木原音瀬のおすすめBL小説ランキングベスト5!

更新:2017.12.6

個性的なキャラクターたちと、先の読めないストーリー展開で、読者を惹きつける作家、木原音瀬。その作品の数々は、胸が痛くなるような切ないBLの世界を描いています。ここでは、そんな木原音瀬のおすすめ作品を、ランキングにしてご紹介していきましょう。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

独特の世界観を持つ作家・木原音瀬

1995年、『眠る兎』で小説家デビューを飾った木原音瀬は、子供の頃から恋愛小説の執筆を行っていたのだそうです。デビューしてからは、主にBL作品を手掛けており、そのジャンルでは圧倒的な人気を誇っていると言えるでしょう。

人間の本質をつき、心の闇を抉り出すような物語も多く、高い文章力と優れた文学性で、多くの読者を虜にしています。胸がひりひりと痛むのに読むのをやめられない。そんな、木原音瀬独自の世界観を描き出しています。

5位・サスペンスな展開から目が離せない!

ある夏の日の夜。啓太は寝る場所を求め、街をさまよっていました。彼はアパートにある大型冷凍庫の中に、ある秘密を隠しており、それが恐ろしくて、部屋に1人ではいられなかったのです。

ゲイバーに立ち寄った啓太は、そこで杉浦充という男に声をかけられました。泊めてくれると話す充と、寝たいわけではありませんでしたが、どうしても家に帰りたくない啓太は、誘いを受けて充の家へとついていきます。それ以来、充の部屋に入り浸るようになった啓太でしたが、充もまたある秘密を抱えていて……。

著者
木原 音瀬
出版日
2013-12-13

本作は、本編の「秘密」の他、サイドストーリーとなる「秘密2」「秘密3」の3編で構成されています。まるでサスペンスかと思うほど、緊張感たっぷりのストーリー展開となっているため、BLに苦手意識のある方でも、すんなりと世界観に入っていけるのではないでしょうか。

後ろ暗い秘密を抱え、徐々に追い込まれていく啓太の心理描写が、リアルに綴られており、それだけでも大変読み応えのある物語です。充はあるハンディキャップを抱えているのですが、それゆえにとても純粋で、しばしば胸をキュンと締めつけられてしまいます。

サイドストーリーでは、涙を誘う展開が待っていますから、興味のある方はぜひ読んでみてください。

4位・奴隷となった青年の日々を描く刺激的な一冊!

こちらは、木原音瀬作品の中でも、かなり過激な一冊。普通のBL作品では物足りない、という方におすすめの作品です。

主人公のファウジは、アラブの石油王の息子として、何不自由なく暮らしてきました。ところが、事業に失敗して倒産したことを機に、父親が失踪。母親がフランス人なこともあり、金髪で美しい容姿を持つファウジは、奴隷として、とある富豪に買われることになるのです。

ファウジを買った富豪ラージンは、ファウジの父親に強い恨みを抱いており、復讐のため、息子の彼を性の奴隷としてしまいます。ファウジは、狂宴が開かれるたびに恥辱の限りを尽くされ、次第に精神的にも不安定になっていくのですが……。

著者
木原 音瀬
出版日
2013-09-18

強烈な陵辱行為の数々を描いた場面も多く、苦手な方には向かない作品かもしれません。

しかし、文体は非常にあっさりとした印象。主人公のキャラクターが、とにかく世間知らずでわがままに描かれていますが、読み進めるうちに純粋な一面を見ることもできるでしょう。

物語では、ラージンの秘書である、ハッサンという男との関係も描かれていきます。お互いを気にしつつも、愛を知らずに育った2人の関係は、もちろん一筋縄ではいきません。いったいこの先どうなってしまうのかと、どんどん読み進めていきたくなってしまいます。

刺激的な性描写だけでなく、ファウジが奴隷になるまでの背景もしっかりと描かれているため、様々なことを考えさせられてしまう作品となっています。

3位・不条理な世界を描ききった読み応えたっぷりのBL小説

主人公の堂野崇文は、ある日痴漢の容疑で逮捕されてしまいます。冤罪を訴え続けるも、裁判で認められることはなく、そのまま実刑判決を受けることとなりました。

真面目に生きてきた堂野にとって、殺人や詐欺を犯した犯罪者たちとの、雑居房での暮らしは苦難の連続。人間不信に陥り、絶望感を募らせる辛い状況の中、堂野は同じ部屋にいる、喜多川圭の優しさに救われることになるのです。

