【月曜日のたわわ:18話】最新話ネタバレと感想!5月17日掲載

【月曜日のたわわ:18話】最新話ネタバレと感想!5月17日掲載

更新:2021.5.22

当記事では、2021年5月17日発売【週刊ヤングマガジン】に掲載の【月曜日のたわわ】の最新話18話ネタバレや感想をご紹介します!

コミックシーモア公式サイト

 

前回のあらすじ

 

仕事終わりの飲み会に参加した「後輩ちゃん」は、「地元に彼氏がいる」という話を先輩に聞かれてしまって気まずい顔に。

その後、酔い潰れた彼女は皆に冷やかされながら先輩に家まで送ってもらいますが、そこで「さっきの話はナンパ避けのための設定です」と説明。

後日、後輩ちゃんの飲みっぷりを心配した先輩から「サシ飲みでお前の酒量の限界を教えてやるから」と誘われた彼女は、せっかくならば先輩の家で飲みたいとお願いするのでした。

 

【月曜日のたわわ:18話】最新話ネタバレと感想!5月17日掲載

 

朝、アイちゃんが駅のホームに到着すると、そこはいつも以上に人でごった返しています。

原因は雪による電車の遅れ。

同じホームに顔見知りの後輩ちゃんを見つけ、彼女が先輩らしき人と楽しそうに話すのを眺めるアイちゃん。

 

そんなアイちゃんにお兄さんは「先週末のクリスマスは何してたの?」と話を振りますが、「普通です」という曖昧な答えが返ってきました。

それよりも「運休ならお兄さんの家に遊びに行きたい」と言われてしまい、彼女を家に連れ込んでベッドに……とエッチな想像をしてしまうお兄さん。

しかし良いのか悪いのか電車は遅れて到着。

 

いつものように一緒に車両へ乗り込む二人でしたが、今度は電車が安全確認のためしばらく停止。

その間、お兄さんはアイちゃんの顔をボンヤリ見つめながら、クリスマスは彼氏とオトナな時間を過ごしていたのではないかと妄想してしまいました。

 

そんなお兄さんの気持ちを見透かしたのか、アイちゃんはバイトをしていたことを今度はちゃんと説明。

あからさまにホッとした顔をするお兄さんに、大人扱いばかりされるためまだ子供でいたいと伝え、大きな胸を押し付けるアイちゃん。

しかし、その一方で「本当はオトナの階段を一つ昇っちゃいました」とも発言。

 

お兄さんは、また胸が成長してKカップになったという意味かと驚きましたが、そうではなくて16歳の誕生日だったことをアイちゃんは報告。

それをお祝いしつつ、同時にまだ1年生だったことにとびっくりするお兄さん。

そんな二人の会話を、たまたますぐ近くの席に座って単語帳を読んでいた前髪ちゃんは目を丸くしながら聞いているのでした。

 

感想

 

アイちゃんが1年生という事実には私も驚いてしまいました。

そりゃあオトナ扱いされても微妙な気持ちになっちゃうでしょうね。

一方、たしか3年生の前髪ちゃんは逆に先生から子供扱いされてばかりで困っている女の子。

彼女がアイちゃん達の会話を聞いて、また先生相手に暴走しそうな予感がしてなりません。

 

コミックシーモア公式サイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る