Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
ルバイヤート (岩波文庫 赤 783-1)

ルバイヤート (岩波文庫 赤 783-1)

作者 オマル・ハイヤーム
出版社 岩波書店
出版日 1979年09月17日

過去を思わず未来を怖れず,ただ「この一瞬を愉しめ」と哲学的刹那主義を強調し,生きることの嗟嘆や懐疑,苦悶,望み,憧れを,平明な言葉と流麗な文体で歌う.11世紀ペルシアの科学者オマル・ハイヤームの4行詩.

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

レビュー

生まれる前も死んだ後も存在するのは無のみ。身分関係なく、私達は結局平等に土に戻るのだ。
だから今を楽しもう。酒を飲んで悲しみを忘れよう。
そうした彼独自の哲学は、宗教よりも宗教的で尊いものである。
私は、酒を飲んだ時の酩酊に現実の消滅を感じるため、飲むことはあまり好きではない。
されど、彼の世界に強く憧憬の念を抱いた。

この本が入っている本棚

海外詩集おすすめ5選。有名どころを紹介!

海外詩集おすすめ5選。有名どころを紹介!

art_nob
art_nob