Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
妖都 (Mephisto club)

妖都 (Mephisto club)

作者 津原 泰水
出版社 講談社
出版日 1997年11月01日

冥府にいざなう〈死者〉が東京を跋扈する!
ロック歌手の飛び降り自殺を機に頻発する不可解な殺人、自殺、事故。凶念が都市を覆いつくすとき、世界は一変した!

●正真正銘の“怪物”――綾辻行人
一読して震撼、再読して脱帽、いまだに興奮醒めやらず。この傑作のためならば、どんな讃辞も惜しくはないと思う。その文章力、その構成力、その感性、その眼差し……すべてが刮目に値する。断言しよう。津原泰水は、世紀末日本のホラー小説界に出現した正真正銘の“怪物”である。
●微睡(まどろみ)の出血の陶酔――井上雅彦
60年代がジョージ・A・ロメロを遺して往ったように、90年代は津原泰水を得た。彼の言葉は、闇の結晶。人外の戦慄も、深層の魔性も、眩しく煌めき、突き刺さる。あたかも微睡の出血の陶酔。生ける屍(リヴィング・デッド)ともゾンビーとも違う、全く新しい異形。世紀末はその肖像を描きうる、稀なる幻視者と遂に出会えた。
●進化であって変容ではない――小野不由美
これは純粋にホラーを愛する作者によって書かれた、純粋なホラー作品なのだと思う。ホラーという様式を限りなく美しく踏襲しながら、既成の枠を突き抜けて新しいステージに飛翔していった。これは進化であって変容ではない。創造であって破壊ではない。だからこそ、打ちのめされる心地はしても、同時にとても嬉しい。
●本格ホラーの超新星――菊地秀行
ついに本格ホラーの超新星が現われた。ただし、この星は、読者にありきたりな満足と幸福を与えるきら星ではない。お行儀のよい感想などすべて吸引して口には出させず、暗澹とその場に立ちすくませる暗い魔の星だ。津原泰水、良識の呪いを一身に受けることだろう。だからこそ、真のホラーは君を心から歓迎する。

レビュー

あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお


あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお


あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお
あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお

この本が入っている本棚