Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
戦闘技術の歴史4 ナポレオンの時代編

戦闘技術の歴史4 ナポレオンの時代編

作者 ロバート・B・ブルース, イアン・ディッキー, ケヴィン・キーリー, マイケル・F・パヴコヴィック, フレデリック・C・シュネイ
出版社 創元社
出版日 2013年04月23日

戦略や戦闘技術を詳しく分析する好評シリーズ第4巻

ヨーロッパで覇権争いが繰り広げられたフランス革命から
ワーテルローの戦いまでの時代における戦略や戦闘技術を詳しく分析。
ナポレオンをはじめ、ウェリントン公やネルソン卿といった
偉大な指揮官はどのような戦いをしたのか。
歩兵の役割や陣形から騎兵の活躍、指揮系統の発展、
火砲と攻囲戦の進化、ナイルやトラファルガーなどの海戦まで。
ナポレオンがその名を馳せた1792~1815年の戦争のすべてがわかる好評シリーズ第4巻。


〈目次〉
第一章 歩兵の役割

一七八九年の夏、かねてからフランスを悩ませていた政治的、社会的、
経済的な大変動が、ついにフランス革命という危機となって爆発した。
フランス革命は政治と社会を変えただけでなく、
戦争のやり方にも劇的な変化をもたらした。

第二章 騎兵の戦闘

ナポレオン戦争の時代(一七九二〜一八一五年)
、騎兵はすべての国の軍隊に不可欠なものだった。
騎兵部隊は、戦闘にいたるまでの作戦行動に必要となる偵察や遮蔽機能を提供し、
戦場では勝敗を決する役割を果たし、さらには勝利を確実にする追撃部隊として働いた。

第三章 指揮と統率

フランス革命戦争とナポレオン戦争(一七九二〜一八一五年)は、
徴兵制の導入を伴う軍事における革命をもたらし、
軍制の指揮と統制が変更を迫られることとなった。
兵力が劇的に拡大したため、作戦行動中あるいは戦闘中の軍隊を統制するために、
より論理的で効果的な手段が必要となったのだ。

第四章 火砲と攻囲戦

一四世紀の貧弱な起源からナポレオンの時代にもちいられた発達した
火砲システムにいたるまでには、火砲の設計や製造、
支援、戦場での利用における飛躍的進歩があった。
フランス革命戦争からナポレオン戦争の時期(一七九二〜一八一五年)に
戦った主要交戦国における、それぞれに異なる火砲の発達を見ていくのは非常に興味深い。

第五章 海戦

この時代の海軍司令官がもちいることができた戦術選択は、いくつかの要素で決まっていた。
帆船の推進力は、莫大な数のロープと木材、帆布で制御されていた。
これ以外の唯一の選択肢は櫂の力だったが、その櫂座は
巨大で扱いにくい艦載砲を据えつけたいと思っている、まさにその場所にあった。
さらに、艦載砲は敵の攻撃に最も脆弱な船の両舷側で動き回っていた。


majisaru」さんのレビュー
まだレビューはありません

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...

この本が入っている本棚

5分でわかる「ナポレオン戦争」参加国や戦術、戦いの流れをわかりやすく解説

5分でわかる「ナポレオン戦争」参加国や戦術、戦いの流れをわかりやすく解説

majisaru
majisaru

この本棚を作ったひと

majisaru

専門は日本近現代史ですが、それ以外も得意!
本は年間150冊ほど読んでいます。

関連本棚

5分でわかるワーテルローの戦い!背景と経緯、『レ・ミゼラブル』などを解説

5分でわかるワーテルローの戦い!背景と経緯、『レ・ミゼラブル』などを解説

majisaru
majisaru