Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
ずる―嘘とごまかしの行動経済学

ずる―嘘とごまかしの行動経済学

作者 ダン アリエリー
出版社 早川書房
出版日 2012年12月07日

**『予想どおりに不合理』著者最新作** ・ばれる確率が低くなっても、ごまかしは増えない? ・共同で仕事をすると、不正が増える? ・偽ブランドを身につけると、ずるしやすくなる? たいていの人は、不正をするのは一握りの極悪人だけで、自分は正直者だと思っている。しかし本当は、だれもがちょっとした「ずる」をしたり、嘘をついたりする。そしてその小さなごまかしが大きな不正につながることも。だったら、そのしくみを解明して、不正を減らす方法を探すべきなのでは? この難問に行動経済学研究の第一人者ダン・アリエリー教授がとりくんで、不正にまつわる一見意外なさまざまな事実を見出した。たとえば、創造性の高い人ほどずるしやすいし、不正請求は書類の署名の位置を変えるだけで減らすことができるのだ。 ビジネスや政治の場にごまかしを持ちこませず、プライベートでも嘘のない関係を作るためのヒント満載。わかりやすい実例といくつもの実験で、不正と意思決定の秘密を解き明かす! 松原隆一郎氏(東京大学教授)推薦! 「悪いことをさせないためには情報の公開と厳重な罰則を科せばよい……という通念が覆される、スリリングでユーモラスな実験の数々。ストレスの多い日にはダイエットや禁煙をやめてしまうのはなぜだろう? “ずる"心理の謎を解き明かす筆致に引き込まれる」

早川浩」さんのレビュー
まだレビューはありません

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
善意で貧困はなくせるのか?―― 貧乏人の行動経済学
ディーン・カーラン ジェイコブ・アペル
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
世界は感情で動く (行動経済学からみる脳のトラップ)
マッテオ・モッテルリーニ

この本が入っている本棚

行動経済学に興味を持った人におくる10冊+αのリスト

行動経済学に興味を持った人におくる10冊+αのリスト

早川浩
Img default user e72a283a38875e33235257163734f72663a8798a38a40e6ac7b53c09519adedc

この本棚を作ったひと

早川浩

関連本棚

関連する本棚は見つかりませんでした