Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
ぼく東綺譚 (新潮文庫)

ぼく東綺譚 (新潮文庫)

作者 永井 荷風
出版社 新潮社
出版日 1951年12月27日

2019年、「永井荷風」生誕140年、没後60年!

愛の枯れる街で出会った、作家と娼婦、ふたり。
私娼街・玉の井を舞台に描く、社会諷刺に満ちた荷風の最高傑作。

小説「失踪」の構想をねりつつ私娼街玉の井へ調査を兼ねて通っていた大江匡は、娼婦お雪となじむ。彼女の姿に江戸の名残りを感じながら。
――二人の交情と別離を随筆風に展開し、その中に滅びゆく東京の風俗への愛着と四季の推移とを、詩人としての資質を十分に発揮して描いた作品。日華事変勃発直前の重苦しい世相への批判や辛辣な諷刺も卓抜で、荷風の復活を決定づけた名作。
注解・年譜付き

本書「解説」より
『濹東綺譚』は荷風の代表作であり、中村光夫氏は、この小説を、「彼の白鳥の歌といってよい作品で、彼の資質、教養、趣味など、いわば精神の姿態が渾然たる表現に達しています」と、その『人と文学』で評しているが、荷風の文学者としての特色を十全に発揮した集大成的な抒情小説の名作である。
―-秋庭太郎(演劇史研究家)

永井荷風(1879-1959)
東京生れ。高商付属外国語学校清語科中退。広津柳浪・福地源一郎に弟子入りし、ゾラに心酔して『地獄の花』などを著す。1903年より1908年まで外遊。帰国して『あめりか物語』『ふらんす物語』(発・禁)を発表し、文名を高める。1910年、慶応大学教授となり「三田文学」を創刊。その一方、花柳界に入りびたって『腕くらべ』『つゆのあとさき』『濹東綺譚』などを著す。1952年、文化勲章受章。1917年から没年までの日記『断腸亭日乗』がある。


この本が入っている本棚