Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
クライマーズ・ハイ (文春文庫)

クライマーズ・ハイ (文春文庫)

作者 横山 秀夫
出版社 文藝春秋
出版日 情報なし

   硬派の警察小説や社会派ミステリーの分野で当代一の横山秀夫が、上毛新聞記者時代に遭遇した御巣鷹山日航機墜落事故取材の体験を、本格長編小説にまとめ上げた。常に新しい手法を模索し手抜きを知らない著者の、会心の力作だ。    組織と個人の軋轢、追う者と追われる者の駆け引きなどを緻密な筆でつづり、水際立った展開で読み手を引きこむのが横山の持ち味である。しかし本作では、あえてその筆の巧みさに自ら縛りをかけ、実体験をベースに抑制の効いた渋い群像小説となった。トリッキーな仕掛けや、えっ、と声が出そうなスリリングな結末、といったものはない。練りに練ってこれ以上は足し引き不可能な研ぎ澄まされた文章で、未曾有(みぞう)の大事故に決然と立ち向かい、あるいは奔流を前に立ちすくむ人間を描いている。    地方新聞の一筋縄ではゆかない、面妖と言っても過言でない人間関係、ひりひりした緊張感。おそらく横山自身が体験したのであろう新聞社の内幕はリアルで、読み止めを許さない。過去に部下の新人がなかば自殺の事故死を遂げた負い目をもつ主人公は40歳の遊軍記者だ。大惨事の現場にいち早く到着し、人間性のどこかが壊れてしまった26歳の若手記者や、現場雑感の署名記事をつまらぬ社内の覇権争いでつぶされる33歳の中堅記者、「下りるために登るんさ」と謎の言葉を残して植物状態になった登山家の同僚――どの登場人物も、著者の一部であり、また思い通りにゆかない人生を懸命に生きる、すべての人間の一部でもある。    本作は、普通に捉えれば著者の新境地だろう。しかし、これはむしろ横山が元々、奥深くに抱いていたものではないか。著者は本書を上梓することで、自身も過去に決着をつけようとしている印象を強く受ける。やや明る過ぎて物足りない感のある結末も、聖と俗を併せ持つ人間にもっと光を当てたい、救いたいという願いであり、そしてなにより著者自身が本作を支えに新たな一歩を踏み出すためのものだろう。また、そうであってほしい(坂本成子)
--このテキストは、

単行本
版に関連付けられています。

ミホイチ」さんのレビュー
クライマーズ・ハイ
恐怖心が極限に達した先にある快感。

信念と共に走り抜ける毎日はさぞかし気持ちいいんだろうな。
こんな風に仕事がしたいって渇望する自分に気づいて、
衝立岩に登り切ったみたいに、視界が開けた気がする。

読み終わるのが惜しかった。とにかく面白くて。

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147

レビュー

誰だって自分の中の何かを、光を見つけてほしい。認めてほしい。 そんなこと言ってられないって分かっている、現実。 けど信じたい信じていないといけない気がする、希望。 そのぐちゃぐちゃがそこかしこに散らばる就活。 時代は変わっても変わらない本質を見ました。 知れ過ぎてしまう便...

この本が入っている本棚

この本棚を作ったひと

ミホイチ

1984生まれ/某メーカーに約9年勤務/現在は主婦業しつつインタビュー業しつつライティング勉強中/TSUTAYAぶらぶら・飲ミュニケーション・恋バナが至福の時/モヤモヤしたものを「そう!それ!」化してくれる本が大好物

関連本棚

なんでそんなにかわいいの?! 石原さとみ出演作品

なんでそんなにかわいいの?! 石原さとみ出演作品

ティコ
Img default user e72a283a38875e33235257163734f72663a8798a38a40e6ac7b53c09519adedc
これだけは読んでおきたい横山秀夫おすすめランキングベスト6!

これだけは読んでおきたい横山秀夫おすすめランキングベスト6!

大野和利
大野和利