Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
ドリルを売るには穴を売れ

ドリルを売るには穴を売れ

作者 佐藤 義典
出版社 青春出版社
出版日 2006年12月23日

「何か良いマーケティングの基本書、教科書はありませんか?」マーケティングコンサルタントという職業柄、このような質問を非常によく受けるものの、いつも答えに困ってしまいます。理論を網羅的に説明する教科書は、コトラー氏の本など数多くあり、実戦例を多くとりあげているわかりやすい本もあります。しかし、基本的な理論を、体系的かつ実戦的にわかりやすく説明した本は見あたりません。それならばと自分で書いてしまったのがこの本です。マーケティングを本質的かつ体系的に理解できる、「とっても読みやすい教科書」になっています。どのマーケティング本も、セグメンテーションや4Pなどを別々の理論として説明していますが、そうすると「わかったようでわからない」ということになりかねません。そうではなく、標題の「ドリルを売るなら穴を売れ」(モノではなく価値を売れ)という考え方のもとで体系的に説明されれば、「なあんだ、そんなことか」と思うくらいにわかりやすくなります。基本はそれだけで十分。しかも、イタリアンレストランの再生という身近なテーマの小説編が各章を補強しているので、さらにわかりやすく楽しく理解が促進されます。この小説編を読むだけでも、自然にマーケティングの基本的な考え方が身体に染みこむでしょう。本書で「マーケティング・エンターテインメント」を楽しんでください!

Risa.wthk」さんのレビュー
【序章】
マーケティングは身の回りで起こっている

【第1章】ベネフィット
マーケティングとは顧客への価値提供に関連するすべてのことを意味する
機能的ベネフィット・情緒的ベネフィット


【第2章】セグメンテーション・ターゲット
絞らなければ誰にも売れない

【第3章】差別化
自分の欲求を満たせれば業界はどうでもよい

【第4章】4P
プロダクトプロモーションプレイスプライス
顧客に価値を提供するための手段、価値を現実化すること

【第5章】
ベネフィット、セグメンテーション・ターゲット、差別化、4Pが一貫しているのがいいマーケティング。

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147

レビュー

◆要約 最初に本当に解くべきイシューを見極め、イシューをサブイシューに分解して、それをもとにストーリーラインづくりをして、絵コンテづくり(分析イメージのデザイン)をして実行し、答えを出す。 ◇序章 脱「犬の道」 ・一心不乱に大量の仕事をしてバリューを上げようとしてもムダ。 ...
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
松尾 茂起

この本が入っている本棚

この本棚を作ったひと

Risa.wthk

関連本棚