Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Close c98027c4223445b9a8be9fb98179729b646d8e352c287e47e874e21882b901df
リクエスト本棚
リクエストの応え方を説明します。
本棚に本を追加する
このボタンから本棚に本を追加することができます。
リクエストにぴったりな本を選んであげましょう。
必要であれば、さらに本をいくつでも追加することができます。
本棚のタイトルと説明文を変更しましょう
はじめは、リクエストされた「タイトル」と「説明文」がそのままの形で書かれています。
あなたの選ぶ本に合わせて、オリジナルのタイトルと説明文に変更しましょう。

「なぜこれらの本を選んだのか」や「これらの本の読みどころ」など、
おすすめポイントを説明してあげるといいかもしれません。
タイトルや説明文を編集する
本棚のタイトルや説明文は、このボタンから変更できます。
また、本棚を彩るためのアイコンや背景画像もお好みでカスタマイズできます。
ぜひ、あなたのおススメが詰まったオリジナルな本棚をつくって、
リクエストに応えてみてください。
リクエスト本棚の公開
リクエストのために本棚を新たに作成した場合、はじめは「非公開」状態になっています。
本棚が完成したら、このボタンで本棚を「公開」してください。
この「公開」によって、リクエストへの応えが完了します!
リクエスト回答本棚
この本棚は、誰かの本棚リクエストに応えた本棚です。
リクエスト回答本棚
このマークが、リクエスト回答本棚の目印です。
リクエストの内容
どんなリクエストに応えたのかは、「コメント」ボタンから確認できます。
Stamp default shelf

重松清のおすすめ文庫ランキングベスト15!中学生に読んでほしい!

分かりやすく軽快ながらも、その中身は人間愛と優しさに満たされている-そんな重松清の作品。幅広い年代の人から支持され、同年代の作品を多く扱っていることから小中学生からも強い支持を集めています。今回は中学生にぜひ読んでほしい15冊をランキング形式でご紹介いたします。


3 お気に入り

0 コメント

135438 閲覧

Tags
Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
この本棚のストーリー
重松清のおすすめ文庫ランキングベスト15!中学生に読んでほしい! 重松清のおすすめ文庫ランキングベスト15!中学生に読んでほしい!
分かりやすく軽快ながらも、その中身は人間愛と優しさに満たされている-そんな重松清の作品。幅広い年代の人から支持され、同年代...
目次
  • 家族をテーマに多く小説を書...
    重松清は1963年、岡山県生まれの小説家です。大学卒業後出...
  • 15位:あなたたちは今、幸...
    <br>子どもの頃、よく夢みたものです。「大人になったら…...
  • 14位:重松清が描く「いじめ」
    <p>表題作「ナイフ」では、父も自身がびくびくしていた中学...
  • 13位:直木賞受賞作!家族...
    <br>この小説を読んでいる読者に迫るリアル感。これは、ど...
  • 12位:親という立場になっ...
    <br>この小説に描かれていることは、どの家庭にも言えるか...
  • 11位:重松清の応援歌
    <br><p>暇を持て余している山崎さんは毎日日課の朝の散...
  • 10位:重松清が描く14歳
    <br>14歳の中学生は子どもの終わりでもあるし、大人の始...
  • 9位:重松清による小学校時...
    <p>マコトと出会ったばかりのツヨシは、低学年の子が上級生...
  • 8位:重松清が描く『卒業』
    <br><p>課長代理である渡辺の会社に、突然、「亜弥」が...
  • 7位:重松清の感動長編
    <p>それぞれの再会を経て、四人は再び北都の『カシオペアの...
  • 6位:父親と息子の、感涙の物語
    <br>不器用でも、息子のことを第一に考えているヤス。しか...
  • 5位:重松清の自伝的な要素...
    <br>ある聖夜、きよしは「きよしこ」という不思議な存在に...
  • 4位:あの頃に戻れたら……
    <br>家族をテーマにした物語のように思えますが、母親はあ...
  • 3位:あなたの「その日」の...
    <br>誰にもいつかは訪れる「死」という、現世との別れ。そ...
  • 2位:本当のともだちとは?
    <br>SNSで簡単に「友達」を作ることはできますが、その...
  • 1位:重松清史上最も泣ける...
    <br>表題の「青い鳥」は4話目、いじめに関するお話です。...
この本棚を作ったひと
神山利光
高校くらいから本をちゃんと読み始めた大学生。できることならこの世のすべての本を読みたい。もっと早くからたくさんの本を読んでおけばよかったと後悔しながら、学生のうちに可能な限り読んでおこうと乱読する日々を送っている。