Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
特集!あの人の本棚
04.

仲暁子   (ウォンテッドリー株式会社 CEO)


話題になっている本はとりあえず読む。人の心を動かす「なにか」を知るために (仲暁子インタビュー)

仲暁子
さまざまなプロフェッショナルの考え方・つくられ方を、その人の本棚、読書遍歴、本に対する考え方などからひもといていくインタビュー。第2回のゲストは、ウォンテッドリーCEOの仲暁子さんです。ゴールドマン・サックスに勤めた後、マンガ家を目指すなど、さまざまな経歴を経て、Facebookでつながるシゴト充実化サービス「Wantedly」をつくるに至った仲さん。さて、どんな本を読んできたのでしょうか。
話題になっている本はとりあえず読む。人の心を動かす「なにか」を知るために (仲暁子インタビュー)

小説もマンガもアニメも
メジャーなものはおさえておく

―― 仲さんは、ウォンテッドリーを始める前にマンガ家を目指していたとうかがっています。子どものころは、マンガにどっぷりはまっていたのでしょうか。

仲暁子(以下、仲) 私の育った家はマンガ禁止だったんですよ。

―― えっ!

仲 だから、実はそんなにたくさんマンガを読んでいたわけではないんです。絵とストーリーで一つの作品をつくることがおもしろいと思っていて、幼稚園のころから「マンガのようなもの」を描いていました。それが高じてマンガ家を目指した、という感じですね。あ、でも好きなマンガ家さんはいますよ。安野モヨコさんとか、岡崎京子さんとか。

―― どういうところが好きなんですか?

仲 なんといっても、絵がきれい。マンガを読むときは、構図や絵を重視しています。エヴァンゲリオンの貞本義行さんの絵も好きです。エヴァはアニメも観ました。というか、アニメがオリジナルですよね(笑)。当時は小学生でしたが、あの世界観に惹かれていました。ほら、名刺にもシンジくん(エヴァンゲリオンの主人公)のセリフをいれているんです。

―― 「笑えばいいと思うよ」。ヒロインの綾波レイがシンジに助けてもらって「こういうとき、どんな顔をすればいいかわからないの」と言った時の、シンジくんの返しですね。仲さんといえば、ジョジョ(※1)好きというイメージもありますが……。

※1 「ジョジョの奇妙な冒険」。荒木飛呂彦による漫画シリーズ。現在は第8部まで連載されている

仲 ジョジョはすばらしいマンガですよね。この会議室の名前、TWっていうんですけど「ザ・ワールド」のイニシャルなんです。となりはSPで「スタープラチナ」の略。

―― ザ・ワールドにスタープラチナ!(笑)スタンド(※2)の名前じゃないですか。しかもどちらも3部。

※2 ジョジョシリーズに出てくる架空の超能力。他人を攻撃したり、持ち主を守ったりする守護霊のような存在

仲 3部が好きなんです。でも、初めて読んだのは3年前とわりと最近ですし、めちゃくちゃ詳しいってわけでもないんですよ。エヴァもそうなんですけど、みんなが観てるものを追いかけているだけなので、詳しいと思われるとなんだか申し訳ないです。

―― ジョジョやエヴァが好きな人は、マニアックに詳しい人が多いですからね。小説などは読まれますか?

仲 小さいころはズッコケ三人組とか、ハリーポッターとか、みんなが読むような児童書を読んでいました。家にもそんなにたくさん本があるわけではなかったので、もっぱら図書館を愛用していました。あ、中学生の時に読んだ恩田陸さんの『光の帝国』はすごくおもしろかったのを覚えています。

―― 「常野物語」シリーズですね。皆が読んでいるような小説というと、村上春樹さんは読まれますか?

仲 一時期、はまって読んでました。『ねじまき鳥クロニクル』が一番好きでしたね。

―― 1人の作家さんを追って読むタイプですか?

仲 そんなこともないです。司馬遼太郎さんは『義経』が、宮部みゆきさんは『模倣犯』がすごくおもしろいと思いましたけど、他の作品も全部読むとかそういうのはなくて。基本的に話題になった作品を読んでいます。だから、百田尚樹さんの『永遠の0』と『海賊とよばれた男』は読みました。ほんと、雑食なんですよ。

ウェブだけでは得られない
質の高い情報が本や雑誌にはある

―― 話題のものを追うだけでも、相当、たくさん本を読んでいる人の方に入ると思います。

仲 いやあ、そんなことないですよ。あと最近読んだのは『進撃の巨人』ですね。これも、話題になってるから読んでみようと思って(笑)。Kindleで1巻と2巻をダウンロードしたら、あまりにおもしろくて最新刊まで読んじゃいました。最初は絵が劇画風すぎて苦手だったんですけど、躍動感のある描写がすごくて、途中から気にならなくなりました。

―― 主人公たちが使う「立体機動装置(※3)」ですね。あれは、アニメーションでさらにすばらしい表現になっていました。もともと話題作ではありましたが、アニメのクオリティがすごく高かったので、アニメを観た人がマンガも読んで、というかたちでヒットしたんですよね。

