Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
60 誤判対策室 (講談社文庫)

60 誤判対策室 (講談社文庫)

作者 石川 智健
出版社 講談社
出版日 2018年03月15日

老刑事・有馬と、女性検察官・春名、若手弁護士・世良の三名は、「誤判対策室」に配属された。無罪を訴える死刑囚を再調査し、冤罪の可能性を探る組織だ。配属から半年後、有馬は行きつけの飲み屋の女将・綾子から不穏な話を聞く。最近来た二人組の男客が、殺人の犯行を仄めかすような話をしていたというのだ。冤罪事件に関わっているのではないかと有馬は疑い、該当する事件を突き止める。2011年に母親とその子供二人を殺害した罪で、古内博文という男の死刑が裁判員裁判で確定していた。誤判対策室は調査を開始し、綾子が言っていた怪しい二人の内の一人の身元を割り出す。大窪という男が判子詐欺の容疑で捕まったのだ。有馬と世良がその線を調べていくうちに、古内の娘・琴乃が詐欺事件に関わっている可能性が浮かび上がる。しかも、その夫の矢野高虎は、殺人を仄めかしたもう一人の男かもしれないのだ。──迫りくる古内の死刑執行。有馬は警察の取り調べ記録を、春名は検察の証拠品リストを、世良は解剖医の鑑定書を、それぞれ洗い直すとに!

レビュー

基本的にブックオフでは108円本しか買わないが、そうでない本にもかかわらず購入して
読みたかった本である。前半は少々くどくてかったるい展開だったが、ひとつのきっかけで
一気に展開がすすんでいった。誤判対策室とは死刑囚の冤罪をはらす目的で設立されたはずだが、
なんと裏返しの目的があったことに驚いたが、何か納得させられるものがあった。
死刑執行がせまったときの誤判対策室の一人である元捜一の刑事の行動には驚いた。
ただ犯人が二人のうちどちらかははっきりしなかったが、かなり困難と思われた死刑囚の冤罪を
晴らすという目的を果たせたのは織り込み済みかなと思った。
(積読期間:1.5ヶ月)

この本が入っている本棚