Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Close c98027c4223445b9a8be9fb98179729b646d8e352c287e47e874e21882b901df
リクエスト本棚
リクエストの応え方を説明します。
本棚に本を追加する
このボタンから本棚に本を追加することができます。
リクエストにぴったりな本を選んであげましょう。
必要であれば、さらに本をいくつでも追加することができます。
本棚のタイトルと説明文を変更しましょう
はじめは、リクエストされた「タイトル」と「説明文」がそのままの形で書かれています。
あなたの選ぶ本に合わせて、オリジナルのタイトルと説明文に変更しましょう。

「なぜこれらの本を選んだのか」や「これらの本の読みどころ」など、
おすすめポイントを説明してあげるといいかもしれません。
タイトルや説明文を編集する
本棚のタイトルや説明文は、このボタンから変更できます。
また、本棚を彩るためのアイコンや背景画像もお好みでカスタマイズできます。
ぜひ、あなたのおススメが詰まったオリジナルな本棚をつくって、
リクエストに応えてみてください。
リクエスト本棚の公開
リクエストのために本棚を新たに作成した場合、はじめは「非公開」状態になっています。
本棚が完成したら、このボタンで本棚を「公開」してください。
この「公開」によって、リクエストへの応えが完了します!
リクエスト回答本棚
この本棚は、誰かの本棚リクエストに応えた本棚です。
リクエスト回答本棚
このマークが、リクエスト回答本棚の目印です。
リクエストの内容
どんなリクエストに応えたのかは、「コメント」ボタンから確認できます。
Stamp default shelf

池井戸潤のおすすめ文庫作品ランキングベスト14!経済×エンタメが面白い!

難しそうな経済についてのテーマを小説としておもしろく魅せてくれる池井戸潤。ドラマで話題になった半沢直樹以外にも楽しめる作品がたくさんあります。そんな池井戸潤の特徴が詰まったおすすめ作品をご紹介します。


2 お気に入り

0 コメント

405580 閲覧

Tags
Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
この本棚のストーリー
池井戸潤のおすすめ文庫作品ランキングベスト14!経済×エンタメが面白い! 池井戸潤のおすすめ文庫作品ランキングベスト14!経済×エンタメが面白い!
難しそうな経済についてのテーマを小説としておもしろく魅せてくれる池井戸潤。ドラマで話題になった半沢直樹以外にも楽しめる作品...
目次
  • 銀行員からエンターテインメ...
    <p>池井戸潤は1963年、岐阜県で生まれた日本の小説家で...
  • 14位:金融不祥事を描く池...
    同時に、亡き友への友情や真実を追い求める過程、元恋人との再...
  • 13位:人生、愛憎、葛藤を...
    <p>「芥のごとく」は銀行員2年目で融資課に初めて配属され...
  • 12位:総理と息子のドタバ...
    <p>入れ替わりが起こった真相がのちに明らかになり、その真...
  • 11位:父の生きざまと息子の道
    <p>過去と現在が交互に書かれ、物語が進むにつれ現在が少し...
  • 10位:銀行支店サスペンス小説!
    <p>池井戸潤はさすが元銀行員だけあって、銀行員の出世と配...
  • 9位:痛快に悪を成敗!
    <p>東京第一銀行の支店がかかえるトラブルを、ばったばった...
  • 8位:日本の「今」がここにある
    <p>常に二番手に甘んじてきた男・原島が、事態収拾をするべ...
  • 7位:野球と経営を繋げる池...
    野球でも経営でも生き残りをかけた企業同士の白熱するゲームを...
  • 6位:建設業界を立体的に描...
    まったくの門外漢でも業界自体や談合など、建設業の課題をよく...
  • 5位:経済×エンタメ!池井...
    物語の後半は、融資する側と融資される側に分かれた二人の宿命...
  • 4位:足袋作り100年の地...
    <p>「こはぜ屋」はランニングシューズ作りへの挑戦の中で、...
  • 3位:池井戸潤が大ブレイク...
    上司に媚を売らず、自らの信念は絶対に曲げない半沢の「やられ...
  • 2位:大企業の隠蔽体質と戦...
    中小企業の経営の難しさがと、大企業である自動車会社の傲慢な...
  • 1位:池井戸潤の直木賞受賞作
    <p>社長である佃は一つの問題を解決したと思ったらすぐに別...
この本棚を作ったひと
吉田隆人
1990年生まれ。東京都出身。 某大学の文学部を卒業し、都内で働いています。 エンタメ小説を中心に、年間100冊読むのが目標! 東野圭吾、池井戸潤、伊坂幸太郎の本は必ずチェックしています。