【マッシュル:62話】最新話ネタバレと感想!5月17日掲載

【マッシュル:62話】最新話ネタバレと感想!5月17日掲載

更新:2021.5.25

当記事では、2021年5月17日発売【週刊少年ジャンプ】に掲載の【マッシュル】の最新話62話ネタバレや感想をご紹介します! ~前回のあらすじ~ 魔法の使えないマッシュが唯一認められる方法である、神格者になるための試験が始まります。 マッシュは持ち前の筋肉で、試験を突破していきますが最も強い魔力を持つマーガレットから目をつけられてしまいが加速していくのでした。

コミックシーモア公式サイト

 

【マッシュル】最新話62話の内容ネタバレ!

 

マッシュとマーガレットの戦いがクライマックスになった中、突然、試験会場にイノセント・ゼロの刺客が現れます。

マッシュや観客たちは唖然としたまま、辺りに暗闇が満ちていきます。

すべての色が反転したような状況で、時が止まってしまうのでした。

 

マッシュもまた、マーガレットを倒した時の格好のまま固まります。

強い魔力をもつマーガレットすらその魔法に抗えずに止まってしまうのでした。

 

探したぞ、と言いながらマッシュの目の前に降り立ったイノセント・ゼロ。

後ろには組織に属する刺客たちが控えています。

 

まさか生きていたとは、とマッシュの頬に手を寄せたイノセント・ゼロはマッシュのことを自分の可愛い息子だと呼びかけるのでした。

マッシュを取り込むことで自分は完成することができる、とマッシュを連れ去ろうとするイノセント・ゼロを止めたのは学園の好調であるウォールバーグでした。

 

その子をやすやすと渡すわけにはいかない、と底知れぬ瞳をするウォールバーグ。

刺客の一人は、時間停止の闇魔法でも通じないウォールバーグが出てくることは想定済みだと武器を手に取ります。

 

そんな刺客に、突然斧が振り下ろされたような圧迫感が迫るのでした。

殺気だけで圧倒したウォールバーグは小物はひっこんでいるように警告します。

イノセント・ゼロはウォールバーグに真の目的を問われて完璧な人間になりたいと答えます。

 

不老不死を望むイノセント・ゼロの考えを一蹴したウォールバーグでしたがイノセント・ゼロは自分のために家族があるのだと譲りません。

マッシュもまた、自分のために存在するのだというイノセント・ゼロの前にウォールバーグは立ちふさがるのでした。お互いにサモンズを発動させて、最高峰の戦いが幕を上げます。

 

【マッシュル】最新話62話の感想

 

マッシュやマーガレットの時が止まったまま、最高峰の戦いが始まりました。

今まで、好々爺といった感じでマッシュにも暖かい目を向けてきたウォールバーグでしたがその強さは底知れません。

イノセント・ゼロがマッシュの父親だというのも驚きですし次回も目が離せませんね。

 

コミックシーモア公式サイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る