『僕と君の大切な話』を全巻ネタバレ紹介!笑えて胸キュン!

更新:2018.11.15

屁理屈ばかりのメガネ男子・東と、美人だけどちょっと変わってる女子・相沢。告白をして仲良くなったはずなのに、毎回ちょっとしたすれ違いを起こす2人の姿を描いた作品。彼らの思い違いと、今一歩踏み込めない微妙な距離感が魅力的な本作の見所を全巻分ご紹介していきます。ネタバレ注意です。

ブックカルテ リンク

『僕と君の大切な話』が面白い!全巻ネタバレ紹介!【あらすじ】

 

美人で、学校では近寄りがたく思われている、相沢のぞみ。彼女は、とあることをきっかけに好きになった男子・東司朗をストーキングし、自分の想いを伝えました。

ところが、相手は屁理屈男子。告白を本気と受けとってもらえず、なあなあのまま別れてしまいます。

しかし、このことがきっかけで、2人はどんどん話す機会が増えていき……。

 

著者
ろびこ
出版日
2016-03-11

 

恋は進展しないものの、学校の外でも中でも一緒にいる時間が増え、周りから噂されるほどの関係になった彼ら。しかし、屁理屈男子と想いを伝えきれない女子は、周りが期待するような関係には、なかなかたどり着けません。

会話を中心に展開していく、ちょっともどかしいラブコメディです。

 

作品の魅力とは?

作品の魅力とは?
出典:『僕と君の大切な話』1巻

本作の魅力は、やはり相沢と東の掛け合いではないでしょうか。

東は独自の女性理論を武器に「女は……」と決めつけのような論調で言い、相沢もそれに対抗するように意見をぶつけます。東の男の本音がこれでもかと吐き出された持論、相沢的を射た指摘など、2人とも自分自身を繕わず、ありのままの姿でぶつかっていきます。交際経験がない彼らが言うからこそ嫌味っぽさがなく、それでいて読んでいて「そうかも」と共感できるのがいいところ。

また、平行線をたどっているようで、意外と進み始めている2人のもどかしい恋も魅力的です。告白で始まっていながら、普段はこれもかというほど恋愛感がない本作。ですが、2人の会話で相沢は終始、東のことを意識していますし、彼もなんだかんだ彼女を特別視している様子が伝わってきて、こちらまでモジモジしてしまうような甘酸っぱい雰囲気が伝わってくるのです。

そんな2人の様子は、まさに少女漫画!という感じでキュンとしてしまいます。周りの助けもあり、ゆっくりとですが前進する恋模様には、もどかしさ、応援したいピュアさがあります。

『僕と君の大切な話』1巻の見所をネタバレ紹介!

 

学校から駅までずっと後ろをついていき、同じベンチに腰をかけて、話しかける機会をうかがっていた相沢のぞみ。

告白をするために、想い人である東司朗のあとをつけたものの、いざ話そうとするとまったく関係ないことから口火を切ってしまい、さらにそこからなんの脈絡もなく想いを告げた彼女は、なぜか東から諭されることになり……。

 

著者
ろびこ
出版日
2016-03-11

 

正解の見えない議論開始、そしてそこに挟まれた突然の告白から始まった1巻。見所は、お互い議論がヒートアップしてきてムキになってしまうところではないでしょうか。2人はだいたいいつも何かを議論して対立するのですが、本巻では、それがより顕著に表れています。

東の友人・カフェインが、彼女に浮気されているかもと、東と相沢に相談してきました。その際、東は「手作りのクッキー」というものに対し異常に反応し、相談内容そっちのけで手作りのものをプレゼントする女性に関して批判的なことを言い放ったのです。

その日は運悪く、相沢が手作りのクッキーをプレゼントしようと心に決めていた日。彼女は、彼の考えを変えようと話すのですが、ついつい議論がヒートアップし、いがみあうようなかたちになってしまいました。なんともタイミングの悪い話。

しかも友人の制止のお陰でいい雰囲気で終わりそうになったところを、またもやぶち壊す東……。「手作り女」に対して散々な意見を言った彼に、相沢はどんな行動に出るのでしょうか。そして、それを受けた東がどういう反応をするのかも注目してみてください。
 

 

『僕と君の大切な話』2巻の見所をネタバレ紹介!

