Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
錆びた滑車 (文春文庫)

錆びた滑車 (文春文庫)

作者 若竹 七海
出版社 文藝春秋
出版日 2018年08月03日

【仕事はできるが不運すぎる女探偵・葉村晶シリーズ最新長編!】

葉村晶は、吉祥寺のミステリ専門書店のアルバイト店員をしながら、本屋の二階を事務所にしている〈白熊探偵社〉の調査員として働いている。
付き合いのある〈東都総合リサーチ〉の桜井からの下請け仕事で、石和梅子という老女を尾行したところ、梅子と木造の古いアパート〈ブルーレイク・フラット〉の住人・青沼ミツエの喧嘩に巻き込まれ、怪我を負ってしまう。
住み慣れた調布市のシェアハウスを建て替えのため引っ越さなくてはならなくなった葉村は、青沼ミツエの申し出で〈ブルーレイク・フラット〉に移り住むことになるが、そこでは思いもかけぬサバイバル生活が待っていた。ミツエの孫・ヒロトと父の光貴は八ヶ月前に交通事故に会い、光貴は死に、生き残ったヒロトも重傷を負った。事故の前後の記憶をなくしたヒロトは、なぜ自分がその場所に父といたのか調べてほしいと晶に頼む。
その数日後、〈ブルーレイク・フラット〉は火事になり、ミツエとヒロトは死んでしまう……。

解説・戸川安宣

前作「静かな炎天」は文庫書き下ろしながら、「このミス」2位とミステリランキングでも好調、「読書芸人」のカズレーザーや、のん(能年玲奈)も絶賛など、話題になりました。

レビュー

この小説いい! 20年以上も続く「葉村晶シリーズ」なのに、この最新作が私にとって初読みなるとは、私の人生において読書にハマったのが去年からなので仕方ないかもしれませんが、もっと早く知りたかったです。報酬に関係なく(身も心もボロボロなっても)純粋に真実が知りたい探偵の生き様、素敵です。このシリーズ最初から全部読みたいと思います。

この本が入っている本棚

「葉村晶」シリーズを全作紹介!これは原作を読まないともったいない!読む順番も紹介

「葉村晶」シリーズを全作紹介!これは原作を読まないともったいない!読む順番も紹介

藤堂しま
藤堂しま