わたなべあじあのおすすめ漫画5選!人気BL作品『ROMEO』他

更新:2017.8.28

わたなべあじあの作品には、とびきりキュートな男子や、彫刻のように美しい肉体美を持つ男子まで、魅力に溢れた男子が数多く登場します。確かな画力で描かれる、魅力溢れるわたなべあじあの世界観を、おすすめさせていただきます。

ブックカルテ リンク

艶やかな色気に魅了される、わたなべあじあの男子達

わたなべあじあの描く男性は、肌の質感が伝わってきそうな、艶かしい色気が魅力的。また、描かれる登場人物の表情が彫刻のように美しく、読者の目を引き付けます。

エッチシーンは濃厚な描写が印象的で、かなり過激な演出ながら、その美しい描写で下品さを感じさせないところはさすがと言えるでしょう。現在発売されているコミックスのほとんどが、ラブラブなカップルのストーリーが多く、幸せな気持ちに浸れる要素が特徴の一つです。

濃密で充足感たっぷりの世界観に浸るなら、わたなべあじあの作品で決まりでしょう。

わたなべあじあの描く、フェロモンと理性の応酬に目が離せない!『ROMEO』

ファンタジーな世界観が背景の本作は、強力なフェロモンを持つ光陽と、その右腕・ジェイドのカースト・ラブが描かれています。また、本作にはオメガバースの要素が組み込まれており、従来のBL以上に、性的倒錯さを感じられるストーリーとなっているのです。

発情することでフェロモンを放出する光陽。そんな光陽の凄まじいフェロモンに、鉄のような理性で接するジェイドのやり取りが、読者の萌え心をくすぐります。ストーリーの最初から最後まで、色気全開の展開に目が離せません。

著者
わたなべ あじあ
出版日

わたなべあじあの描く「色気」の要素が、これでもかというほどに詰め込まれた本作。普段の、やんちゃながらカリスマ的な雰囲気をまとう光陽が、発情した際に放出するフェロモンは、読んでいる側もあてられるほど魅力的。「医療」という名目で行われる光陽とジェイドの触れ合いは、目的以上の行為を感じさせ、思わずドキドキとしてしまいます。

しかし、本作ではまだ光陽とジェイドが完璧に結ばれてはおらず、先の展開でどうなるのかが気になるところ。シリーズ物の第1作目となっていますので、ぜひ2作目も合わせてご覧ください。

コミカルでキュートなエッチが盛りだくさんのBL漫画『春恋さくら』

まるでお人形さんみたいに愛らしい乙は、その見た目とは打って変わって男前な性格。そんな乙を溺愛する賀陽と飛揚は、乙にしっかりとした性教育を施すため、寝ている乙に忍び寄り……。

体格差萌えが詰まった表題作は、3Pモノということもあって、エッチシーンは超濃厚。可愛い乙が、二人のイケメン・賀陽と飛揚に気持ちよくさせられてしまう様子は、萌えの一言に尽きます。

とびきり可愛くてエッチな作品がぎゅっと詰まった本作、短編漫画が全6篇収録されています。どの作品も、違ったシチュエーションが楽しめる、大満足な内容です。

著者
わたなべ あじあ
出版日
2008-06-10

短編漫画が6篇収録されている本作は、どの作品もちょっと風変わりな設定。しかし、わたなべあじあの持ち前の色気溢れる絵柄で、とても魅力的に描かれています。

表題作「春恋さくら」は、桜の精霊という設定。ファンシーな精霊という設定ながら、濃厚な3Pエッチを繰り広げる展開は、コミカルでとってもキュートです。小柄な乙が、一回り以上もある賀陽と飛揚に挟まれて、メロメロにされちゃうエッチシーンは、たまりません。

半獣人の設定や、まさかの5Pといった驚きのエッチシーンなど、濃すぎる設定がどっさり盛り込まれた一冊。BL好き必見です!

