マンガ

『Im~イム~』が無料!エジプト神たちのバトル漫画の魅力ネタバレ紹介!

更新:2017.9.24 作成:2017.9.24

森下真原作の漫画『Im~イム~』は、冒涜の罪で3000年間追放されていた大神官イムホテプが現代に甦り、マガイを祓うという物語。エジプト神や古代文明、ちょいオカルト系が好きな方におすすめの作品で、無料で読めるのも嬉しい!まず『Im~イム~』を知ってもらうため、ネタバレでその魅力をお伝えします。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

漫画『Im~イム~』が無料で読める!魅力を最新9巻までネタバレ紹介!

『Im~イム~』は、スクウェア・エニックスから発売されている、森下真原作のファンタジーアクション。漫画アプリ「マンガUP!」でも無料で読むことが出来る人気作品です。エジプト神や古代文明、現代を中心に物語が展開されています。

著者
森下 真
出版日
2015-07-22

『Im~イム~』は、作画がひとコマひとコマがとても丁寧に描かれているので、スマートフォンのような小さな画面で読んでいても、見やすいのが特徴です。セリフ回しも分かりやすく、登場するキャラクターもとにかく可愛い!主人公のイムホテプは少年のような姿ですが、大神官の力を発揮した時の堂々たる姿とのギャップも最高なのです。

エジプト文明に興味がある方も、興味が無い方も読んでいて惹きこまれること間違いなし。オカルト系を含んだ神々のバトルであり、人の絆の物語でもありと、ストーリーも色濃く描かれているので、次から次へと読み進めていきたくなる作品です。

マンガUP!で無料で読んでみる

魅力紹介の前に、まずは『Im~イム~』の登場人物、用語を紹介!

魅力紹介の前に、まずは『Im~イム~』の登場人物、用語を紹介!
出典:『Im~イム~』1巻

まず『Im~イム~』について語る前に、一通りの登場人物や用語を紹介していきますが、所々ネタバレを含んでいますので、観覧にはご注意ください。

【イムホテプ】

古代エジプトでは、神と崇められていた大神官。冒涜の罪で封印されていましたが、マガイを祓うため日本にやってきて、羽羽方家に居候しながらマガイを探しています。愛称はイム。

【羽羽方陽乃芽】(はわかた ひのめ)

オカルトが大好きな変わり者の父親と二人暮らし。マガイに祟られていましたが、イムに祓ってもらいました。

【御空晴吾】(みそら はるご)

アメン神官団に所属し、マガイによって両親を亡くしており、それを生み出したイムに復讐心を抱いている青年。

【アヌビス】

冥界の番狼と呼ばれる神アヌビスの子供。訳あってイムの弟子になっています。

【ジェゼル】

3000年前の古代エジプト王子で、イムの親友でしたが、現在はアメン神官団にてミイラとして厳重に管理、封印されています。

【マガイ】

イムホテプによって誕生した偽物の神。

これらが複雑に絡まり合ってストーリーが展開されるので、何となく頭にいれておくとより作品の面白さが理解できるようになるでしょう。

『Im~イム~』のギャグ、時々ミステリー展開に引きこまれる!【あらすじ】

『Im~イム~』のギャグ、時々ミステリー展開に引きこまれる!【あらすじ】
出典:『Im~イム~』1巻
エジプトでは、マガイを巡ってイムホテプ(以下:イム)を起こし、マガイ祓いの任務を与えるかの議論がなされていました。神々の中には、イムの封印を解くのを反対する声もありましたが、もはや彼に頼るほか方法は無かったのです。そして甦ったイムがやってきたのは日本。

そこでイムは、羽羽方陽乃芽と出会うと、彼女がマガイに憑りつかれていることに気づきました。陽乃芽は言葉を発すると炎を吐いてしまうため、友人も作らずひとりで過ごしていました。

その原因となっていたのは、陽乃芽が父親から貰った箱。彼女が大切にしているその箱に、「火を噴く」秘密が隠されていたのです。

マンガUP!で無料で読んでみる

魅力1:エジプト神in現代のファンタジーな世界観が面白い!

魅力1:エジプト神in現代のファンタジーな世界観が面白い!
出典:『Im~イム~』4巻
本作の魅力は、テーマになっている様々なエジプト神および、現代をクロスしたファンタジー感が絶妙なバランスで描かれていること。そして、古代エジプトの背景や、当時に生まれたマガイが、現代にも影響を与えていることなど、時代を超えたスケールで描かれています。

舞台をエジプトから一気に日本に焦点を当てたり、古代のエジプトが描かれたり、古代の副産物が現代に甦ったりすることで、独特なシチュエーションに出来上がっているわけです。また、エジプト神のキャラクター設定も現代風に描かれているので、古代エジプトやエジプト神の知識がなくとも、どなたでも作品に入り込みやすいのではないでしょうか。

