Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
古代ギリシャのリアル

古代ギリシャのリアル

作者 藤村 シシン
出版社 実業之日本社
出版日 2015年10月15日

赤紫の海・極彩色の神殿の 真実の古代ギリシャへ!!

青い海、青い空、白亜の神殿、ロマンチックな神話といった、
私たちが日ごろイメージする古代ギリシャとはちょっと違う、
「古代ギリシャのリアル」がわかる一冊。

なぜ古代ギリシャ人は血や涙を「緑色」と表現するのか?
なぜ古代ギリシャの主神ゼウスはあんなに浮気性なのか?
そして「壺絵の落書きにみる同性愛」に至るまで、
ネットやツイッターで大人気の著者が詳細かつ面白く解説。

【オリンポスの神々履歴書】【神話・古代・現代 ギリシャ地図】
【未来・現代・古代 神話時代までのギリシャ年表】【ギリシャ神話、神々の相関図】付き。


【目次】
■第1章 「古代ギリシャ」の復元
●漂白されたギリシャ
コラム(1) なぜ血や涙は「緑色」なのか? 古代ギリシャ人の色彩の世界

●「ギリシャ史」1000年の空白を超えて
コラム(2) パルテノン神殿の七不思議 “百足の宝物殿"から瓦礫の中のモスクへ


■第2章 ギリシャ神話の世界
●ギリシャ神話のリアル
●オリンポス十二神とその履歴書
アポロンの履歴書
コラム(3) アポロンの神託・名(迷)回答集

ゼウスの履歴書
ヘラの履歴書
ポセイドンの履歴書
コラム(4) 古代ギリシャの地震予知と耐震技術

アテナの履歴書
もっと知りたいギリシャ神話の謎 なぜこのレリーフでハブられている人がいるのか

ヘファイストスの履歴書
アレスの履歴書
もっと知りたいギリシャ神話の謎 なぜギリシャの神々はローマに入ると名前だけ変わるのか

アフロディテの履歴書
コラム(5) 愛の女神の恋愛事情

アルテミスの履歴書
ヘルメスの履歴書
デメテルの履歴書
ペルセポネの履歴書
ハデスの履歴書
ヘスティアの履歴書
ディオニュソスの履歴書

●神々の終焉からの世界


■第3章 古代ギリシャ人のメンタリティ
●労働観と人間性
●時間感覚と宗教観
コラム(6) 古代ギリシャの夢占い

●愛と病、そして死と永遠
コラム(7) 『ハレイオス・ポテールと賢者の石』~古代ギリシャ語訳版ハリー・ポッターを読む~

レビュー

本作は正にタイトル通りの作品であるのだが、それは単に内容がというだけでなく、文体とか構成とか装丁も含めてそこを目指したとも言えるだろう。
本作はギリシャ神話の神々の話を中心に、作者なりの「古代ギリシャのリアル」を紹介した作品であるが、要するに「神々しさ」「文明や哲学の出発点」「歴史の重み」といった敷居の高さを取り除いた「生活者としての古代ギリシャ人と社会のリアル」を描くための、砕けた文体であり、キャッチーな表現と構成であり、ポップな装丁を施したとも感じる。
しかしながら当然、示唆に富む重要な指摘もあって、例えば、元々極彩色であった神殿を20世紀に意図的に白色に捏造した事件から「西洋人たちは古代ギリシャを『かくあるべき理想的なルーツ』として漂白した」との指摘などは重要であろう。
(ある種これと同様の指摘は、この後、西洋哲学史に関する木田元の論考で再会することになる。)

<蛇足>
この後「古代地中海世界の歴史:本村凌二、中村るい」→「生物から見た世界:ユクスキュル」→「ハイデガー拾い読み:木田元」と読み進めている。
「古代地中海世界の歴史」→「生物から見た世界」の流れに関しては、相互の関連を意図しなかったのだが、上記の通り、木田元の著作で古代ギリシャの間違ったイメージの指摘に再会した際は、その不思議な繋がりに改めてハッとしたのであった。

さて前回の「地球進化 46億年の物語」のレビューでも白状した通り、自分なりに詳細な感想を作成する熱意が萎えてしまっているため、少なくとも今後しばらくは、レビューのボリュームは作品の面白さと比例しないことは改めて表明しておきます。

この本が入っている本棚

『ギリシャ神話』って意外と面白い!有名な12神たちの物語を簡単に解説!

『ギリシャ神話』って意外と面白い!有名な12神たちの物語を簡単に解説!

阪大地
阪大地