※3 巨人と戦うために開発された、ワイヤーとガス噴射で上下前後左右と立体的な機動力を与える装置

仲 そうなんですか! アニメ、まだ観てないんです。アニメ化を想定して立体機動を出したのかな。登場人物が外国名ばかりなのも、海外で映画化することを見越してるのかな、なんて思いながら読んでいました。子どもの頃と違って、マンガを読んでいてもビジネスのことを考えるようになっちゃいましたね(笑)。

―― 忙しい中でも、ちゃんと流行りものをおさえていらっしゃるんですね。

仲 ニュースをチェックする行為の延長ですね。いま世の中で何が起きているのか、知りたいんです。

―― ウェブメディアを追うだけではなく。

仲 うーん、すべてのウェブメディアがそうというわけではないんですけど、バズ目的でつくられた記事は読んでも全体像がわからないし、情報の真偽もあやしいことがある。やっぱり、本のほうが情報が整理されているし密度が濃いので、時間的な費用対効果が高いと思うんですよね。例えば、ビジョナリー・カンパニーシリーズとか、WORK SHIFTとか、学者が1年以上かけて調べて絞り出したエッセンスを数時間で学べてしまうのは、とてつもなく費用対効果が高いと思います。雑誌が次に高い。質の高い情報を得たいなら、お金を出してでも本や雑誌を買ったほうがいいなと思います。

―― いつ頃からそう思うようになったんですか?

仲 会社員だった頃は日経新聞を紙で読んでました。ウェブサービスをつくるようになってからは、TechCrunchなどのバーティカルメディア(特定の領域に特化したメディア)をチェックしてたんですけど、最近ではそれもあまりしなくなりました。月に1,2冊雑誌を読むほうがいいですね。ウェブメディアでどんな情報も手に入るみたいな風潮がわーっと広まって、今は揺り戻しというか、ちょっと落ち着いてきているような気がします。

―― 雑誌はどんなものを読むんですか?

仲 『COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)』とか『WIRED』とかですね。隙間時間に読むのに最適です。海外のいろいろな情報が入ってきて楽しい。ちゃんと編集されている記事は、読むのが楽だし、効率がいいと感じます。これはモノづくりにも通じると思うんですけど、使うのが簡単なものほど、作る側が凄く頭を使っている。例えばipod。それまでのMP3プレーヤーの取説の厚さを考えたら、あり得ないほど直感的でシンプルで、頭を使わなくても使えてしまう。それで、享受できる価値は一緒なんです。それと同じことが、読み物にもいえますね。編集という行為が入ることで、最終的に同じ量と質の情報を入手できるまでの、読み手の負担が圧倒的に減ります。

インタビューの一覧

プロフィール

仲暁子
仲暁子
ウォンテッドリー株式会社 CEO

なか・あきこ/1984年生まれ。研究者の両親のもとに育ち、4〜5歳をアメリカで過ごす。小学校、中学校は日本で学び、高校からニュージーランドに留学。帰国後、京都大学に入学。経済学部を卒業し、ゴールドマン・サックス証券に入社。約2年で退職した後、1年間、かねてからの夢だったマンガ家を目指してみるも、才能がないことに気づき断念。そのときにマンガ投稿サイトのアイデアを思いつく。独学でプログラミングを学び、マンガ投稿サイト「Magajin」を立ち上げた頃、Facebook Japanに初期メンバーとして参画。ウェブプロダクト開発の基礎を学び、Facebookを活用したシゴト充実化サービス「Wantedly」( https://www.wantedly.com/ )を開発。2012年2月にサービスを公式リリース。

ライターについて

Writer 1
崎谷実穂

さきや・みほ/求人広告、記事広告のライターを経て、現在ビジネス系のインタビューライター。ブックライターでもある。cakes、日経ビジネスオンラインなどで連載担当中。

プロフィール

仲暁子
ウォンテッドリー株式会社 CEO

なか・あきこ/1984年生まれ。研究者の両親のもとに育ち、4〜5歳をアメリカで過ごす。小学校、中学校は日本で学び、高校からニュージーランドに留学。帰国後、京都大学に入学。経済学部を卒業し、ゴールドマン・サックス証券に入社。約2年で退職した後、1年間、かねてからの夢だったマンガ家を目指してみるも、才能がないことに気づき断念。そのときにマンガ投稿サイトのアイデアを思いつく。独学でプログラミングを学び、マンガ投稿サイト「Magajin」を立ち上げた頃、Facebook Japanに初期メンバーとして参画。ウェブプロダクト開発の基礎を学び、Facebookを活用したシゴト充実化サービス「Wantedly」( https://www.wantedly.com/ )を開発。2012年2月にサービスを公式リリース。

仲暁子 さんの本棚

仲暁子が小さいころから読んできて記憶に残っている本・漫画たち

仲暁子が小さいころから読んできて記憶に残っている本・漫画たち

Wantedly 仲暁子
Wantedly 仲暁子
「Wantedly」の立ち上げから今までに読んできた思い出のビジネス書

「Wantedly」の立ち上げから今までに読んできた思い出のビジネス書

Wantedly 仲暁子
Wantedly 仲暁子

注目記事

月間ランキング