イケイケの神、神らしい神など、様々な神がいるので、何の神なのかを調べて照らし合わせると、幅も広がるのでより一層楽しんで頂けると思います。

魅力2:キャラに引き込まれる!かわいいもかっこいいも

魅力2:キャラに引き込まれる!かわいいもかっこいいも
出典:『Im~イム~』1巻
『Im~イム~』の魅力はファンタジーな世界観だけではありません。それを彩るためのキャラクターにも注目して欲しいのです。イムはまるで子供のような姿ですが、古代の神官という高貴な人物だったので、人に対して上から目線。特に、陽乃芽に対してはまるで侍女扱いですが、ただ偉ぶっているだけではなく、自分の過ちに対しては、素直に頭を下げる時もあるのです。

子供のような時と、大人のような時のギャップがとても素敵で、同じ姿なのに全く違う人物に見えてしまうのです。可愛いとかっこいいが合わさったような、見事な人物設定ですね。また、このほかにも自分大好きなナルシストな神官なのに、ここぞと言う時に思わぬ力を発揮してイケメン度を上げるキャラなど様々。

さすがにマガイともなると、不気味な印象が強くなりますが、基本的なキャラクターは、二面性があるので、それがギャップとなり、物語にメリハリをつける役割を果たしてくれているのです。

魅力3:ギャグとアクションシーンを混じえながらテンポよく進む!

魅力3:ギャグとアクションシーンを混じえながらテンポよく進む!
出典:『Im~イム~』6巻

『Im~イム~』は、コメディ+ファンタジーアクションという展開がベースになっていますが、テンポよく進んでいくことで、読者はぐいぐい惹きこまれていきます。物語には、もったいぶらないスピード感もあり、中だるみしないところも人気の秘密なのです。

また、基本的にはマガイとのバトルシーンが中心ですが、イムを恨んでいるものも決して少なくはないということも、ひとつのキーポイントになっています。彼らとのアクションシーンも必見です。

マンガUP!で無料で読んでみる

すべての思いを背負うイムホテプ【8巻ネタバレ注意】

エジプトでは、神官たちの張った結界も意味なすこともなく、多数のマガイが侵入し、多くの町民たちがマガイ化したという情報が神たちの元に届きました。しかし、神々にはかつてのような力はなく……。

著者
森下真
出版日
2017-09-22

地上ではさらわれた陽乃芽と、人々を救おうと奮闘するイムと、そのとなりにはジェゼルの姿があります。ジェゼルの体はアポフィスに乗っ取られており、イムはいつか必ず、アポフィスからジェゼルを引き剥がして助けると約束しています。

イムの思いはジェゼルに届いていますが、まずは攫われた陽乃芽とマガイ化した人々を救うのが先決です。

マガイになった人々を、殺さずに救う手段はただひとつ「月光の魔水晶」のみ。その力は未知数ですが、今はそれに賭けるしかなかったのです。そんな時、イムの姿を見た人々が「大罪人!」や「お前の仕業か!」などといいながら暴動に発展しました。

すべての責任は自分にあり、全てを受け入れる覚悟のあるイムですが、今はここで立ち止まるわけには行きません。しかし、復讐の鬼となった人々は、とうとう鉄槌を振り上げ……。

アポフィスとトト神の関係【9巻ネタバレ注意】

神と人間の境界線であるという心臓(イブ)の中で、アトゥム神の器とであったイム。無理をしてマガイを大量消費したイムではあるものの、その器は自分ならば目覚めさせることが可能だと言います。その後彼の言うところの「残酷な」真名で呼ばれたイムは目を覚まし、「ダムナティオ・メモリアエ(記録抹消大魔法)」をとなえ、街は人々の記憶をそのままに、この数時間で起こった出来事だけをなかったことにするのでした。

しかし陽乃芽はそんなイムの姿を見て、彼がどこか遠くへと行ってしまったように感じるのです。そしてその証拠に、アポフィスは目を覚ましたイムを「トム」と呼び、涙を流して喜びます……。

そして9巻で目を覚ましたイムは、何も覚えておらず、今まで通りの街並みに驚き、自分がダムナティオ・メモリアエを使ったのだと悟ります。

しかし救世主と呼ばれて嬉しがる様子もなく、「俺があれを使うはずがない…!!!」と絶望に打ちひしがれたかのような表情になるのです。

著者
森下 真
出版日
2018-01-22

さらに不可思議な展開は続きます。記憶を失っている間にアトゥムの器と出会ったとイムが言うと、晴吾が血相を変えてどこにいるのだ、生きているのか、と聞いてくるのです。

謎だらけの展開に、陽乃芽がイムと過ごした夏休みを「最初で最後」だと振り返る言葉、「トト」に会えたからあとは世界の崩壊を彼に見せるだけでいい、という意味深な考えを持つアポフィス……。

ついに展開が大きく動いてきました。イムはその後生きているアトゥム神のもとへ向かい、そこで「オグドアド」という名前を皮切りに、アポフィスとトト神の歴史を聞くこととなります。

本作の世界観が一気に明かされることとなり、見ごたえ抜群の9巻。イムの記憶や、コンスを巡る新しい展開もなされます。まさに本作の魅力である出し惜しみしない展開の面白さが際立った内容となっていますので、ぜひ作品でその面白さをご体感ください。

マンガUP!で無料で読んでみる

いかがでしょうか?ストーリーが色濃くなってドキドキ感がいっぱいです。一度、お試しで読んでいただければ、きっと「イム」の魅力がわかっていただけると思います。