【MAJOR 2nd:233話】最新話ネタバレと感想!5月26日掲載

【MAJOR 2nd:233話】最新話ネタバレと感想!5月26日掲載

更新:2021.5.26

~前回のあらすじ~ 初マウンドとは思えない好投を続ける千代姉でしたが、バックの千葉や道塁が送球を誤るなどしてなかなかスリーアウトを取れません。 ここに来て普段と違うポジション編成による守備の乱れが目立ってきた風尾チーム。 そこへさらにホームランまで打たれてしまい、遂に睦子がマウンドへ向かう展開に! それでは、2021年5月26日発売【週刊少年サンデー】に掲載の【MAJOR 2nd】の最新話233話ネタバレや感想をご紹介します!

コミックシーモア公式サイト

 

 

【MAJOR 2nd】最新話233話の内容ネタバレ!

 

千代姉と交代する形でマウンドに上がる睦子。

同点に追いつかれてしまった責任を感じて落ち込む千代姉でしたが、睦子はそんな彼女を励まします。

千代姉は初マウンドにもかかわらず四球がほとんどなく、失点も味方のエラーによるものが大きかったのだと説明する内野一同。

ベンチに下がった後も、関取に促された仁科がアイシングパックを差し出しながら、「次もまた投げるんだから肩を大事にしろよ」と声をかけるのでした。

 

試合の方は、睦子と大吾のバッテリーが上手く相手打線を抑え込んで互角の戦いに。

睦子は元々コントロールが良かったところに、微妙な回転差のボールも投げられるようになったようで、相手監督の阿久津がそのピッチングに感心します。

その睦子自身は今回3番手に回された事もあってか、緊張よりも「早くマウンドに上がりたい」という気持ちの方が今は強くなっていたと大吾に説明。

この一カ月の練習の成果を、強くなった自分を試合で確かめたいという前向きで楽しい気持ちが、睦子だけでなくチーム全員の中に湧き上がってきているようです。

 

この練習試合は結局5-5の同点で終了

オフシーズンの練習試合を、どちらもケガ人なしで終われた事をひとまず喜び合う寿也と阿久津。

まさか同点にされると思っていなかったと正直に言ってくる阿久津に、寿也は「打倒辻堂」がチームの目標だと語ります。

が、それを聞いた阿久津は「今日ここに連れてきたウチの一年生チームと引き分けてるようじゃ辻堂は厳しい」と率直なコメントを残していくのでした。

 

【MAJOR 2nd】最新話233話の感想

 

睦子の活躍シーンがあっさりと流されてしまいましたが、元々エースで安定感もあるピッチャーなので、速球派の仁科や初登板の千代姉みたいな派手なシーンは難しそうですね。

そんな睦子は今後どのような起用をされていくのかがふと気になりました。

たまにモチベーションが低くなる彼女ですから、「早く投げたい!」という気持ちにさせるべく先発から外した方がかえって活躍してくれるのかもしれません。

そして阿久津の目から見ても風尾はなかなか強いものの、打倒辻堂はかなり厳しいようで。

合宿本番はここからなので、次に寿也がどんな課題を出してくるのか楽しみですね。

 

コミックシーモア公式サイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る