Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
ソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なこと

ソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なこと

作者 斉藤 徹
出版社 日本経済新聞出版社
出版日 2011年11月11日

生活者は変わった。
 今、人々が望んでいるのは、騒がしい説得広告ではなく、控えめで共感を呼ぶメッセージ。代わり映えのしない商品ではなく、細部まで心配りされた逸品。画一的なサービスではなく、心のこもったおもてなし。独りよがりの広報ではなく、誠実で真摯な対話姿勢だ。そして、生活者の進化したニーズに応え、企業の価値を高められるのは、会議室からマイクロマネジメントを試みる管理職ではない。顧客接点の最前線で、会社に高い忠誠心を持つ人たち。時に理不尽な統制と闘いながらも、顧客に貢献しようと必死に努力を続けている現場の社員たちだ。

 彼らの真摯でひたむきな行動が生活者の心を打つ。その顧客体験が共感の連鎖を呼び、ソーシャルメディア上をポジティブな評判が波紋のように広がっていく。そして現場社員をバックアップするのは、彼ら彼女らを信じて後方から支援する管理職と、力強くリーダーシップの変革をはかる経営者だ。この三位一体の仕組みができない企業は、透明性の時代に生き残るのは困難だろう。

 この書籍では、ソーシャルメディアが社会にもたらす本質的な変化、企業と生活者との新しいコミュニケーションのカタチ、すべての顧客接点で素晴らしいブランド体験を提供するための仕組み、それを実現するためのリーダーシップや組織のあり方、具体的に企業を変革するためのステップに言及し、新しい時代の「あるべき企業像」を追求する。タイトルとした「ソーシャルシフト」は、ソーシャルメディアが誘起する、不連続で劇的な変化。そして、マーケティング、リーダーシップ、組織構造にまで及ぶビジネスのパラダイムシフトをあらわしたものだ。──本書「はじめに」より

本書は、以下のような具体的な提言が満載です!
ぜひ手にとってお読みください。

●企業をソーシャルシフトする6つのステップ
ステップ1 プロジェクトのコアをカタチづくる
ステップ2 ブランドコンセプトを練り上げる
ステップ3 すべての顧客接点を改善する
ステップ4 オープンに対話できる場をつくる
ステップ5 顧客の声を傾聴する仕組みを構築する
ステップ6 社員の幸せと顧客の感動を尊ぶ社風を育む

森 美沙希」さんのレビュー
まだレビューはありません

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる
P・F・ドラッカー

この本が入っている本棚

この本棚を作ったひと

森 美沙希

宮崎県出身。高校生まで宮崎で過ごし、福岡で浪人したのち、大阪の大学で統計学等を勉強する。大学3年生の時に武者修行プログラムに参加し、その後、(株)旅武者のインターン生として関西で説明会および組織運営を行う。2016春にはベトナムにバーを開く武者修行アドバンスに参加。また、関西前田塾1期生&前田塾アドバンス1期生として、真剣に学びと宴会に取り組む。現在、不動産の会社に勤務。趣味はお酒を飲むこと(日本酒、焼酎、ビール)。いろんな場所を転々としながら死ぬまで現役で働くことを目標に生きています。

関連本棚