Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Close c98027c4223445b9a8be9fb98179729b646d8e352c287e47e874e21882b901df
リクエスト本棚
リクエストの応え方を説明します。
本棚に本を追加する
このボタンから本棚に本を追加することができます。
リクエストにぴったりな本を選んであげましょう。
必要であれば、さらに本をいくつでも追加することができます。
本棚のタイトルと説明文を変更しましょう
はじめは、リクエストされた「タイトル」と「説明文」がそのままの形で書かれています。
あなたの選ぶ本に合わせて、オリジナルのタイトルと説明文に変更しましょう。

「なぜこれらの本を選んだのか」や「これらの本の読みどころ」など、
おすすめポイントを説明してあげるといいかもしれません。
タイトルや説明文を編集する
本棚のタイトルや説明文は、このボタンから変更できます。
また、本棚を彩るためのアイコンや背景画像もお好みでカスタマイズできます。
ぜひ、あなたのおススメが詰まったオリジナルな本棚をつくって、
リクエストに応えてみてください。
リクエスト本棚の公開
リクエストのために本棚を新たに作成した場合、はじめは「非公開」状態になっています。
本棚が完成したら、このボタンで本棚を「公開」してください。
この「公開」によって、リクエストへの応えが完了します!
リクエスト回答本棚
この本棚は、誰かの本棚リクエストに応えた本棚です。
リクエスト回答本棚
このマークが、リクエスト回答本棚の目印です。
リクエストの内容
どんなリクエストに応えたのかは、「コメント」ボタンから確認できます。
Stamp default shelf

著名作家に学ぶ読書のすすめ本おすすめ5選

本を読む目的は何か、なぜ本は面白いのか、考えたことはないでしょうか。ここでは、著名作家による読書案内を通して、読むことを分析、その面白さを探っていきます。


1 Followers

0 Comments

1256 Looks

Tags
Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
この本棚のストーリー
著名作家に学ぶ読書のすすめ本おすすめ5選 著名作家に学ぶ読書のすすめ本おすすめ5選
本を読む目的は何か、なぜ本は面白いのか、考えたことはないでしょうか。ここでは、著名作家による読書案内を通して、読むことを分...
目次
  • 物語が自分の意志を超えるとき
    本書の中では、物語が読者の心をふるわすような何らかの役割を...
  • 読書における守破離
    例えば、著者は、文章を読むとき、その内容をどのように感じる...
  • 読書の本質を丁寧に読み解く名著
    村上春樹は、作品を読むときについて、<br><br>「その...
  • 小説の面白さの要因を探る
    様々な作品が紹介されていて、それを読み込むことも面白いので...
  • 古典を紹介する古典
    ここでは古典を多く紹介しているのですが、その古典に目を通し...
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
物語の役割 (ちくまプリマー新書)
小川 洋子
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
文章読本 (中公文庫)
谷崎 潤一郎
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
若い読者のための短編小説案内 (文春文庫)
村上 春樹
この本棚を作ったひと
村野 健
読書を通じて様々な世界に触れる事が楽しみのひとつです。 エンタメ、文学、マンガから教養書まで、面白いと思った本に出会うと、時間を忘れて読みふけります。 本を1000冊ほど読んできて、やっと本を読む大切さが分かってきた気がします。
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
短篇小説講義 (岩波新書)
筒井 康隆
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
読書案内―世界文学 (岩波文庫)
サマセット・モーム

この本棚へのコメント