5分でわかる大鏡!概要と内容をわかりやすく解説!おすすめの現代語訳も紹介

更新:2021.11.30

歴史の面白さは史実だけではありません。時代を遡れば遡るほど情報は限られるので、そのなかから当時の様子を想像し、物語がつくられていきます。今回は平安時代に書かれた歴史物語である「大鏡」の概要、内容、主な登場人物についてわかりやすく解説していきます。あわせて現代語訳などおすすめの関連本もご紹介するので、チェックしてみてください。

chapters リンク

大鏡の概要は?作者、ジャンル、時代など

 

平安時代後期に成立した大鏡。いわゆる「四鏡(しきょう)」のひとつで、ほかに『今鏡』、『水鏡』、『増鏡』の3つがあり、日本に残る歴史物語として語り継がれています。

紀伝体という手法で書かれ、同時代に執筆された『枕草子』など妖艶さのある女流文学とは異なり、男っぽい権力争いの世界観が特徴。作者は不明で、さまざまな説が研究されていますが、貴族の男性であることは間違いないと考えられています。

物語は、とある雲林院という寺の菩提講で、2人の老人が語り合っている設定。なんと2人の年齢は180歳と190歳で、この入りだけでも読者の心をつかむでしょう。

彼らが話しているのは、主に藤原道長の功績です。道長がいかにして栄華を築いたのか、先祖代々の帝を順番に語りながら、平安の世を分析していきます。

政治の複雑な駆け引きや、何かを得る者と失う者、血縁の因果などを絡めながら物語は進んでいきます。面白くするために創作された部分があるだろうと専門家が指摘しているものの、それも含めて歴史物語の大傑作だといえるでしょう。

 

大鏡の内容と主な登場人物を紹介!語り手は大宅世継と夏山繁樹

 

本作が多くのファンを獲得した理由は、なんといっても語り手が魅力的だからでしょう。

190歳の大宅世継(おおやけのよつぎ)は、寺で自分の人生とこの世を振り返り、見聞きしたことを語り合いたいと言い出します。この時彼の話を聞いていたのが、180歳の夏山繁樹(なつやまのしげき)という人物です。

同年代の者が集まると昔話に花が咲く、というのは今も昔も変わらないのでしょう。彼らはしだいに周りの人々も巻き込みながら、会話を続けていきます。話題の中心は、藤原道長について。野心の強かった彼の生きざまからは成功者の哲学を感じられ、特に「南院の競射」というエピソードは興味深いです。

これは、道長と、彼よりも権力が強くて出世に有利な立場にいた甥の藤原伊周の、弓勝負の話です。弓の腕前は道長のほうが上でしたが、決着がついた後も悔しさを拭えない伊周は、延長戦を申し込みました。周囲の貴族からは、道長に対し、負けるようにと無言のプレッシャーがかかります。

ところが道長は、「私の子孫が天皇や后になるならこの矢よ当たれ」「私が関白になるならこの矢よ当たれ」と言いながら弓を放ち、命中させてしまうのです。動揺した伊周は、結局完敗。道長の貪欲な野望は何者にも邪魔できないことが示されました。

 

藤原道長はどんな人?

 

大鏡を読むと、藤原道長の実に多面的な人物像を見ることができるでしょう。

出世への強い願望があり、自分に自信があったことも感じられる一方で、決して無鉄砲なわけではなく、したたかに物事の成功にむけて行動することができる人物であったことがわかります。

また、周囲を巻き込み、ここぞというときに重要な人物を味方につける才能に長けていました。道長の姉である藤原詮子(ふじわらのせんし)は、彼が一大権力を手にするために欠かせない人物。一条天皇に対し、涙を使って弟を後継者にするよう働きかけたのです。

それまで後継者として有力視されていたのは伊周でしたが、この一件をきっかけに、道長の帝への道が開かれることとなりました。

道長は後に、自らの出世によってあらゆるものを失った者に対し、「かわいそうだが、滑稽である」という言葉を残しています。情はあるものの、冷静で冷酷な性格をしていることが見てとれるでしょう。

語り手の大宅世継は、基本的には道長に尊敬の念を抱きながら物語を展開していますが、話を聞いていた若い侍が途中で割りこみ、別の見方を語る場面も。道長の功績を中心として、貴族たちの思惑をさまざまな視点から分析することができる点も、本作の魅力のひとつだといえます。

原文と現代語訳が並んでわかりやすい!古文初心者におすすめの大鏡

著者
出版日
2007-12-01

 

古典文学に対して抵抗のある方は、まず入り口のハードルを低く設定することが大切。小難しい言い回しや独特の文法が理解できないと、物語の面白さを知る前いページを閉じてしまうことになりかねないからです。

本書は、大鏡の入門書として秀逸。原文と現代語訳が並んで記されているだけでなく、当時の状況をより深く知るためのコラムも掲載されています。作品に対するさまざまな見解もわかりやすく載っているので、「もっと知りたい」という意欲も沸いてくるでしょう。

平安時代の宮廷世界に足を踏み入れる、はじめの一歩としておすすめしたい一冊です。

 

現代語訳で読む大鏡

著者
保坂 弘司
出版日
1981-01-07

古典を読んでもなかなか物語に入りこめない理由のひとつに、意味のわからない単語が多く、いちいち辞書をひかなければならないことや、飛ばし読みをしてしまうことが挙げられるのではないでしょうか。知識がなければ、日本語のはずなのにさながら多言語のように感じることもあるでしょう。

そんな時は、やはり現代語訳で物語の概要を一気に知るのがおすすめです。本書に載っているのは、潔く現代語訳のみ。「勉強」というイメージを拭い、純粋な物語として大鏡を楽しむことができます。

大鏡などの古典で日本語の美しさを知る

著者
山口 仲美
出版日
2011-01-21

古典の魅力に気づきはじめると、なによりもその言葉のセンスや、日本語の美しさに感嘆するはずです。なぜ当時の人たちはこんなにも美麗な文章を綴ることができたのでしょうか。

本書は、奈良時代の『古事記』から江戸末期の『春色梅児誉美』まで、歴代の名作を30作ピックアップして解説しています。表現、比喩、物事の切り口などを分析し、古典文学の粋な日本語の魅力に気づかせてくれるのです。

作家や落語家など、言葉を生業をする者は、先輩たちから「古典を学べ」と言われると聞きます。現代文学のみに親しんでいる人には抵抗があるかもしれませんが、本書を読むとその意味がよくわかるでしょう。

言葉を紡ぐとはどういうことなのか、日本語の魅力を堪能してください。

何かを学ぶ時は、楽しいほうがいいですよね。大鏡はその物語の魅力に入り込んでいくことで、自然と日本史を理解し、興味を深めることができる作品です。ぜひ古典の世界へ足を踏み入れてみてください。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る