Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Close c98027c4223445b9a8be9fb98179729b646d8e352c287e47e874e21882b901df
リクエスト本棚
リクエストの応え方を説明します。
本棚に本を追加する
このボタンから本棚に本を追加することができます。
リクエストにぴったりな本を選んであげましょう。
必要であれば、さらに本をいくつでも追加することができます。
本棚のタイトルと説明文を変更しましょう
はじめは、リクエストされた「タイトル」と「説明文」がそのままの形で書かれています。
あなたの選ぶ本に合わせて、オリジナルのタイトルと説明文に変更しましょう。

「なぜこれらの本を選んだのか」や「これらの本の読みどころ」など、
おすすめポイントを説明してあげるといいかもしれません。
タイトルや説明文を編集する
本棚のタイトルや説明文は、このボタンから変更できます。
また、本棚を彩るためのアイコンや背景画像もお好みでカスタマイズできます。
ぜひ、あなたのおススメが詰まったオリジナルな本棚をつくって、
リクエストに応えてみてください。
リクエスト本棚の公開
リクエストのために本棚を新たに作成した場合、はじめは「非公開」状態になっています。
本棚が完成したら、このボタンで本棚を「公開」してください。
この「公開」によって、リクエストへの応えが完了します!
リクエスト回答本棚
この本棚は、誰かの本棚リクエストに応えた本棚です。
リクエスト回答本棚
このマークが、リクエスト回答本棚の目印です。
リクエストの内容
どんなリクエストに応えたのかは、「コメント」ボタンから確認できます。
Stamp default shelf

太宰治の初心者向けオススメ文庫作品15選!代表作『人間失格』など

「恥の多い生涯を送って来ました」太宰治『人間失格』の一節です。読書が苦手だった私が不思議なくらいスラスラ読めた、太宰の独創的な表現スタイル。今回は、心がぐらりと動いた15作品をご紹介します。


3 お気に入り

0 コメント

47626 閲覧

Tags
Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
この本棚のストーリー
太宰治の初心者向けオススメ文庫作品15選!代表作『人間失格』など 太宰治の初心者向けオススメ文庫作品15選!代表作『人間失格』など
「恥の多い生涯を送って来ました」太宰治『人間失格』の一節です。読書が苦手だった私が不思議なくらいスラスラ読めた、太宰の独創...
目次
  • 太宰治ってどんな人?
    太宰治は明治42年(1909年)6月19日、青森県北津軽郡...
  • 太宰治の最上級短編『アスピ...
    <p>本作は新約聖書のパロディで、イエスを売った裏切り者の...
  • 献身と独占のボーダーライン...
    作品は、妻「私」が夫に宛てる別れの手紙が主体となっています...
  • 女子生徒の妄想が、止まらな...
    この作品、所々で「私」の妄想スイッチがON!になるところが...
  • 美しい文章なのに、なぜだか...
    こんな場面があります。井伏鱒二氏と山登りをする時に、井伏氏...
  • むなしいけれど共感できる、...
    第一の手記に、私が思わずドキッとしてしまった場面があります...
  • ひたむきに生きる女性の美し...
    もう一つ注目したいのが、物語の終盤に登場する「革命」という...
  • 大人になってからわかる、真...
    メロスはまじめで信頼を裏切らない男ですが、やはり妹や妹婿に...
  • 時代を問わない青春小説『パ...
    この『パンドラの匣』と一緒に収載されている『正義と微笑』で...
  • 平凡でユーモラスな日常の中...
    新潮文庫の『ろまん燈籠』には、ある女生徒の一日を描いた『女...
  • 昔話の中の不条理『お伽草紙』
    この作品で題材になった物語は、どれも不条理な結末を迎えるも...
  • 太宰治の遺作『グッド・バイ』
    先にお伝えしておきたいのがこの物語は完結していません。描き...
  • 太宰治の命を懸けた一作『晩年』
    <p>そんな話を聞くと、どんなに重苦しい短編集なのかと思う...
  • 太宰治の郷土愛『津軽』
    <p>東京と比較して東北の風習は洗練されていないと言う一方...
  • 太宰治と犬『畜犬談 ―伊馬...
    <p>人の顔色を見て態度を変える犬に卑屈な自分自身の姿を見...
  • 不思議な太宰治ワールドに触...
    『ヴィヨンの妻』はある夫婦の物語を妻が語る形で進んでいきま...