Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
椿山課長の七日間 (朝日文庫)

椿山課長の七日間 (朝日文庫)

作者 浅田 次郎
出版社 朝日新聞社
出版日 2005年09月15日

   激務がたたり脳溢血で突然死したデパートの中年課長が、たった7日間の期限つきで現世に舞い戻ってくる。ただしみずからの正体を明かすことは許されず、39歳の独身美女の姿を借りているため、行く先々で珍騒動が巻き起こる。家族に、仕事に、やり残したことをやり遂げ、主人公は無事成仏できるのか。行動をともにするやくざの組長と小学生のストーリーをからめつつ描かれる、ハートウォーミングな「死者の自分探し」の物語である。    もともと新聞連載小説だけに、随所に泣き笑いのつぼが設定されており、著者独特の歯切れのいい文体ともあいまってたちまち引き込まれる。脇役の一人ひとりまで丁寧にキャラクター設定された「優しい人」「いい人」たちによるファンタジーは、まさに浅田節の真骨頂だ。おまけに中年の純情恋愛までが織り込まれ、山あり谷ありで読者を飽きさせない。やや意外なラストシーンはほろ苦くも温かい味わいを残す。    美しい女性の肢体をわがものにした主人公の行動のおかしみ、間抜けな死に方をしたやくざのべらんめえ口調の説教節など、著者ならではのディテール描写、懐かしくも美しい日本語の世界などは、本筋をはなれても楽しめる。死をめぐり、家族間、世代間で感想を述べ合うきっかけとしても好適のエンターテイメントといえよう。(松田尚之)
--このテキストは、

単行本
版に関連付けられています。

神山利光」さんのレビュー
まだレビューはありません

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...

この本が入っている本棚

泣ける感動のおすすめ小説36選!本当に面白い定番や名作を文庫本で。

泣ける感動のおすすめ小説36選!本当に面白い定番や名作を文庫本で。

神山利光
神山利光

この本棚を作ったひと

神山利光

高校くらいから本をちゃんと読み始めた大学生。できることならこの世のすべての本を読みたい。もっと早くからたくさんの本を読んでおけばよかったと後悔しながら、学生のうちに可能な限り読んでおこうと乱読する日々を送っている。

関連本棚

なんでそんなにかわいいの?! 石原さとみ出演作品

なんでそんなにかわいいの?! 石原さとみ出演作品

ティコ
Img default user e72a283a38875e33235257163734f72663a8798a38a40e6ac7b53c09519adedc