Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
TAS 特別師弟捜査員 (単行本)

TAS 特別師弟捜査員 (単行本)

作者 中山 七里
出版社 集英社
出版日 2018年09月05日

学園一のアイドル・楓が転落死した。事故か、自殺か、事件か。クラスメートの慎也とその従兄弟の刑事・公彦は、真相究明のため、ある場所への潜入捜査を始める──。ノンストップ学園ミステリ!

レビュー

TAS(特別師弟捜査員)ってどんな関係か?読んでいく過程でわかってきたが、
この物語は作者の意図どおり、最後の最後まで犯人が全く推理できなかった。
最後に犯人が解き明かされて何となく納得した。
読中は高校の演劇部で2名が亡くなったという割りに重く感じなかったが、
一日たつとやはり高校生の殺人は結構重い気になった。
(市立図書館所蔵)

主人公の慎也(高校生)と、その従兄弟の葛城公彦(刑事)がタッグを組んで事件を解決する物語。と言っても従兄弟があんまり関わっていないような印象だったかな。中山七里先生にしては、凄くライトなミステリでした。学園ミステリが嫌いな方は、お薦めできないかな。個人的には好きな方なので良かったです。ミステリ以外の要素(演劇部の活動部分)も良かった。でも最近読んだ「能面検事」の方が好きです(;^_^A

この本が入っている本棚