マンガ

『戦×恋(ヴァルラヴ)』が無料!エロ×バトルな王道漫画を全巻ネタバレ紹介

更新:2020.11.24 作成:2017.12.1

ある日突然9人の「戦乙女(ヴァルキリー)」と同居することとなった主人公。世界を守るためには「イチャイチャする」ことで戦乙女たちのレベルを上げ、襲い来る悪魔に打ち勝たなくてはなりません。 そんなエロくてカッコいいバトル漫画『戦×恋(ヴァルラヴ)』は、スマホアプリ「マンガUP!」で無料公開中。この記事では、既刊4巻までの見どころと魅力をご紹介します。

『戦×恋(ヴァルラヴ)』が無料!エロハーレムバトル漫画の魅力を全巻ネタバレ紹介!

著者
朝倉 亮介
出版日
2016-06-22

孤独を望む少年が助けた少女は「戦乙女(ヴァルキリー)」。その日をきっかけに戦乙女と「恋人契約」を結んだ少年は、9人の美少女たちと一つ屋根の下で暮らし始めます。

バトル、エロ、ハーレム、贅沢な要素を盛り込んだ漫画『戦×恋(ヴァルラヴ)』は、2017年現在マンガアプリ『マンガUP!』で無料公開中です!この記事では、本作の魅力を全巻の見どころをご紹介します。

さらに嬉しい続報が。2019年10月5日からはテレビアニメの放送がスタートします。動く彼女たちはどのように再現されるのでしょうか?期待が高まります!

マンガUP!で無料で読んでみる

『戦×恋(ヴァルラヴ)』でイチャイチャして世界を救え!【あらすじ】

『戦×恋(ヴァルラヴ)』でイチャイチャして世界を救え!【あらすじ】
出典:『戦×恋(ヴァルラヴ)』1巻

外見が怖いというだけで周囲から過度に怖がられ、恐ろしい事故や事件の原因として根も葉も無い噂を立てられる主人公の阿久津拓真(あくつたくま)。幼少期からひどい扱いを受けてきたことで人間恐怖症に陥ってしまい、勉強だけを生きがいにして、なるべく誰とも関わらずに生きてきました。

そんな彼の前に現れた9人の美人姉妹。人間世界を守る「戦乙女(ヴァルキリー)」と契約してしまった阿久津は彼女たちの恋人となり、イチャイチャすることで彼女たちのレベルを上げ、ともに悪魔と戦わなくてはなりません。

世界の滅亡を賭けた、エロくてかっこいいバトルストーリーの開幕です!

『戦×恋(ヴァルラヴ)』の魅力をネタバレ紹介!設定勝ちのハーレムもの!

『戦×恋(ヴァルラヴ)』の魅力をネタバレ紹介!設定勝ちのハーレムもの!
出典:『戦×恋(ヴァルラヴ)』1巻

本作最大の見所は、やはりハーレム展開でしょう。いきなり家に9人の美人姉妹がやってきて、同居することになってしまうのです。

王道のツンデレヒロインに、黒髪ロングのエロいお姉さん、主人公に思いを寄せるアイドル女子に、ボーイッシュ女子、無表情キャラなど、多種多様。その数の多さゆえに必ず好みの子がいるでしょう。

さらに本作を面白くしているのが設定。主人公と恋をすることで戦乙女の姉妹である姉妹たちは、パワーアップするというのです。

9人といちゃいちゃすることが世界平和に繋がるなんて、なんともうらやまけしからん。

それでも主人公がかわいそうな境遇を持っているので憎めず、彼を応援したくもなってしまいます。

王道のハーレム同居ものに、斬新な設定を加えたバトル漫画。その新しい面白さに引き込まれること間違いなしです。

マンガUP!で無料で読んでみる

『戦×恋(ヴァルラヴ)』の魅力をネタバレ紹介!ヒロインたちがエロ可愛い!

