マンガ

『神様がくれた背番号』を読もう!40歳ルーキーの熱い青春をネタバレ紹介!

更新:2017.5.27 作成:2017.5.27

40歳のホームレスが、ある日神様から野球の才能をもらうというストーリーの『神様がくれた背番号』。変わった設定ではありますが、スポーツ漫画の醍醐味・まっすぐ夢に向かう様を見事に描いた傑作野球漫画です。今回は本作の魅力をご紹介します!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『神様がくれた背番号』は導入部からアツい!

著者
渡辺 保裕
出版日
2012-11-28

物語の始まりは阪神タイガースの今シーズンの甲子園開幕戦。そこには開幕前から話題の選手がピッチャーマウンドに立っていました。彼の名前は飛田謙吉、登録名はケンちゃん、そして何と40歳のルーキーなのです。

こんな衝撃のシーンから始まる本作ですが、そもそもの始まりはもう少し前に話が遡ります。

実は以前はただのホームレスだった謙吉。しかも重度の吃音症を患っており、なかなか他者とコミュニケーションがとれません。

そんな彼の言葉を唯一聞き取れるのが生まれつき心臓の弱い小学生・タケ。彼は謙吉と同じく生粋の阪神タイガースファンで、いつも謙吉の住処にやってきては野球盤で遊んでいました。

ある日、眠る謙吉の前に現れたのは神様。どうみても普通のその男は謙吉の誕生日である日に現れ、彼に「今年の”人間大賞”に選ばれました」といって拍手します。

何でもひとつ願い事を叶えると言われ、正直な彼は吃音を直して欲しい、ケンの心臓病を直して欲しいという誰も傷つけないような願いを言います。

しかしつまらない、自分の願いでないとダメと断られ、どうしようかと考えた時に謙吉の脳裏に浮かんだのはタケの心の拠り所であり、選手として入団したいという阪神タイガースでした。そして神様にこんな願い事を伝えるのです。

「世界で一番野球の上手い40歳になって阪神タイガースで活躍してみたい」

これぞ40歳の青春!少年・タケの夢を追う謙吉

著者
松浦儀実
出版日
2013-08-19

その願いを叶えてもらった翌日、その力が本物かどうかを試してみたいとタケと、バルやんと総理というあだ名の仲のいいホームレスに頼みます。

そして普通は16mほどのマウンドからホームまでの距離を、バルやんは間違えて20m以上とり、普通以上に難しい状況でボールを投げる謙吉。

その姿はまるで本物のプロ投手のようでした。しかし豪速球をバルやんは取れず、ボールが当たって鼻を折ってしまいます。

しかしその3週間後、バルやんに申し訳ないと感じた謙吉は住処に引きこもってしまうのです。そしてしたくてもできないタケの前でもう二度と野球なんかしないと言ってしまいます。

それを聞いた総理はいい加減にしないかと謙吉の住処に入り込みます。驚いて走って逃げる謙吉をタケが追おうとしますが、心臓の弱い彼に走ることは無理。しかし胸が苦しくなりながらもタケは謙吉にこう言います。

「ケンちゃんの…アホゥ…
オレを見てみいや…こないな情けない身体なんやで…

ケンちゃんのストレート見てごっつワクワクしたんやで
『オレの分までケンちゃんがやってくれるわ!』
『阪神タイガースを優勝させてくれるわ!』って思うたんや!!

せやのに…ケンちゃんのアホゥ…弱虫!もうそんなケンちゃん絶交や!」(中略あり)

どうにか言葉を紡ぎ出すタケを見て謙吉は心を動かされます。「俺 やるよ!!」と意気込み、プロ野球選手、そして阪神タイガースに入団するという目標を本格的に追うことにするのです。
U-NEXTで実質無料で読んでみる

展開が早い!そして入団テスト!?

実力とやる気が確認できたところでさぁこれからどうプロになる道を歩もうかとなった時、謙吉の前に現れたのはタケの父親。彼は新日鉄堺ノンプロナンバーワン捕手だったのです。その過去を知らなかったタケは驚愕します。

そして謙吉の実力を実感したタケの父親はかつてのパイプを活かして関係者に謙吉を見てもらうよう話をつけるのです。

そして当日そこに行くと関係者たちは一度オッケーしたものの、謙吉の様子を見て帰ろうとします。

そこにタケの「人を外見で判断したらアカンてオレ学校で習たで!!」という純粋な言葉が響き、大人たちを動かします。

仕方ないから少し付き合うかというスタンスで謙吉の様子を見守る関係者たちですが、彼の実力を見て圧倒されます。綺麗な放物線を描く打線に161kmという豪速球。

彼らは確かに謙吉に底知れぬ実力があることを感じ、ぜひ阪神タイガースに欲しいと言います。

しかし実力はあるものの謙吉はホームレス。身元が確認できない人間です。そこがネックになってしまい、謙吉のドラフト指名は危うくなり……。

阪神ファンにはたまらない!?岡田彰布が登場!

主人公の謙吉と、彼の親友の小学生・タケが仲良くなったきっかけのひとつはが阪神タイガースのファンだということ。この作品を読んでいて同じくファンだという人々を熱くさせるのが往年の名選手・岡田彰布の登場です。

岡田は大阪出身の野球選手で現役時代に阪神、オリックスを経て1996年に引退。オリックスの監督を務めた後に2004年から2008年までの間に阪神の監督となりました。監督時代には5回のリーグ戦のうち1度の優勝、Aクラス(3位以内)4回と華々しい成績を残しています。

しかもそのうちの何回かはほとんど優勝まで手が届きそうなところにあり、ファンには思い出深い人物なのではないでしょうか。

本作でも謙吉が入団した当時の阪神タイガースの監督として登場する岡田彰布。ところどころで謙吉や読者の阪神ファンの心をくすぐる名言を連発するいい役どころです。

天から才能をもらったというありえない設定から始まる『神様がくれた背番号』ですが、それ以外のところがリアルに描かれているところも魅力のひとつなのです。

『神様がくれた背番号』に大人の青春を見る!

著者
松浦 儀実
出版日
2014-05-09

誰しも過去に戻れたら、人生をやり直せたら、と夢想したことがあるのではないでしょうか。『神様がくれた背番号』はそんなみんなの希望を乗せて、謙吉が夢まで駆け抜けるという大人の青春漫画なのです。

この後も様々な困難を乗り越えながら着実に進んで行く謙吉。ぜひ作品で彼の目標までの道のりを一緒に歩んでみてください。まっすぐな気持ちに熱くさせられること間違いなしの作品です。
U-NEXTで実質無料で読んでみる