Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
マルクス・エンゲルス 共産党宣言 (岩波文庫)

マルクス・エンゲルス 共産党宣言 (岩波文庫)

作者 マルクス, エンゲルス
出版社 岩波書店
出版日 1971年01月01日

「今日までのあらゆる社会の歴史は階級闘争の歴史である」という有名な句に始まるこの宣言は、階級闘争におけるプロレタリアートの役割を明らかにしたマルクス主義の基本文献。マルクス(1818‐83)とエンゲルス(1820‐95)が1847年に起草、翌年の二月革命直前に発表以来、あらゆるプロレタリア運動の指針となった歴史的文書である。

レビュー

私は自らが何の主義・思想を支持しているのかは分からない。ただ一つ言えるのは、全ての主義・思想には短所もあれば長所もあるということである。そして私はこれについて、一つ主張したいことがある。人々は自分の信ずる主義・思想に外れたものを酷く受け入れないきらいがある。そして彼らはそういったものについて批評する際、その短所ばかりを挙げて、それを攻撃するのだ。しかし先も言った通り、全ての主義・思想には長所が存在する。彼らはそのことを考慮していない。ただ自分の都合がいいように、その欠点を根拠にそれを否定するのだ。これは余りにもお粗末なことである。真の批判と言うのは、長所を十分加味したうえで、その問題を検討することで初めて成立するのだ。そしてその長所を知るには、それをよく調べ、知ることである。
私はその考えに基づいて、この本を読むことにした。共産主義とはどのようなものなのか。多くの人間はそれを頭ごなしに否定しているように見えるが、果たしてそのように言われるべきなのか。そうした疑念を解消したかったからだ。
この本では、以上の主義についての正当性を示すために、時代的な検証をもとにブルジョワ階級によるプロレタリア階級への支配という関係が打破されるべきということを中心に科学的追及がなされている。そして徹底的な検証に基づき、共産主義が掲げる諸目標の正当性を記述しており、これらがいい加減な主張ではないことは明らかである。事実私もその考えになるほどと思うことが多々あった。
しかし彼らの主張には、少しやりすぎではないかというのもうかがえる。彼らはブルジョワ階級が封建社会での自身より上位階級を駆逐したように、プロレタリア階級によってその上位関係が崩壊されるべきことを主張しているが、プロレタリア階級はそれでどの位置に君臨するのだろうか。彼らの中で細分化が起きて上位層が誕生しても、それはプロレタリア階級に属しているため、その関係を壊すことは出来ない。つまりこれは独裁政治の示唆をしていると捉えることもできる。独裁は他方ではその集権を利用してイノベーションをもたらしうる存在であるが、しかし人間の持ちうるべき大切なものを奪い取ることにもなる。それは人権と自由であり、彼らはそれをなくしてはまともに生きることはできない。それは人間の家畜への転化であり、彼らは人間ではなくなるのだ。
序文でエンゲルスは、共産党宣言が書かれた当時から随分と経ち、その時代変遷に従って私達の掲げた思想もいくつかは時代遅れになってしまって、この宣言は歴史的文献となっている、と記している。更にその序文の擱筆から百余年過ぎている現代ではどれほど時代錯誤的になっているのかは火を見るよりも明らかであろう。
言い訳がましいが、私はほとんどのことを知らない丁男満たさずの青書生である。つまり私の文章にはあまたの間違いが鏤められているため、この書評をうのみにしてはいけない。ただこの文章を読んだことをきっかけに、このマルクスとエンゲルスの思想に触れ、彼らや私の考えの正しさやおかしさを考え、次いでは自分自身の持つ信条に対する多角的な視点を培ってもらいたい。

この本が入っている本棚

カール・マルクスのあなたが知らない5つの事実!資本論を書いた経済学者とは

カール・マルクスのあなたが知らない5つの事実!資本論を書いた経済学者とは

champonz
champonz