『戦×恋(ヴァルラヴ)』の魅力をネタバレ紹介!ヒロインたちがエロ可愛い!
出典:『戦×恋(ヴァルラヴ)』1巻

設定がどうのこうのと御託を並べてしまいましたが、やはり本作最大の魅力はヒロインたちの可愛さ。もちろん設定によるストーリーの面白さもあるのですが、やはり彼女たちの可愛さゆえに成り立っている作品とも言えるのです。

体の柔らかさ、ムチムチ感が伝わってくる曲線に、彼女たちが敵と戦うためにまさに一肌脱ぐ時の表情などはたまりません。

さらに彼女たちは強くなるためという名目があるため、大胆な脱ぎっぷりが素晴らしい。いきなり1話目からヒロインの胸が露わになり、それを主人公が触るという作品はなかなかないのではないでしょうか。

9人のヒロインは、性格も体つきも多種多様。彼女たちのエロさとストーリー自体の展開がうまくミックスされ、読者を飽きさせない構成になっています。

彼女たちのエロ……もとい可愛さはぜひ作品でご覧ください。

戦乙女たちとのエロすぎる同居生活開始!【1巻ネタバレ注意】

幼少期から恐ろしい外見のせいで虐げられ、人間恐怖症のまま育ってしまった阿久津は、自分を勝手に恐れる人たちとのやりとりに疲れ、「1人で勉強だけしていたい」と望むようになっていました。

そんな彼が唯一心を休めていられたのは、親が残してくれた自宅。古い日本家屋で不便なこともありますが、阿久津にとっては非常に大切な空間だったのです。しかし今となっては、家も1人になれる場所ではありません。

なぜなら、9人の「戦乙女」との同棲生活がもう始まっていたからです。

著者
朝倉 亮介
出版日
2016-06-22

阿久津は謎の怪物に襲われていた少女を守った一件をきっかけに、戦乙女たちとの共同生活を迎えることとなりました。彼が助けたのは悪魔に襲われていた9人姉妹の七女、七樹(なつき)だったのです。

気づかないうちに、悪魔の手によって滅亡の危機を迎えていた人間世界を守るため、阿久津は戦乙女たちと「恋人契約」を交わし、彼女たちのレベルアップを手伝います。レベルアップの方法とはずばり「イチャイチャ」すること。「手を繋いで買い物に行く」、「一緒にお勉強する」などの、恋人同士がするようなミッションを完遂することで、戦乙女たちはどんどん強くなります。

1巻でもさっそく巨大な悪魔が阿久津と七樹を襲ってきました。「手を繋いで買い物に行く」の最中だった2人は悪魔の攻撃でミッションに失敗。七樹はレベルアップができないままで、強力な悪魔に対抗する手立てを失ってしまいます。

そんな彼女が決死の覚悟で挑んだ新たなるミッションは、なんと「胸を30秒間揉む」という過激なもの。ミッションの内容が濃厚なほど戦乙女のレベルは上がり、発揮される力も段違いに強くなるのです。

この大胆な設定こそ、本作の魅力であり見どころ。エロすぎるミッションをこなした後に、武装した美少女の戦闘シーンが訪れる流れにもギャップがあり、熱くなります。初の戦闘シーンで七樹がどんな姿を見せてくれるのか、エロくてカッコイイ戦乙女の注目です!

マンガUP!で無料で読んでみる

アイドルの六海とドキドキデート!【2巻ネタバレ注意】

1人きりの平穏な生活を恋しがり、戦乙女たちとの契約を後悔していた阿久津ですが、一種の神との契約である「恋人契約」は簡単に破棄することができず、泣く泣く9人姉妹との生活を続けていました。

そんな彼に課せられたミッションは「アイドルとデート」。姉妹の六女、六海(むつみ)は「MUTSUMI」名義で芸能活動をする、今注目の美少女アイドルです。アイドルにとってスキャンダルは致命的、よって誰にも見つからずに終日デートをし、無事に帰宅できたら成功、というもの。他では味わえないドキドキ感が、戦乙女のレベルアップに繋がるのです。

阿久津と六海のデートは順調に進んでいるかと思われましたが、ここで悪魔の邪魔が入ります。なんと、悪魔の力で「アイドルのMUTSUMIがいる」と周囲に言いふらされてしまうのです。なんとかミッションを完遂しようとする2人は咄嗟に路地裏に逃げ込みますが、前方からも後方からも追手が来るという絶体絶命な状況に陥ります。

そこで、2人がとった苦肉の策とは……?

