Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

作者 松尾 茂起
出版社 エムディエヌコーポレーション
出版日 2015年01月30日

------------------------------------------ Webマーケティングの実用入門書! 人気コンテンツに解説記事を加えて書籍化 ----------------------------------------- 数多のWebサイトを救ってきた 伝説のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、 Webマーケティングの基本や考え方を学ぶ実用入門書。 本書は、Web上で連載され大人気を博したコンテンツの書籍化企画です。 連載ストーリー全9話に、 本書の書き下ろしとなる本編ストーリーのエピローグと Webマーケティングの基本解説を加えています。 解説記事ではSEOの現在の潮流をはじめ、Googleウェブマスターツールの活用術、 Twitterをはじめとしたソーシャルメディアの効果的な運用法、 コンテンツマーケティングの極意など、 Webマーケッターが必ず押さえておくべき事柄をわかりやすく説明しています。 ストーリーを読み、解説記事を通じて理解を深めることで、 Webマーケティング施策の「基本と本質」を身につけることができます。 【ストーリー紹介】 ヒロイン・松岡めぐみの父親が経営するオーダー家具の販売会社「マツオカ」。 そのWebサイトは、ある理由から検索結果の表示順位が急激に低下する。 マツオカの売り上げは激減し経営危機に瀕したとき、 めぐみの前に謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が現れる。 【ストーリー目次】 EPISODE 01 夜明けのSEOペナルティ解除 EPISODE 02 偽りと本質のWebデザイン EPISODE 03 Webライティングは二度輝く EPISODE 04 逆襲のSWOT分析 EPISODE 05 コンテンツSEOの誘惑 EPISODE 06 コンテンツマーケティング攻防戦 EPISODE 07 真実のソーシャルメディア運用 EPISODE 08 G戦場のレンタルサーバー EPISODE 09 さらばボーン! 沈黙の彼方に! 炎の中の真実 〜EPILOGUE〜 【解説記事目次】 ○現在のSEOの潮流を押さえる ○ガイドラインを順守したサイトづくり ○人工リンクのペナルティを解除する ○Webデザインの本質は“言葉” ○セールスレターで気持ちに訴えかける! ○マイナスをプラスに転換する! ○人間心理に響くコンテンツを作れ! ○感情を動かすコンテンツを作る! ○ソーシャルメディアに露出起点を! ○503エラーは重大な機会損失!

KONDO Shunsuke」さんのレビュー
まだレビューはありません

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り
宗像 淳, 亀山 將
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート 日々の更新に使えるネタの考え方と書き方
敷田 憲司
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方
バズ部
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方
安川 洋 江沢 真紀 村山 佑介

この本が入っている本棚

この本棚を作ったひと

KONDO Shunsuke

関連本棚