Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
虚ろな十字架 (光文社文庫)

虚ろな十字架 (光文社文庫)

作者 東野 圭吾
出版社 光文社
出版日 2017年05月11日

中原道正・小夜子夫妻は一人娘を殺害した犯人に死刑判決が出た後、離婚した。数年後、今度は小夜子が刺殺されるが、すぐに犯人・町村が出頭する。中原は、死刑を望む小夜子の両親の相談に乗るうち、彼女が犯罪被害者遺族の立場から死刑廃止反対を訴えていたと知る。一方、町村の娘婿である仁科史也は、離婚して町村たちと縁を切るよう母親から迫られていた―。

ミユキ」さんのレビュー
まだレビューはありません

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...

この本が入っている本棚

東野圭吾文庫作品オススメランキングベスト15!泣ける!感動必至!!

東野圭吾文庫作品オススメランキングベスト15!泣ける!感動必至!!

ミユキ
ミユキ

この本棚を作ったひと

ミユキ

岡山県出身。ライターとして記事を書き始めたばかりです。

好きなジャンルは時代小説、推理小説、刑事小説。好きな作家は宮部みゆき、宇江佐真理、高田郁、葉室麟、乙川優三郎、池波正太郎、浅田次郎、今野敏、堂場瞬一、道尾秀介、東野圭吾などです。

関連本棚

湊かなえの告白でミステリーにはまった私が読んだ本たち

湊かなえの告白でミステリーにはまった私が読んだ本たち

真賀田シキ
Img default user e72a283a38875e33235257163734f72663a8798a38a40e6ac7b53c09519adedc