著者
朝倉 亮介
出版日
2016-10-22

このエピソードでスポットが当たるのは六女の六海。素朴な純情派アイドルとして人気を爆発させており、仕事のため家にもあまり帰れない日々が続いていました。阿久津のことが大好きな六海にとってこの日のデートは大切な時間。誰にも邪魔されたくありません。

そこで2人が取った行動は、そばにあったロッカーに隠れるというもの。本来掃除用具を入れるためのそこは人が2人で入るには狭く、密着し合いながら息を潜めます。

見どころとなるのは六海によるエッチな妄想。マゾヒスト気質の彼女は阿久津に手荒なことをされたい願望があるようで、身動きの取れない密室で阿久津にもみくちゃにされる様子が六海の頭を埋め尽くします。ただ、きっと小心者の阿久津にそんなことはできません。

考えなければならないのは、この場所からどうやって、誰にも見つからずに家に帰るのかということ。戦乙女として「翼」の能力を持っている六海は、空を飛んで家に帰ろうと提案します。

ちなみに、戦乙女が戦闘モードに入るには、契約者との「キス」が必要です。口なら一瞬、頬なら5秒、首なら1分と、口元から遠ざかるほど変身に必要なキスの時間は長くなっていきます。狭いロッカーの中で、辛うじて六海の口がとどくのは阿久津の胸元。意を決した彼女は阿久津にシャツのボタンを外させます。

この先のエロエロな展開が気になる方はぜひ、作品を読んでみてほしいと思います。純情派アイドル六海の、エロ可愛い姿は必見です。

狙われた学園祭!さらに濃厚なミッションで七樹レベルアップ!【3巻ネタバレ注意】

阿久津たちが通う高校では学園祭が行われていました。たくさんの人が集まって、校内はお祭り騒ぎです。学園祭は戦乙女たちのレベルをいっせいに上げるチャンスでもあるため、姉妹も揃って参加します。

しかし、この好機を敵が逃すはずはありませんでした。学校の生徒に扮して戦乙女の抹消を狙う男、「邪神派」の犬飼(いぬかい)が契約者である阿久津を襲い、変身する手段を失った戦乙女たちに襲撃するのです。

著者
朝倉亮介
出版日
2017-05-22

次女の二葉(ふたば)の助けで何とか犬飼の手を逃れた阿久津は七樹を見つけ出し、前回よりもさらに強い悪魔を討つためにミッションに挑みます。それは「一糸まとわぬ姿で抱き合い濃厚なキスを5分する」というもの。今までのミッションとは比べものにならないほど過激な内容に阿久津も怯みますが、もたもたしているうちに、戦っている戦乙女たちがやられてしまうかもしれません。2人は覚悟を決め、服を脱ぎ始めるのでした。

2巻で注目してほしいのは、今まで姿を見せていなかった戦乙女たちの隊長であり、長女の一千花(いちか)の実力。阿久津のことを契約者だと認めていない彼女は同棲していません。つまりレベルは1のままです。それでも巧みな槍さばきで敵を寄せ付けない姿は、あまりのかっこよさに惚れ惚れしてしまいます。

果たして、阿久津と七樹はミッションを成功させ、今にも全滅してしまいそうな戦乙女たちの窮地に駆けつけることはできるのでしょうか?スリル満点の展開が続きます。

マンガUP!で無料で読んでみる

戦乙女たちと「お医者さんごっこ」【4巻ネタバレ注意】

一千花の手助けと七樹の活躍もあり、なんとか文化祭での一件を乗り切った阿久津と戦乙女たち。激闘を切り抜けた姉妹たちはすっかり体力を減らしてしまい、こたつの部屋でだらだらする日々を送っていました。

文化祭の時のように、いつ何時悪魔が襲って来るかわからない状況の中では、少しでも多くのミッションを成功させて戦乙女たちのレベルを上げておく必要があります。そんな時、まるで見計らったかのように発明家の九女、九瑠璃(くるり)が「全自動お医者さんスーツ」を完成させたのでした。

こうして、阿久津と戦乙女たちによるミッション「お医者さんごっこ」が始まります。

著者
朝倉亮介
出版日
2017-09-22

お医者さんごっこの医者役は阿久津で、患者役が戦乙女たちです。「お医者さんごっこ」と聞くだけでどんなエロ展開がくり広げられるか、何となく想像できる方もいるかもしれませんが、ここにいる戦乙女の人数は8人(一千花は不在のため)。つまりは8通りのお医者さんごっこを見られるというわけです。

戦闘シーンの多かった今までとは打って変わって平和的なエピソードですが、エロさは健在。むしろ、姉妹のプライベート的な様子と、それぞれの個性を確認するために最適なエピソードとも言えます。

阿久津は誰と、どんなお医者さんごっこをするのか、気になる全貌はぜひその目で確かめてみてください。

マンガUP!で無料で読んでみる

ドキドキしてしまうような見どころ満載の『戦×恋(ヴァルラヴ)』。エッチなシーンと爽快なバトルシーンのギャップがたまりません。ぜひこの機会に読んでみてください。