Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
サブリエル―冥界の扉 (古王国記)

サブリエル―冥界の扉 (古王国記)

作者 ガース ニクス
出版社 主婦の友社
出版日 2002年10月01日

チャーター魔術が栄える古王国。そこでは長年、魔術師たちの力によって、冥界から蘇ろうとする死霊たちが滅ぼされ、平安が保たれていた――はずだった。が、ここ数年、古王国とのあいだの壁を越えて、死霊たちが隣国のアンセルスティエールに出没するようになった。壁を越えて古王国に入っていった偵察隊は二度と戻らなかった。古王国の人間を見かけることがどんどん少なくなっていった。古王国で、冥界で、なにかが起こっている――。何者かが裏で糸を引いて大死霊たちを蘇らせ、死霊たちを操っているのだ。サブリエルは、アンセルスティエールの寄宿学校で学んでいる18歳。一見ふつうの少女だが、父親のアブホーセンは古王国で最も力のある魔術師で、彼女にも優秀な魔術師としての力が備わっている。古王国で治安に務めている父と会えるのは満月の夜だけ。父親の「影」が真夜中にやってきて、魔術の手ほどきをしてくれるのだ。だが、その夜、「影」はやってこなかった。代わりにきたのは真っ黒な人型をした化け物。化け物は父の剣と魔術の道具を届けにきたのだった。父の身になにかが起きたに違いない――サブリエルは単身、古王国に乗りこむことを決意する。

高宮将」さんのレビュー
まだレビューはありません

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
黄金の羅針盤 (ライラの冒険シリーズ (1))
フィリップ・プルマン 大久保 寛 Philip Pullman

この本が入っている本棚

冒険ファンタジー小説おすすめ5選!異世界へ旅に出よう!

冒険ファンタジー小説おすすめ5選!異世界へ旅に出よう!

高宮将
高宮将

この本棚を作ったひと

高宮将

現代の伝奇、SFなど不思議な世界観が楽しめるものが好きです。
宮部みゆき、上橋菜穂子、弓弦イズルなど。

関連本棚

関連する本棚は見つかりませんでした