【 ウマ娘シンデレラグレイ:40話】最新話ネタバレと感想!5月13日掲載

【 ウマ娘シンデレラグレイ:40話】最新話ネタバレと感想!5月13日掲載

更新:2021.5.21

当記事では、2021年5月13日発売【週刊ヤングジャンプ】に掲載の【ウマ娘シンデレラグレイ】の最新話40話ネタバレや感想をご紹介します!

 

コミックシーモア公式サイト

 

【 ウマ娘シンデレラグレイ:40話】最新話ネタバレと感想!2021年5月13日掲載


外から一気に、オグリキャップが捲り上げようとしていました。

後ろから迫ってくる足音は、当然タマモクロスにも聞こえています。

タマモクロスは、3馬身か4馬身くらい離れているのではないかと予想していました。



そしてレースは、最後の直線に差し掛かるところ。

ここまで十分な温存をしていたため、オグリキャップはまじでここがスタート地点と錯覚するような感覚に陥っていました。

競馬の実況アナウンサーも、ここからオグリキャップが差し切れるかと思っています。



レースは、残り400メートル。

この東京レース場のラスト400メートルには、高低差が2 m の坂がありました。

ここは通称心臓破りの坂として有名でした。

今まで1600 m を走った足で、この坂に望まないといけないからです。



ロードロイヤルは必死に坂を駆け上がろうとしましたがスタミナが切れ始めていました。

そこをついてタマモクロスがついに抜かそうとしています。



そしてついにこのレースの先頭に立ったのがタマモクロスになりました。

実はタマモクロスはこのレースにかけて位置取りを常に気にしていたのでした。
 


ロードロイヤル仕掛けに対応できる位置にいたのは正解だと自分でも思っているようです。

後は最後の直線を全速力で走るだけです。

勝利を確信したその時後ろからはオグリキャップが迫っていたのでした。

このレースはまだまだ分かりません。

 

感想

 

ロードロイヤルはまさか最後に坂があることを知らなかったのでしょうか。

それともこのレースは 自分の独壇場になるため ラストに至っては警戒しなくても耐えられると思っていたとか。

いずれにせよこのレースはタマモクロスオグリキャップの一騎打ちになりそうです。

 

コミックシーモア公式サイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る