Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
自動人形の城(オートマトンの城): 人工知能の意図理解をめぐる物語

自動人形の城(オートマトンの城): 人工知能の意図理解をめぐる物語

作者 川添 愛
出版社 東京大学出版会
出版日 2017年12月18日

『白と黒のとびら』『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』の著者が描く
「人工知能」と「人間の言葉」をめぐる新たなストーリー

勉強ぎらいでわがままな11歳の王子。彼の浅はかな言動がきっかけで、邪悪な魔術師により城中の人間が人形に置き換えられてしまった。その絶望的な状況に王子はどう立ち向かうのか? そして、城の人たちは無事帰還することができるのか? 「人工知能」と「人間の言葉」をテーマとして、『白と黒のとびら』『精霊の箱』の著者が創作する新たな世界。

【本書「解説」より】
本作は「意図の理解」を中心に、人と機械、また人と人とのコミュニケーションにおける「意味理解の先にある課題」を主なテーマとしました。この課題を明確に描くために、本作では「人間の言葉の意味を理解し、人間の命令を実行する人形が存在する世界」を設定しています。本作の「人形」は、現実世界ではまだ実現されていないレベルの意味理解能力を持つロボットです。人形たちは、単語の意味や文の意味を理解し、さまざまな命令を聞き、さまざまな状況で動くことができます。そういった機械が存在する世界でも、「意図理解の難しさ」、中でも「言われたことを実行することの難しさ」が、解決すべき課題として存在します。本作は完全なフィクションですが、提示したそれぞれの課題は、自然言語による命令を受け、それを実行する機械を実現しようとするならば、多かれ少なかれ、避けては通れない問題です。

【主要目次】
主な登場人物
第1章 絶望と呪い
第2章 人形と猫
第3章 炎と涙
第4章 戦闘と料理
第5章 作戦と作法
第6章 逡巡と決断
第7章 敵と客人
第8章 献身と意志
第9章 贖罪と喜び
解説
1 人間の言語能力
2 言葉による意図理解
3 「言われたとおりに行動する」こと
4 その他の話題
あとがき

【著者好評既刊】
●『白と黒のとびら――オートマトンと形式言語をめぐる冒険』(東京大学出版会、2013年)
●『精霊の箱(上・下)――チューリングマシンをめぐる冒険』(東京大学出版会、2016年)
●『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット――人工知能から考える「人と言葉」』(朝日出版社、2017年)

橋本幸士」さんのレビュー
まだレビューはありません

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...

この本が入っている本棚

物理学者が紹介する、人工知能を感じるファンタジー『自動人形の城』

物理学者が紹介する、人工知能を感じるファンタジー『自動人形の城』

橋本幸士
橋本幸士

この本棚を作ったひと

橋本幸士

大阪大学教授。専門は理論物理学、とくに超ひも理論。理学博士(京都大学、2000年)。物理の月刊誌『パリティ』編集委員。『小説すばる』にエッセイ連載中。著書に『マンガ 超ひも理論をパパに習ってみた』(大阪大学出版会)、『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社サイエンティフィク)、『Dブレーン:超弦理論の高次元物体が描く世界像』(東京大学出版会)、などがある。趣味は黒板に数式を書いて眺めること、科学のディスカッションをすること。ツイッターは @hashimotostring

関連本棚

関連する本棚は見つかりませんでした