喜多川から寄せられる好意に戸惑う堂野でしたが、そのまっすぐな想いを邪険にすることはできず、かといって受け入れることもできないまま、堂野の出所の日は近づいていきます。

著者
木原 音瀬
出版日
2012-09-14

本書は、刑務所の中が舞台となっており、閉鎖感や独特の暗さが、優れた文章力で表現されています。

驚くほどのリアリティーに圧倒され、登場人物ひとりひとりのキャラクターも、非常に印象深く心に残ることでしょう。喜多川の、子供のように純真無垢な心には、読者も主人公と同じように、時に戸惑い、時に癒しを感じるのではないでしょうか。

世の中の不条理や人間の狡さなど、綺麗ごとだけではない部分に真摯に向き合って描かれているため、ストレートに心に響く言葉に出会うことができます。木原音瀬作品の中でも、大変高い評価を受けている物語ですから、ぜひその独特な世界観を堪能してみてはいかがでしょう。

2位・切なすぎる状況に涙が止まらなくなる物語

『リバースエンド』は、木原音瀬原作でコミカライズされた『キャッスル・マンゴー』に登場する十亀の高校生時代の様子を描いた物語です。

17歳の十亀は4人家族。母親を早くに亡くし、父、姉、弟がいます。父親は借金を作り、アル中で入退院を繰り返し、借金の返済に追われ、食べるものにも困るほどの貧しい生活でしたが、十亀はアルバイトをしながら、姉弟たちと一緒になんとか耐える毎日でした。

そんななか十亀は、あることをきっかけに、高校の同級生二宮と言葉を交わすようになります。二宮の見せる屈託のない明るさや優しさに、十亀は徐々に心を許していき、やがてそれは恋心へと変化していきました。しかし家族の生活は、厳しい現実に容赦なく追い詰められていき……。

著者
木原 音瀬
出版日
2012-09-26

十亀や姉弟の過酷な境遇には、胸を痛めずにはいられません。ですがそんななかでも、お互いを思いやる気持ちを忘れない家族の姿に、温かさを感じる場面もあるでしょう。先入観や偏見を持たず十亀に接することができる、二宮の魅力的なキャラクターには非常に好感が持てます。

涙なしでは読めない十亀の過去を知ることができ、『キャッスル・マンゴー』を知っている方にはたまらない作品ではないでしょうか。もちろん1つの物語としても、読み応えは十分。表題作の他、『キャッスル・マンゴー』のその後を描いた「god bless you」も収録されていますから、ぜひあわせて読んでみてくださいね。

1位・重厚な人間ドラマに心揺さぶられる木原音瀬の傑作!

こちらは『箱の中』の続編にあたる物語。舞台は刑務所の中から一変し、堂野と喜多川の出所後の姿が描かれています。

堂野が出所し、喜多川と別れてから、6年の月日が流れました。その間堂野は結婚し、可愛い娘も生まれています。

ある日曜日の午後、堂野は自宅近くの公園で、喜多川と再会しました。「ずっと探していた」と話す喜多川は、6年前となんら変わらない様子で、堂野に想いを伝えてくるのです。

家庭があり、喜多川の想いに応えることができない堂野は、友人として付き合っていきたいと告げ、それ以来、喜多川は堂野の自宅に遊びにくるようになりました。娘の穂花とも仲良くなっていく喜多川の純粋さに、堂野の気持ちは揺れ動いていくのですが……。

著者
木原 音瀬
出版日
2006-05-25

ただただ側にいたいと願う喜多川のまっすぐな気持ちには、たびたび涙腺を刺激されてしまいます。不幸な生い立ちもあり、『箱の中』では精神的な幼さを見せていた喜多川でしたが、ストーリーが進むにつれて成長していく姿を見ることができ、心底安堵せずにはいられません。

それぞれの想いが絡み合いながら、重厚な人間ドラマが展開されていくため、目が離せなくなってしまうでしょう。悲しさ、切なさ、愛おしさなど、様々な感情に心を大きく揺さぶられる傑作となっています。BL小説に興味のない方にも、十分おすすめできる作品ですから、気になった方はぜひ一度読んでみてください。

木原音瀬のおすすめBL小説を、ランキングにしてご紹介しました。どの物語も、キャラクター設定やストーリー構成が素晴らしい作品ばかりです。まだ読んだことのない方は、木原ワールドへ足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。