Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
婦好戦記―最強の女将軍と最弱の巫女軍師― 一 (ヒストリアノベルズ)

婦好戦記―最強の女将軍と最弱の巫女軍師― 一 (ヒストリアノベルズ)

作者 佳穂一二三
出版社 宙出版
出版日 2020年02月15日

はるか三千年の昔、中国に実在した神秘の王朝・殷。
その国には、王妃でありながら軍勢を率い、国境で異民族と交戦した
婦好という最強の女将軍がいた。
非力な14歳の箱入り娘サクは、ひょんなことから
婦好さまのもとで戦うことになってしまう!?
彼女のもつ力は、父譲りの占いと知識、
そして毎回どうにかふりしぼる知恵だけ―――
ところが、そんなサクが意外な才能を発揮して…!?

二つの才が出逢う時、中華にかつてない衝撃が走る!!
乙女たちが奏でる古代中国歴史ファンタジー、ここに開花!!

レビュー

ライトノベルなのに渋い選出! 本格歴史小説をライトに楽しめる<ヒストリアノベルズ>

ライトノベルなのに渋い選出! 本格歴史小説をライトに楽しめる<ヒストリアノベルズ>

マイナー歴史好き
Img default user e72a283a38875e33235257163734f72663a8798a38a40e6ac7b53c09519adedc

<美しき女性の鎧姿、か弱き乙女の軍略記>

なんとも不思議な歴史小説である。
これはライトノベルである。
確かに文体は読みやすすぎるほどにライト。
歴史知識がゼロでも読めるため、小学校高学年から中学生ほどでも読破は容易であろう。

しかしなぜか重厚感がある。
その理由は作者の持つ歴史的な知識の引き出し。
そして戦場の描写の楽しさと
文字を巡る物語の深さが面白い。

この作品は殷という時代性を、
少女の視点から噛み砕いて
現代人に提示したものである。
読後は殷という時代を生きる少女たちや、
文字の誕生といったことに思いを馳せることになる。

おそらく作者は文章を凝ろうと思えば文学的に書くこともできるであろう。
その点を可読性をとり、物語を牽引している。

ライトノベルという枠に収めておくのが惜しい作品である。

なにせ扱う題材が、渋い。渋い。渋い!

1.マイナーな殷代の女性軍事家・政治家の「婦好」を主人公にしていること。
2.女性のみの軍を、女性の指導者と少女の軍師が指揮する軍記モノでもあること。
3.漢字の誕生秘話に触れること。

いままでに似た作品が思いつかず(女性版の『キングダム』・時代的には『沈黙の王』か)、
オリジナリティがある。

しかし出版社も小さく主題となる人物もマイナーなため、この作品をみつけるのはなかなか難しい。

わたしも書店のライトノベルコーナーの隅で見つけたくらいだ。

ゆえに、この記事をみつけて読んでいるあなたもかなりレアな存在だ。

いままでに読んだことのない歴史小説・中華ファンタジーが読みたいというかたに特におすすめしたい。

この本が入っている本棚

ライトノベルなのに渋い選出! 本格歴史小説をライトに楽しめる<ヒストリアノベルズ>

ライトノベルなのに渋い選出! 本格歴史小説をライトに楽しめる<ヒストリアノベルズ>

マイナー歴史好き
Img default user e72a283a38875e33235257163734f72663a8798a38a40e6ac7b53c09519adedc