Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
世界は感情で動く (行動経済学からみる脳のトラップ)

世界は感情で動く (行動経済学からみる脳のトラップ)

作者 マッテオ・モッテルリーニ
出版社 紀伊國屋書店
出版日 2009年01月21日

世の中すべて「直感」からはじまる!銀行の倒産、株価暴落、不動産市場の動向、大統領選挙、イラク戦争、医者の診断、裁判の判決、人事考課、性格診断、宝くじの当選・・・えっ! こんなことも?豊富なエピソードで一気に読める「脳の罠(トラップ)」回避法人は直感が大好き。理屈で考えるより先に無意識に行動する。それは集団をも巻き込み、国家や企業の命運や人命に関わる重大な決断や判断さえも左右するのだ。最新の行動経済学は神経経済学の成果もとりいれて、人の認知のみならず判断や行動に見られる心のバイアスを明らかにしてきたが、この脳が仕掛ける「トラップ」を理解し、自分の錯覚と他人の策略から身を守る方法を提示する。判断のうらに潜む「脳の罠(トラップ)」を知ろう予言どおり銀行が倒産した →指紋やDNAは確実な証拠だ →あの記憶は実際には「なかった」→「イエスマン」だといわれる →高いワインがおいしい →「占い」はよく当たる →◆行動経済学から神経経済学へダニエル・カーネマン(1934- )とエイモス・トヴェルスキー(1937-1996)は、1970年代後半から80年代前半にかけて、多数の実験をもとに、現実の人間が不確実性のもとでは必ずしも合理的な意思決定をせず、伝統的な経済学の理論から「ある規則」によって外れることを実証、「期待効用理論」に替わる理論として「プロスペクト理論」(prospect theory:リスクを伴う決定がどのように行われるかについての理論)を提唱した。利益と損失に対して人間がどう反応し、判断するかという研究は、株式市場における投資家の心理分析や、行動ファイナンス理論の基礎を築き、これが「行動経済学」という新しい経済学の生まれる契機となった。カーネマンは、2002年に「心理学的研究を経済学に導入した業績」でノーベル経済学賞を受賞した。近年、脳科学の進歩にともない、fMRI(functional Magnetic Resonance Imaging:機能的磁気共鳴画像)装置を使うことにより、活動している人間の脳内のどこの部分が活発に動いているかが読めるようになったため、経済行動についても脳科学の知見から分析が可能となり、さらに新しい「神経経済学」という分野が生まれている。

早川浩」さんのレビュー
まだレビューはありません

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
善意で貧困はなくせるのか?―― 貧乏人の行動経済学
ディーン・カーラン ジェイコブ・アペル

この本が入っている本棚

行動経済学に興味を持った人におくる10冊+αのリスト

行動経済学に興味を持った人におくる10冊+αのリスト

早川浩
Img default user e72a283a38875e33235257163734f72663a8798a38a40e6ac7b53c09519adedc

この本棚を作ったひと

早川浩

関連本棚

バリバリ働くビジネスマンからおすすめされたビジネス本

バリバリ働くビジネスマンからおすすめされたビジネス本

yumi
Img default user e72a283a38875e33235257163734f72663a8798a38a40e6ac7b53c09519adedc