八田鮎子おすすめ漫画4選!俺様男子にときめく『オオカミ少女と黒王子』など

更新:2017.4.28

ドS男子を描かせたら右に出る者はいないと言っても過言ではない作者。Sっ気のある胸キュンポイントが満載の八田ワールドへようこそ!

ブックカルテ リンク
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

八田鮎子とは?

兵庫県出身の女性漫画家で、5月30日生まれ。それ以外の情報は誕生した年もお顔も非公開という、謎に包まれた作家です。

しかし公式Twitterでは、八田が愛してやまないゲームや、漫画への愛に溢れるコメントや、自作イラストが公開されており、自他問わず作品に対する熱意や愛のある方だということがわかります。

デビュー作は別冊マーガレットの2002年12月号で公開された「ずっと君の王子さま」で、今回紹介するおすすめ漫画『悪い子の味方』に収録されています。

八田鮎子の描くキャラクターで強くおすすめしたいのが、ドSな俺様イケメンです。八田作品に登場する男性キャラクターは主人公をグイグイ引っ張っていく色気ある雰囲気が魅力的なのですが、笑ってしまうほど性格がドSです。

しかしその見た目と性格のギャップが、まさに作品の醍醐味といえるでしょう。甘いだけの少女漫画に苦手意識がある人にもおすすめできる作品ばかりです!

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

最悪な第一印象から始まる恋物語!『ばいばいリバティー』

主人公・理奈は恋愛に興味がまったく無い女の子。クラスメイトの女子がイケメン男子グループを見てキャーキャー騒いでいるなか、1人だけいつも冷静です。

そんな理奈はある日、とある理由から学校のイケメン男子・匠に彼女のフリをしてほしいと頼まれます。しかし彼女のフリを引き受けた理奈は、突然彼からキスをされてしまいました。当然ながら理奈は激怒しますが、匠は飄々とした様子を崩しません。

このことがきっかけで犬猿の仲となった2人の、マイナスから始まるラブストーリーです。

著者
八田 鮎子
出版日
2017-01-25

 

主人公に突然キスをする匠は、性格が本当に最悪です。

ただ理奈も、恋愛に興味がないことにコンプレックスを抱いている様子があり、そんな彼女の本心をついてくるのも匠なのです。

匠の口調はかなり辛辣ですが、本心を押しとどめている理奈の心を開くことが出来るのも彼1人なのでしょう。恋心になかなか素直になれない人にとって、彼の言葉はかなり胸に響くはずです!

八田鮎子の映画化作品!ドS過ぎる彼に惹かれていく!?『オオカミ少女と黒王子』

 

主人公・篠原エリカは、かなり見栄っ張りな女の子です。本当は彼氏いない暦16年の彼女は、男性慣れしている友人に見栄を張るため、ウソのラブラブ話を語っています。

そんなウソが限界に近づいたある日、彼氏の写真を用意するため街で見かけたイケメンを隠し撮りしたエリカですが、そのイケメンは同じ学校に通う佐田でした。

正直に事情を話すと、なんと佐田は彼氏のフリをしてくれるのですが、交換条件として出されたのは彼の“犬”になるということで……。

著者
八田 鮎子
出版日
2011-10-25

 

佐田は本当にとんでもなくドSです。

街中で見かけた時、ひと際目立って見えたほどのイケメンで、しかも学校での様子はとても優しそうな好青年です。しかし、ひとたび本性を表すととてつもない腹黒だということが分かります。条件を飲んだ後、エリカに

「3回まわってお手からワンだな」(『オオカミ少女と黒王子』から引用)

と強要するシーンは、不覚にも笑ってしまうほどのドSっぷりでした。でも佐田は時々エリカがドキッとするような心優しい行動を取ります。しっかりと彼氏のフリをしてくれるため、腹黒さの奥にある優しい部分にドキドキしてしまうことでしょう。

俺様に振り回されたい願望がある人にはたまらない作品です!

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

大好きな“キミ”が愛おしいストーリー集『キミを中心に世界はまわる』

 

4人の爽やかイケメンが登場するラブストーリー短編集です。

最初の物語「先生」では、ゲーム大好きな主人公に注意する先生との物語で、先生の弱みを握ったことで発展します。

その他、妄想癖と妄想漫画を描くのが秘かな楽しみの主人公にキラキラ男子が急接近するストーリーや、怖そうな男子が実はただの恥ずかしがり屋だったことから発展する物語、いじわるばかりしてくる彼氏の本当の気持ちを知りたい主人公の恋物語などが収録されています。

著者
八田 鮎子
出版日
2010-06-25

 

これぞラブストーリー!といった物語が続く、読み切り作品集です。八田鮎子作品のもう1つの魅力ともいえるギャップがたまりません。

どの男性キャラクターも、見た目と裏腹な性格を隠し持っていて、そのギャップを知ってしまった主人公との関わりが本当にもどかしくて胸キュンものです!

王道のストーリー展開ではありますがどれも重苦しくなく、さっぱりとしたラブストーリーばかりなので、短編でさらりと楽しみたい人にはおすすめの一冊です。

八田鮎子の読み切り集!もどかしい胸キュンたっぷり『悪い子の味方』

 

表題作「悪い子の味方」は、付き合ってまだ数ヶ月の裕子と亮司のお話です。

2人はまだまだ初々しい関係を保っているのですが、裕子は妄想の中でちょっぴり大人の世界に足を踏み入れるほど、もっと亮司と仲良くなりたいと思っています。裕子から言い出すにはあまりにも勇気が必要で、なかなか現実世界では発展できない2人ですが、ある日温泉旅行チケットを受け取り……。

その他「この男でいいのか?」「シトラスウエット」「ずっと君の王子さま」を収録した、イケメン男子との泣いて笑える恋物語読み切り集です。

著者
八田 鮎子
出版日
2009-11-25

 

男の子の女の子に対する気持ちも丁寧に描かれていて、彼らの不器用だけど愛おしい関係に胸がキュンキュンさせられる物語ばかりです。

登場人物があまりにも不器用なので「ああ〜もうっ!」ともどかしい気持ちになりますが、不覚にもときめいてしまうこと請け合いです。

他の八田鮎子作品に比べるとイケメン俺様男子というよりは、まだまだ自分の魅力に気づいていないような男子が登場するので、男子の成長過程を楽しむことができる作品とも言えます。

いかがでしたか?少女漫画は数々ありますが、こんなにもいろいろなタイプの俺様イケメンが出てくることは、他にいないかと思います。ぜひ八田鮎子の作品を読んで、王道な少女漫画の世界に浸ってみてください!

もっと見る もっと見る