Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
[新版]指導者の帝王学

[新版]指導者の帝王学

作者 山本 七平
出版社 PHP研究所
出版日 2015年03月14日

いかに人を動かし、正しい判断を下すか? リーダーは危機に立つとき、どうあるべきか?
織田信長、上杉鷹山、石田梅岩、渋沢栄一、孟子らの先達の思想と行動から指導者としての見識や経営の要諦を明かす。山本日本学のエッセンスが集約された「リーダー論」の名著、待望の復刊!
【本書の目次より】〈第一章〉織田信長・創造のための破壊 〈第二章〉住友友信・慎重、用心第一の処世訓 〈第三章〉上杉鷹山・すべてを生かす経営革命 〈第四章〉北条泰時・権威なき支配力 〈第五章〉鈴木正三・日本資本主義の精神 〈第六章〉石田梅岩・町人の哲学 〈第七章〉渋沢栄一・産業の総帥としての挑戦 〈第八章〉福沢諭吉・断絶なき思想 〈第九章〉三野村利左衛門・情報収集と組織づくり 〈第十章〉論語・秩序づくりの規範 〈第十一章〉孟子・リーダーの条件と資質 〈第十二章〉貞観政要・人材を見分けるポイント

レビュー

リーダーシップを持つための必要事項が分かりやすく書かれている。

この本が入っている本棚