Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
戦略思考で読み解く経営分析入門―12の重要指標をケーススタディで理解する

戦略思考で読み解く経営分析入門―12の重要指標をケーススタディで理解する

作者 大津 広一
出版社 ダイヤモンド社
出版日 2009年09月11日

企業の実態をつかむロジカル・アカウンティング!
会計指標の算出方法から業界別平均値、分析のフレームワークまで、
決算書を読みこなす技術を有名企業の事例で解説。

[本書で取り上げる12の重要指標とケース企業]
売上高総利益率(任天堂)、売上高販管費率(資生堂)、損益分岐点比率(ソニー)、EBITDAマージン(日本たばこ産業)、総資産回転率(東日本旅客鉄道)、キャッシュ・コンバージョン・サイクル(メディセオ・パルタックホールディングス)、棚卸資産回転期間(キヤノン)、有形固定資産回転率(オリエンタルランド)、固定長期適合率(イオン)、DEレシオ(キリンホールディングス)、インタレスト・カバレッジ・レシオ(新日本製鐵)、フリー・キャッシュフロー成長率(ヤフー)、また各章最後にはアサヒビールの分析を掲載。

たんに会計数値の大小を比べても、企業の実態はつかめない。戦略思考力と会計力を両輪として数値分析を行うことで、初めてその企業の活動や経営戦略を評価できるようになる。本書では、こうした視点から、12の重要指標の読み方や意義を解説するとともに、有名企業のケーススタディをもとに汎用的な分析フレームワークを明らかにする。

落合真彩」さんのレビュー
まだレビューはありません

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...

この本が入っている本棚

経営分析手法を学ぶおすすめ本5選!基本から実践まで徹底理解

経営分析手法を学ぶおすすめ本5選!基本から実践まで徹底理解

落合真彩
落合真彩

この本棚を作ったひと

落合真彩

元読書嫌いのライターです。
ビジネス書を読んで世界が広がったことがきっかけで、本が好きになりました。
ビジネスパーソン向けの書籍を中心に幅広く読み、複数のメディアで本の紹介や要約記事を書いています。

関連本棚

関連する本棚は見つかりませんでした