【東京卍リベンジャーズ:207話】最新話ネタバレと感想!5月26日掲載

【東京卍リベンジャーズ:207話】最新話ネタバレと感想!5月26日掲載

更新:2021.5.26

~前回のあらすじ~ 前回は五番隊隊長、ムーチョ(武藤泰宏)の番外編でした。 副隊長の三途春千夜との出会いが描かれていました。 三途の口元には傷があり、ムーチョはその傷のせいで損をしていると言い、マスクを三途に渡します。 ムーチョと一緒に争いを乗り越えて信頼関係が築かれています。 関東事変ののち、半年が経ちムーチョが鑑別所から出所したシーンに変わります。 迎えにきた三途。2人は車でどこかにむかっています。 辿り着いたのは関東事変の決戦の地。 三途は足を止め、なにをするかと思えばムーチョを日本刀で斬りつけたのでした。 マイキーという王が絶対だと言う三途。 ムーチョは、涙を浮かべ、裏切った報いなのかと倒れます。 それから2008年。 三途は、街を歩いてます。 街のニュースで白骨化された遺体が東京湾で見つかったというニュース。 三途は、ムーチョの遺体を東京湾に沈めたというフラグですね。 ここで206話は、終了です。 それでは、2021年5月26日発売【週刊少年マガジン】に掲載の【東京卍リベンジャーズ】の最新話207話ネタバレや感想をご紹介します!

コミックシーモア公式サイト

 

 

【東京卍リベンジャーズ】最新話207話ネタバレ!

 

タケミチが急いで走ってるシーンから始まります。

カレンダーの日付は、2008年 6月。つまりタケミチは、12年前ではなく、高校生の時にタイムリープしていたのでした。

 

後ろから声をかけられ、振り向くとそこには、同じく高校生の山岸、マコト、タクヤ、アッくんがいます。

みんな高校2年になっていると気づくタケミチ。

 

また後ろから肩を組まれ声をかけられたタケミチ。

そこには黒髪ロン毛の口に傷。

一瞬誰だとタケミチは、思いますが、髪の伸びたいかにも高校生らしくなった八戒がいました。

 

そのかわりように口が開いたままのタケミチ笑

千冬もいるのかと千冬を探すタケミチ。

教室のドアを開けると変わらない千冬がそこにいました。

 

涙を浮かべるタケミチ。

未来でマイキーと握手してタイムリープしたことを話すタケミチ。

弱虫な顔のタケミチから真剣な顔になり、マイキーが助けてと言ったと話します。

 

場面は変わり、不良をボコボコにして足で顔面を踏みつけているココ。

そして三途や未来での梵天のメンバーが集結しています。

鶴蝶や灰谷兄弟は、見てわかるのですが、未来には登場していないメンバーの影もあります。

 

関東卍會と名乗ってます。

そして、たくさん倒れた不良の真ん中に見覚えのあるシルエット。

 

そうマイキーです。

そして来たかと黒い衝動の時と同じ目をしています。

東京卍リベンジャーズの最終章が開幕するのでした。

【東京卍リベンジャーズ】最新話207話の感想

 

ついにタイムリープしましたね。

高校生編といったとこでしょうか。

そして関東卍會。

見覚えのないシルエットが何人か。

そしてマイキーが来たかタケミチと呟いてるのも気になります。

関東卍會がどうやって結成されたかも描かれていくと思うのでそこにも注目ですね。

そしておそらく関東卍會との抗争もあると思うので楽しみです。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る