Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Close c98027c4223445b9a8be9fb98179729b646d8e352c287e47e874e21882b901df
リクエスト本棚
リクエストの応え方を説明します。
本棚に本を追加する
このボタンから本棚に本を追加することができます。
リクエストにぴったりな本を選んであげましょう。
必要であれば、さらに本をいくつでも追加することができます。
本棚のタイトルと説明文を変更しましょう
はじめは、リクエストされた「タイトル」と「説明文」がそのままの形で書かれています。
あなたの選ぶ本に合わせて、オリジナルのタイトルと説明文に変更しましょう。

「なぜこれらの本を選んだのか」や「これらの本の読みどころ」など、
おすすめポイントを説明してあげるといいかもしれません。
タイトルや説明文を編集する
本棚のタイトルや説明文は、このボタンから変更できます。
また、本棚を彩るためのアイコンや背景画像もお好みでカスタマイズできます。
ぜひ、あなたのおススメが詰まったオリジナルな本棚をつくって、
リクエストに応えてみてください。
リクエスト本棚の公開
リクエストのために本棚を新たに作成した場合、はじめは「非公開」状態になっています。
本棚が完成したら、このボタンで本棚を「公開」してください。
この「公開」によって、リクエストへの応えが完了します!
リクエスト回答本棚
この本棚は、誰かの本棚リクエストに応えた本棚です。
リクエスト回答本棚
このマークが、リクエスト回答本棚の目印です。
リクエストの内容
どんなリクエストに応えたのかは、「コメント」ボタンから確認できます。
Stamp default shelf

アガサ・クリスティー名作おすすめベスト10!【ミステリの女王】

「ミステリの女王」と呼ばれる、20世紀に活躍したイギリス生まれの推理作家、アガサ・クリスティー。彼女の作品は様々な言語に翻訳され、愛されています。彼女の作品の中から、おすすめの10作をランキング形式で選んでみました。


3 お気に入り

0 コメント

252619 閲覧

Tags
Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
この本棚のストーリー
アガサ・クリスティー名作おすすめベスト10!【ミステリの女王】 アガサ・クリスティー名作おすすめベスト10!【ミステリの女王】
「ミステリの女王」と呼ばれる、20世紀に活躍したイギリス生まれの推理作家、アガサ・クリスティー。彼女の作品は様々な言語に翻...
目次
  • ミステリ黄金時代に君臨した...
    アガサ・クリスティーは、1920年に『スタイルズ荘の怪事件...
  • 【10位】これぞミステリ!
    この作品には目立った特徴はないかもしれません。ですが、完成...
  • 【9位】油断大敵!冒険ミステリ
    刺激を求める、トミーとタペンスのベレズフォード夫妻を見てい...
  • 【8位】意欲に満ちた自信作
    クリスティは冒頭で、本編とは関係ない登場人物に、「ゼロ時間...
  • 【7位】胸に迫る悲しさ
    「鏡は横にひび割れぬ<br>『ああ、呪いはわが身に』と、...
  • 【6位】アガサ・クリスティ...
    クリスティーが生んだ魅力的な名探偵の中で、最もよく知られて...
  • 【5位】人に話したくなるミ...
    クリスティーの作品の中で最も有名な作品のうちの一つです。<...
  • 【4位】ミステリの演劇性
    「三幕」の名の通り、演劇のように各章には「一幕」「二幕」「...
  • 【3位】アガサ・クリスティ...
    クリスティーは文化的な背景描写・心理描写に定評のある作家で...
  • 【2位】最高に恐ろしい作品
    もちろんこの作品も「ミステリの女王」クリスティーの作品です...
  • 【1位】アガサ・クリスティ...
    1位はやはり『そして誰もいなくなった』。永遠に語り継がれる...
この本棚を作ったひと
どらうどん
こんにちは。どらうどんです。 幼いころに「シャーロック・ホームズ」シリーズを読んで以来、ミステリと英国に魅了されてきました。学生時代は英文学を専攻し、推理小説の同好会の会長を務めました。英文学への愛情ゆえに、英国に渡って文学を学んだ経験もありま...
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ クリスティー