 

変わり者男子・東と、学校中で美人と噂の相沢が、一緒にいることが一瞬にして広まった日の翌日。

学校でも話す機会をつくろうと2人で昼食を食べることとなったのですが、そこには代わる代わる東の友人や、真相を知りたい人々がやってくるのでした。

 

著者
ろびこ
出版日
2017-03-13

学校での2人の様子をメインに描いた2巻の見所は、少女漫画定番の、恋のライバル登場!?展開ではないでしょうか。

少女漫画といえば、ヒーローのことが好きな女子、ヒロインのことが好きな男子が出てきて、主人公たちの絆を深めたり衝突させたりするのが、読んでいてドキドキするところですよね。

本巻では、東が相沢のことを無意識に特別に思っていることがわかる話が多いのですが、うまくいきそうになったところで学校の王子こと環が登場。彼はなにやら相沢に今までとは違った思いを抱いているようで、それを東が敏感に感じ取るのです。

相沢を前に「ポワポワ」した空気を出す環、それに違和感感じて凝視する東、何も気づいていない相沢という3人で座っているシーンは、噛み合っているようでいない、それぞれがまったく違うことを考えている様子がおかしさを醸し出します。
 

また2巻では、相沢が東を好きになったきっかけが明かされます。彼女がなぜ遠巻きにされる存在なのか、なぜ東を好きなのかがわかるので、これも見所のひとつですね。

『僕と君の大切な話』3巻の見所をネタバレ紹介!

周りに人が集まるようになったことにより、東は徐々に相沢を意識するように。彼女を見て素直に「かわいい」と思うようになった彼、一方で相沢は、東との妄想にひとり胸キュンするまでになっていました。

なかなか噛み合わないながらも、確実に距離を縮め始める2人は……。

著者
ろびこ
出版日
2017-11-13

 

学校の友人たちが登場したことで、2人の恋が進展を見せ始めた3巻。彼女と別れた東の友人・カフェインと、カフェインが気になって仕方ない相沢の友人・浜田など、友人たちの恋も気になるところ。

そんな3巻ですが、見所はなんといっても東が相沢の気持ちを知る場面ではないでしょうか。

相沢が大好きな浜田ですが、彼女が何が何でも東と付き合いたいということを知り、東に敵対心を抱くようになります。しかし浜田の怒りや敵対心が幸いし、東が相沢の気持ちを知ることになります。彼は相沢に告白されたものの、告白を冗談だと思っており、ほぼほぼなかったこととして処理していました。

しかし浜田に「フった」と言われたことで、初めて自分が告白を断っていたことを知ります。その時の彼の姿は、今までの屁理屈が許せてしまうほどかわいいので、ぜひ注目してみてください。

相沢は、東が告白を忘れているのでは、とずっと気にしているようでしたが、当たらずとも遠からずと言った状況。浜田のおかげで、恋愛対象として相沢を意識するようになった東ですが、気づいてからは今まで以上に照れる様子が見られます。

東がしどろもどろに照れ始める姿と、彼が自分を意識していると知らない相沢の姿は、もどかしさ以上の胸キュンを感じられますよ。

 

『僕と君の大切な話』4巻の見所をネタバレ紹介!

 

冬休みに入り、クリスマスに約束をして以降も、何かと理由をつけては会うことの多い東と相沢。

相沢がまだ自分のことを好きなのかどうかわからない東は、彼女を意識するものの「勘違いかも」という思考が止まらず、また相沢も、東が好きすぎることで、彼の様子が今までと違うことになかなか気づけないようでした。

 

著者
ろびこ
出版日
2018-07-13

 

本巻はまるまる冬休み編となっていて、私服姿の2人の様子や、学校以外で会う友人たちの様子が描かれています。そんななかで見所となるのは、完全に相沢を意識した行動をとる東ではないでしょうか。

友人に初詣に誘われた時は、最初は行かないと言ったのに、相沢も行くとわかった途端に意見を変え、友人たち6人と相沢・浜田で水族館に行きます。冬休み最終日にいたっては、理由をつけて一緒にいる時間を延ばすという、完全に「恋をしている」状態を披露してくれました。

東の屁理屈も大幅に減り、相沢をかなり意識していることがうかがえますね。彼はもともと気軽に人を何かに誘うところがあるのですが、冬休み最終日では、意識して誘っている場面が何度も登場。いつもとは明らかに誘い方が違うので、その変化を見ても楽しいです。

また相沢も、今までだったら口に出さずにいたような気持ちを言うなど、一気に恋模様が進み始めます。今までのすれ違いが嘘のような進歩で、読者としてはこのまま、うまいこと進んでほしいもの。

ただ、東の友人のひとりが彼を好きで、その素ぶりを見せ始めたので、もしかしたら何か波乱があるかもしれません。とは言え、東の進歩っぷりには目を見張るものがあり、ぜひ彼の頑張りには注目したいです。

 

お互いが独特の確立した世界観を持ち、それぞれの視点から1つの物事に意見を言い合う姿が楽しい『僕と君の大切な話』。突然冷静に討論を始める2人の姿はもちろん、その合間に急に挟んでくる甘酸っぱい空気が魅力的で、ギャグ的な楽しさと少女漫画的胸キュンが見事にマッチした作品となっています。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る