ The First Ring! ~』が開催される。
http://www.helloproject.com/kobushifactory/

ライターについて

ホンシェルジュ編集部・芸術/芸能班
ホンシェルジュ編集部・芸術/芸能班

音楽、映画、アイドル、その他の芸術/芸能に詳しいライターによる班。もちろん皆が本好きだが、そのレベルや守備範囲はさまざま。日本のエンタテイメントのトップランナーを通じて、本/読書の楽しみへの入り口をつくりたい。あるいは本/読書という切り口を通じて、トップランナーの新たな一面を引きだしたい。

プロフィール

広瀬彩海
こぶしファクトリー

1999年8月4日生まれ。神奈川県出身。2015年1月2日、こぶしファクトリー結成。その後、リーダーに任命され、9月にはメジャーデビューシングル「ドスコイ!ケンキョにダイタン/ラーメン大好き小泉さんの唄/念には念(念入り Ver.)」を発売。11月からは『こぶしファクトリー ライブツアー2015 ~ The First Ring! ~』が開催される。
http://www.helloproject.com/kobushifactory/

広瀬彩海 さんの本棚

中学時代、家にこもって読んでいたお気に入りの3冊

中学時代、家にこもって読んでいたお気に入りの3冊

広瀬彩海
%e5%ba%83%e7%80%ac%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
1999年生まれのアイドルが選ぶ「女子中高生に読んでほしい本」

1999年生まれのアイドルが選ぶ「女子中高生に読んでほしい本」

広瀬彩海
%e5%ba%83%e7%80%ac%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc