Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
憲法問答

憲法問答

作者 橋下徹
出版社 徳間書店
出版日 2018年10月20日

憲法改正に関する議論は、これから国民単位で語られる重要なテーマ。
ほかにも君が代問題、死刑制度の是非など、
法にまつわる課題は山積している――。
前大阪市長の橋下徹と、憲法学者の木村草太が繰り広げる「憲法問答」から、
この国のあるべき姿、国際社会との協調においていかなる道を
歩むべきなのかが浮かび上がってくる。

10時間以上に及ぶ対談で白熱した議論は、
対立構造や二元論を超えた、深みある“憲法論"となった。

憲法を拠り所に権力行使の方法を模索した首長時代の橋下徹。
政治家時代、権力者を縛ることができる憲法の力を実感したという。

憲法学者として高い発信力を備える木村草太。
「究極の権力者とは国民一人ひとり」だと語る。

互いに考えや意見の異なる部分はあるが、法律家として共鳴し合う部分は多い。

異なる立場の相手と語り合うことで、相互理解を深め
現実と悩みながら、理想論を超えた議論に発展する。

「改憲」「護憲」という二者択一でなく、
多様な考え方を認め合い、議論することの重要性。

この国をよりよくしたいと願う、すべての日本人必読の一冊!


【目次】

まえがき/木村草太

序章/対談後、アフタートーク

第1章/憲法に何を書いてはいけないのか
・政治家は憲法を読んでいない?
・憲法は国に対する義務規定
・「法律婚尊重」の不平等性
・間接適用説を知らない国会議員

第2章/本当の「立憲」の話をしよう
・権力の縛り方
・立憲とは憲法を拠り所にすること
・「法の支配」とは
・最高裁人事を内閣が選ぶのは政治介入?
・教科書採択とルール
・文楽発言の真意
・ダメなやつを辞めさせるのが民主主義

第3章/地方と憲法
・大阪都構想での住民投票
・辺野古移設問題と憲法
・解決のカギは手続法

第4章/9条との対話1─「当てはめ」か「解釈」か
・あまりにも憲法ありき?
・自衛権の定義とは?
・サイバー攻撃と新しいルール作り
・72年見解は「遺産」なのか?

第5章/9条との対話2─「軍」なのか「行政」か
・日本には軍の規則がない?
・どうなる、集団的自衛権
・自民党の改憲案について考える

第6章/「 護憲」「改憲」の二元論を超えて
・実は根拠のない内閣の解散権
・憲法裁判所の必要性
・国民に付すべきか、付さぬべきか
・「鍵」として機能する憲法
・憲法は権力を動かすか

あとがき/橋下徹

レビュー

実際に政治の世界で活躍してきた橋下徹氏と憲法学者の木村草太氏による対談形式の一冊。
互いの意見の共通点・相違点がありながらも「国民のための憲法」というコア部分は同じであるように見える。
具体的な事例も取り上げつつ、両者が憲法を通して政治家に何を求め、期待しているのかわかる本であった。
多少深い議論がなされる場面もあり、読みごたえは非常にあった。

この本が入っている本棚