Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
Close c98027c4223445b9a8be9fb98179729b646d8e352c287e47e874e21882b901df
リクエスト本棚
リクエストの応え方を説明します。
本棚に本を追加する
このボタンから本棚に本を追加することができます。
リクエストにぴったりな本を選んであげましょう。
必要であれば、さらに本をいくつでも追加することができます。
本棚のタイトルと説明文を変更しましょう
はじめは、リクエストされた「タイトル」と「説明文」がそのままの形で書かれています。
あなたの選ぶ本に合わせて、オリジナルのタイトルと説明文に変更しましょう。

「なぜこれらの本を選んだのか」や「これらの本の読みどころ」など、
おすすめポイントを説明してあげるといいかもしれません。
タイトルや説明文を編集する
本棚のタイトルや説明文は、このボタンから変更できます。
また、本棚を彩るためのアイコンや背景画像もお好みでカスタマイズできます。
ぜひ、あなたのおススメが詰まったオリジナルな本棚をつくって、
リクエストに応えてみてください。
リクエスト本棚の公開
リクエストのために本棚を新たに作成した場合、はじめは「非公開」状態になっています。
本棚が完成したら、このボタンで本棚を「公開」してください。
この「公開」によって、リクエストへの応えが完了します!
リクエスト回答本棚
この本棚は、誰かの本棚リクエストに応えた本棚です。
リクエスト回答本棚
このマークが、リクエスト回答本棚の目印です。
リクエストの内容
どんなリクエストに応えたのかは、「コメント」ボタンから確認できます。
Stamp default shelf

小説『海辺のカフカ』8つの謎を考察!カーネル、ジョニーの正体は?

村上春樹氏が書いた、10作目の長編小説です。フランツ・カフカの思想的影響を受けながら、ギリシャ悲劇と日本の古典文学を下敷きにした長編小説として、世界中で高く評価されています。本作は、多様な解釈が許されるようにストーリーが展開しているので、作者である村上春樹自身も読者それぞれの解釈を重視した作品となっています。

今回はそんな本作に関する、8つの謎を考察。ぜひご覧ください。


0 お気に入り

0 コメント

98101 閲覧

Tags
Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...
この本棚のストーリー
小説『海辺のカフカ』8つの謎を考察!カーネル、ジョニーの正体は? 小説『海辺のカフカ』8つの謎を考察!カーネル、ジョニーの正体は?
村上春樹氏が書いた、10作目の長編小説です。フランツ・カフカの思想的影響を受けながら、ギリシャ悲劇と日本の古典文学を下敷き...
目次
  • 小説『海辺のカフカ』あらす...
    <p>一方、もう1人の主人公であるナカタは、野方に住む知的...
  • 作者・村上春樹を紹介!
    <p><p>世界的に有名な小説家である彼は、1949(昭和...
  • 『海辺のカフカ』の謎1:テ...
    <p><p>村上春樹にとって、本作は国際的な賞を受賞するな...
  • 『海辺のカフカ』の謎2:ア...
    <p>この本は、ナチス親衛隊の中佐として何百万人ものユダヤ...
  • 『海辺のカフカ』の謎3:カ...
    <p>夜の街で、有名なKFCのカーネルおじさんの格好でポン...
  • 『海辺のカフカ』の謎4:さ...
    <p>本作には、「さくらさん」と呼ばれる女性が登場します。...
  • 『海辺のカフカ』の謎5:「...
    <p></p><p>本作には2人の主人公がいます。カフカと...
  • 『海辺のカフカ』の謎6:佐...
    <p></p><p>読者が本作を読んでいて、もっとも不思議...
  • 『海辺のカフカ』の謎7:ジ...
    <p></p><p>ジョニー・ウォーカーとは、本作のなかで...
  • 『海辺のカフカ』の謎8:「...
    <p></p><p>本作では、クライマックスへと小説が展開...
  • 聖地巡礼のススメ!作品の舞...
    <p>本作では、数々の現実に存在する地名や場所が登場します...
  • 『海辺のカフカ』の結末をネ...
    <p>このように、最初はまったく別々の物語として進行してい...
Blankbookcover 4fcee0de34f3f1fe9a771680cf26eae5e4842c268594646df92a0df487f33147
エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告【新版】
ハンナ・アーレント