Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
共震 (小学館文庫)

共震 (小学館文庫)

作者 相場 英雄
出版社 小学館
出版日 2016年03月08日

『震える牛』『ガラパゴス』著者の原点!

大和新聞東京本社の遊軍記者である宮沢賢一郎は、東日本大震災後、志願して仙台総局に異動する。沿岸被災地の現状を全国の読者に届けるため、「ここで生きる」というコラムを立ち上げた。そんななか、宮沢とも面識のある県職員が、東松島の仮設住宅で殺害された。被害者の早坂順也は、県職員という枠を越えて、復興のために力を尽くしてきた人物だった。早坂は亡くなる直前まで、被災地の避難所の名簿を調べていたという。
舞台は、石巻、釜石、陸前高田--。著者渾身の鎮魂と慟哭のミステリー。

【編集担当からのおすすめ情報】
解説は、『遺体』の著者、石井光太氏、
文庫版解説は、岩手県盛岡市・さわや書店フェザン店の松本大介氏です。
東日本大震災から五年、
いまこそ手に取っていただきたい小説です。

大野和利」さんのレビュー
まだレビューはありません

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 奥会津三泣き 因習の殺意 (小学館文庫)
相場 英雄

この本が入っている本棚

相場英雄のおすすめ文庫小説6選!経済界の闇をえぐり出す社会派ミステリー

相場英雄のおすすめ文庫小説6選!経済界の闇をえぐり出す社会派ミステリー

大野和利
大野和利

この本棚を作ったひと

大野和利

時代小説、ミステリー小説ファンです。宮部みゆき・司馬遼太郎・横山秀夫をよく読みます。

関連本棚

関連する本棚は見つかりませんでした