Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Close c98027c4223445b9a8be9fb98179729b646d8e352c287e47e874e21882b901df
リクエスト本棚
リクエストの応え方を説明します。
本棚に本を追加する
このボタンから本棚に本を追加することができます。
リクエストにぴったりな本を選んであげましょう。
必要であれば、さらに本をいくつでも追加することができます。
本棚のタイトルと説明文を変更しましょう
はじめは、リクエストされた「タイトル」と「説明文」がそのままの形で書かれています。
あなたの選ぶ本に合わせて、オリジナルのタイトルと説明文に変更しましょう。

「なぜこれらの本を選んだのか」や「これらの本の読みどころ」など、
おすすめポイントを説明してあげるといいかもしれません。
タイトルや説明文を編集する
本棚のタイトルや説明文は、このボタンから変更できます。
また、本棚を彩るためのアイコンや背景画像もお好みでカスタマイズできます。
ぜひ、あなたのおススメが詰まったオリジナルな本棚をつくって、
リクエストに応えてみてください。
リクエスト本棚の公開
リクエストのために本棚を新たに作成した場合、はじめは「非公開」状態になっています。
本棚が完成したら、このボタンで本棚を「公開」してください。
この「公開」によって、リクエストへの応えが完了します!
リクエスト回答本棚
この本棚は、誰かの本棚リクエストに応えた本棚です。
リクエスト回答本棚
このマークが、リクエスト回答本棚の目印です。
リクエストの内容
どんなリクエストに応えたのかは、「コメント」ボタンから確認できます。
Stamp default shelf

新美南吉のおすすめ本5選!『ごんぎつね』が代表作の児童文学作家

幼いころに母と死別して寂しい子供時代を過ごし、童話の世界に才能を認められた矢先に病のため29歳で永眠した新美南吉。人間の内面を深く見つめ、孤独と病気の苦しみの中から生まれた作品は、心の通い合いと信頼や良心について考えさせられる名作ばかりです。


1 お気に入り

0 コメント

30889 閲覧

Tags
Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
この本棚のストーリー
新美南吉のおすすめ本5選!『ごんぎつね』が代表作の児童文学作家 新美南吉のおすすめ本5選!『ごんぎつね』が代表作の児童文学作家
幼いころに母と死別して寂しい子供時代を過ごし、童話の世界に才能を認められた矢先に病のため29歳で永眠した新美南吉。人間の内...
目次
  • 『ごんぎつね』など傑作を生...
    新美南吉は1913年に愛知県で生まれました。本名は正八(し...
  • 19歳でデビューした新美南...
    十日ほどすると、村で葬儀の列がありました。位牌を持っている...
  • 悲しみの先に描かれるものとは
    そんな答えじゃ仕方ない、と他のでんでんむしのところへ行き、...
  • 新美南吉の死後に発行された名作
    親子の狐は月夜の雪の平原を共に街へ向かいますが、人間の街の...
  • 互いを認めあう大切さを教え...
    冬の間、お互いの土の上はびゅうびゅうと北風が吹いたり、霜柱...
  • ほのぼのとした笑いに溢れる...
    そこで決しておならをしないでください、とお願いして来てもら...
この本棚を作ったひと
bookdreamer
小さい頃から”言葉"に興味がある子でした。本を読むときは目に見える世界と見えない世界の接点についてついつい考えてしまいます。最近は子どものころに読んだ本を読み返すことが多いのですが、主人公ではなく周りのキャラクターに共感している自分を発見!常に進化し...