デコボココンビが超常現象に立ち向かう!わたなべあじあの非BL作品『全裸男と柴犬男』

霊感ゼロの超鈍感な刑事・智宏は、突然の辞令により、警視庁の超常現象対策部署・通称遊撃捜査班へ配属が決定。しかし、そこで出会ったのは、異動の前日、智宏の自宅のマンションに全裸で現れた男・神瀬だったのです。

本作は、香月日輪が書いた小説が原作となっており、わたなべあじあは作画を担当しています。ファンタジー要素の強い作品なので、わたなべの作風にもマッチしていて、非BL作品ながら著者の魅力が詰まった作品となっています。

著者
わたなべ あじあ
出版日
2014-04-09

BL作品の印象が強い、わたなべあじあの作品の中でも異例の本作は、超常現象を調査する刑事もの。超常現象による事件を、2人の相棒が解決していく様子がコミカルに描かれています。主役の智宏はタイトルにある通り、柴犬のように可愛らしく、全裸男こと配属先の同僚・神瀬は癖が強いイケメンです。その他にも魅力的なキャラクターが多数登場し、ストーリーに彩りを与えていきます。

原作小説と合わせて読んでみるのもオススメ。わたなべあじあの、普段のBL作品とは違った雰囲気が楽しめます。

わたなべあじあのBL漫画の中では異色の超男前受け『メノちゃんは喘がない』

真砂土の幼馴染、メノは超イケメン。2人は恋人同士で、もちろんエッチもする関係なのですが、真砂土はメノが行為に没頭して喘いでいる姿を見たことがありません。本当は、メノは行為が気持ちよくないのではないか、という不安に駆られる真砂土。どうにかしてメノを喘がせようと奮闘する真砂土を、男前にかわすメノ。結局いつも抱く方の自分が気持ちよく喘いでしまって……。

へたれ攻め×超男前受けの表題作の他、短編漫画が収録された一冊。普段の、可愛くてエッチな受けを多く描くわたなべあじあとはまた違った魅力が楽しめます。

著者
わたなべ あじあ
出版日
2015-04-30

普段のわたなべあじあの作品を知る人なら、そのギャップに驚くこと間違いなしの本作。とにかく可愛くて、喘ぎ声いっぱいの受けを描くことが多い中、本作の受け・メノは行為の最中煙草を吸うほどの余裕もあるほどに男前。打って変わって、攻めの真砂土の方が、可愛く喘いでしまいます。

真砂土がどうにかメノを喘がせたくて、やきもきする様子は微笑ましく、濃厚なエッチシーン満載ながら、ほっこり楽しめる一冊です。他の作品では見られない、貴重なカップルのやり取りは必見です。

妖しく美しい世界観が魅力的なダークファンタジー『百いろどうぐばこ』

道具屋を営む梟の元にやってくる客は、切実な願いを抱えたモノばかり。そのモノたちの願いを叶える梟と、サポート役であり恋人でもある千足の2人の物語です。可愛らしいイメージの強いわたなべあじあの画風の中でも異彩を放つ、妖艶な雰囲気を感じさせる作品となっています。

また、エッチシーンは内容控え目。しかし、千足を喰べた子蛇をお仕置きする梟の様子は、特殊プレイを感じさせるような、いやらしくも色気溢れるシーンで、つい目が離せなくなります。

わたなべあじあの絵柄が絶妙にマッチした、妖しく美しい一冊です。

著者
わたなべ あじあ
出版日
2011-02-10

妖しく美しい本作は、ダークファンタジー的な要素が強く描かれており、その独特な世界観に引き込まれます。わたなべあじあの作品の中でも、エッチシーンがないという稀な作品。しかし、超絶美麗な容姿の梟が、霊力を失くし、幼児化した子蛇を折檻するシーンは、色気たっぷりです。

作品設定が和風でレトロな印象を与えるため、色気溢れる折檻シーンはまるで春画のよう。わたなべあじあの描く、美麗な絵の魅力が最大限に生かされた、雰囲気抜群な一場面です。

そんな、美しい世界観に酔いしれてみませんか?

いかがだったでしょうか?喘ぎ声満載の、ラブラブエッチなものから、一風変わったファンタジー要素の強い物まで、様々なジャンルが楽しめます。ぜひ一度ご覧ください。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る