Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Close c98027c4223445b9a8be9fb98179729b646d8e352c287e47e874e21882b901df
リクエスト本棚
リクエストの応え方を説明します。
本棚に本を追加する
このボタンから本棚に本を追加することができます。
リクエストにぴったりな本を選んであげましょう。
必要であれば、さらに本をいくつでも追加することができます。
本棚のタイトルと説明文を変更しましょう
はじめは、リクエストされた「タイトル」と「説明文」がそのままの形で書かれています。
あなたの選ぶ本に合わせて、オリジナルのタイトルと説明文に変更しましょう。

「なぜこれらの本を選んだのか」や「これらの本の読みどころ」など、
おすすめポイントを説明してあげるといいかもしれません。
タイトルや説明文を編集する
本棚のタイトルや説明文は、このボタンから変更できます。
また、本棚を彩るためのアイコンや背景画像もお好みでカスタマイズできます。
ぜひ、あなたのおススメが詰まったオリジナルな本棚をつくって、
リクエストに応えてみてください。
リクエスト本棚の公開
リクエストのために本棚を新たに作成した場合、はじめは「非公開」状態になっています。
本棚が完成したら、このボタンで本棚を「公開」してください。
この「公開」によって、リクエストへの応えが完了します!
リクエスト回答本棚
この本棚は、誰かの本棚リクエストに応えた本棚です。
リクエスト回答本棚
このマークが、リクエスト回答本棚の目印です。
リクエストの内容
どんなリクエストに応えたのかは、「コメント」ボタンから確認できます。
Stamp default shelf

生死を巡るものがたり

わたしたちは、普段から常々、死と隣り合わせに生きているのだと思います。とても小さい頃、宇宙について想像を巡らせるのとほとんど同じ様に、人が死ぬっていうことについて漠然と考えたりしては不思議な気持ちになったりしたものです。今回は生死をめぐる物語の本を5冊、紹介します。


1 お気に入り

0 コメント

8063 閲覧

Tags
Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
この本棚のストーリー
生死を巡るものがたり 生死を巡るものがたり
わたしたちは、普段から常々、死と隣り合わせに生きているのだと思います。とても小さい頃、宇宙について想像を巡らせるのとほとん...
目次
  • 死んでいったひとりの若い女...
    ひとりの若い女性が死にました。この娘とはほとんど他人のよう...
  • 猫鳴り
    “胎内の生と死とがあまりにも強く触れ合う暗がり”(本文より...
  • うたかた/サンクチュアリ
    物語冒頭、旦那と子供を亡くしたばかりの馨と、恋人を自殺で亡...
  • 西の魔女が死んだ
    人は死んだらどうなるんだろう。こんな疑問に誰だってきっと一...
  • こころ
    「私」が、夏休みに来ていた鎌倉由比ヶ浜で「先生」に出会い、...
この本棚を作ったひと
ハッカドロップス
愛知県春日井市出身 。大学に進学したものの、在学中に音楽の道を目指し、上京。音楽系の会社でデスクとしてアルバイトをしながら、楽曲制作などを手伝う日々を送る。そんな中、制作現場でプロデューサー・多保孝一氏と出会い、意気投合。ソロプロジェクト、ハッカドロ...